承教寺(高輪散歩6)
 今日は、高輪の承教寺(じょうきょうじ)をご案内します。

 承教寺は、昨日ご案内した高輪消防署二本榎出張所の前の二本榎通りを北に3分ほど歩いて場所にあります。

 承教寺は、、鎌倉時代 の正安元年(1299)芝西久保に創建され、承応2年(1653)現在地に移転しました。
 日蓮宗のお寺で江戸時代には池上本門寺の末頭として触頭を勤めていました。

 この承教寺では、江戸時代中期の絵師英一蝶が描いた釈迦如来像を拝見させていただきました。
c0187004_20591627.jpg 当初は、「釈迦如来像」というので木像かと思いましたが、下見の際に、副住職様に「絵です」と聞かされてびっくりしました。
 英一蝶の絵は、本堂の一画の応接室に副住職様が事前に掲げておいてくださいました。
 丁寧に副住職様に説明いただきました。

c0187004_2103472.jpg 港区教育員会のコメントによれば、
 この図は英一蝶の作品のなかで、数少ない仏画であり、いわゆる「清涼寺式釈迦像」の図像に準拠して描かれたものだそうです。
 款記から、この画の制作は江戸に帰った宝永6年(1709)以降となり、最晩年に属する時期の作品と考えられています。
 一蝶作の仏画としては、三宅島に配流されていた時代に、注文に応じて描いた作品が現在も数点残されいますが、いずれも一蝶流の軽妙な筆致で描かれたものであり、必ずしも本格的な仏画とは言い難いもので、この仏画は大変貴重なものだそうです。


c0187004_211985.jpg 英一蝶は、承応元年(1652)大坂に生まれました。
 15歳(一説には8歳)の時、伊勢亀山藩の藩医となった父多賀白庵に従って江戸に移りました。
 絵は狩野安信に師事し、また書、俳諧、音曲にも秀で、当時のいわゆる通人でした。

c0187004_2122817.jpg 英一蝶は、暁雲の号で俳諧に親しみ、俳人・宝井其角、松尾芭蕉と交友を持っていました
 また、吉原遊廓通いを好み、客として楽しむ一方で、自ら幇間(いわゆるたいこもち)としても活動していました。
 大変すばらしい芸だと伝わっているようです。そのため、豪商の紀伊國屋文左衛門や奈良屋茂左衛門との交流もあったようです。
c0187004_2145082.jpg しかし、元禄11年(1698)に三宅島に遠島となってしまいます。
 一般的には、英一蝶が「朝妻舟」の絵をかいて将軍綱吉を風刺したとされています。
 朝妻舟は、元々は琵琶湖畔の朝妻(米原市朝妻筑摩)と大津と間での航行された渡船です。

c0187004_215881.jpg 後に琵琶湖に 船を浮かべて客を取った遊女のことをさすようになりました。
 そこに描かれた遊女が、吉の愛妾お伝の方を描いたとされ、綱吉を風刺したものといわれています。
 しかし、遠島となった理由については綱吉を風刺したからという説のほか次のような諸説があります。
 1、綱吉の実母桂昌院の一族の本庄家などの大名に遊蕩を勧めたため
 2、「馬が物言う、牛が物言う」という歌を広めたため
 3、「生類憐みの令」に違反して魚釣りをしたため など

 英一蝶は、三宅島に12年間いたのち、綱吉死去により家宣が将軍となったことによる宝永6年(1709)の大赦により江戸に戻りました。
c0187004_2110985.jpg 赦免の報を聞いた時、蝶が花に戯れる様を見て「一蝶」と号したといいます。

 承教寺には、英一蝶のお墓もあります。
 このお墓は、明治6年に再建されたもののようです。
 英一蝶の御子孫は、現在でも、「英」姓を名乗っているようです。

 承教寺には、古い建物が現存しています。
 現在の本堂は天明元年(1781)建立されたものです。
 延享2年(1745)に大火で類焼しましたが、山門・仁王門・鐘楼は焼失を免れ現存しています。

 左上から順に、山門、仁王門、鐘楼、本堂です。


 承教寺の山門前には、二本榎の碑と「件(くだん)」があります。
二本榎の碑
c0187004_21124892.jpg ここ二本榎の碑があります。
 このあたりは、二本榎と呼ばれた地域ですが、その由来が書かれています。
 そのによると、江戸時代に東海道を日本橋からきて品川宿の手前、右側の小高い丘陵地帯を「高縄手」と呼んでいましたが、そこにあった上行寺門前に大木の榎が二本あって、旅人のよき目標になっていたそうです。
誰いうとなくこの榎を「二本榎」と呼ぶようになりました。
それがそのまま「二本榎(にほえのき)」という地名となって続き、榎が枯れた後でも地名だけは残りました。

件(くだん)
c0187004_21125998.jpg 承教寺山門前にに狛犬に似て、狛犬ともちがう石造の動物の置物があります。
 これは、「件(くだん)」と言います。
 「件」の文字通り、半人半牛の姿をした怪物です。
 幕末頃の伝承では、牛から生まれ、人間の言葉を話すとされています
 生まれて数日で死ぬが、その間に作物の豊凶や流行病、旱魃、戦争など重大なことに関して様々な予言をし、それは間違いなく起こる、とされています。
 この置物は、承教寺の檀家の方が寄進したものだそうです。
[PR]
by wheatbaku | 2013-02-09 07:47 | 大江戸散歩

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
『西郷どん』、恋愛ごっこ..
from Coffee, Cigare..
各合戦の動員人数について..
from Coffee, Cigare..
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史