人気ブログランキング |
広岳院(高輪散歩7)
 今日は、広岳院(こうがくいん)についてご案内します。
 承教寺から二本榎通りを北側に5分ほどあるくと右手に東海大学が見えてきます。その向かい側が広岳院です。
広岳院(高輪散歩7)_c0187004_22301490.jpg 広岳院は曹洞宗の寺院です。山号は医王山といいます。
 寺号は信濃国飯山藩佐久間家初代藩主佐久間安政の嫡男勝宗の法名広岳院殿より名付けられました
 勝宗は享年28で父に先立ってなくなりました。そこで勝宗の菩提をともらうために安正政が創建しました。
 佐久間安政は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将で、佐久間氏の一族で、母は柴田勝家の妹であるので、柴田勝家は叔父にあたります。
 佐久間盛政の弟で、上野東照宮のお化け燈籠を寄進した佐久間勝之の兄にあたります。

 広岳院は赤穂浪士とも関係のあるお寺です。
 赤穂浪士一行が、泉岳寺に引き上げてきたときに、泉岳寺では丁重に迎え、粥とお酒がふるまわれたと言います。通常は、お寺は禁酒ですが、特別の日だからということで酒がだされたようです。
 これらの対応の指揮をとったのが、泉岳寺住職の長恩和尚、副司(ふうす)の承天則地和尚でした。副司というのは、禅宗のお寺で、食物やお金の調達を担当する職だそうです。
 その副司の承天則地和尚がいたお寺が広岳院です。広岳院の6世住職でした。
 承天則地和尚はのちに、泉岳寺の住職となり、さらに曹洞宗の総本山である永平寺の住職(禅師)にまでなっています。

広岳院(高輪散歩7)_c0187004_22303436.jpg 広岳院は、幕末には外国公使の宿舎ともなっています。
 幕末の慶応元年(1865) 4月3日に、 幕府は、プロイセン領事 のフォン・ブラント に、広岳寺を、、江戸滞在中の宿舎とするよう通告しました。
 プロイセンの宿舎は翌年には麻布 の春桃院 に変更されたため、広岳院での利用は短期間でした。
 プロイセンの宿舎の候補として、この付近の建物が大きく境内が広い寺院が四つあげられました。
高輪の朗惺寺 や承教寺、三田小山の永隆寺などを候補とし、その中から境内の広さや建物の規模な どを考慮して選んだといいます。
広岳院(高輪散歩7)_c0187004_17475770.jpg

 現存する広岳院の本堂は、弘化年間の火事の後に再建されたもので、幕末の外国公館として使われていた建物の現存例としては唯一のものです。
 この本堂を再建したのは、肥前佐賀藩鍋島家の一族で、北町奉行も務めた鍋島直孝です。
 鍋島直孝は、幕末の佐賀藩の名君鍋島閑叟(かんそう)の実兄ですが、旗本鍋島家に養子に入りました。
 鍋島直孝はあさがの研究をした殿様としても有名です。
 以前書いた 「変化朝顔 (朝顔③  江戸の花)」 をご覧ください。

鍋島直孝のお墓が広岳院にあり、ご住職のご配慮によってお参りさせていただきました。

 旗本鍋島家のほか、この広岳院には、肥前鹿島藩鍋島家、高家畠山家の墓もありますが、開基の佐久間家の墓はなくなっていると御住職がおっしゃっていました。
 
 ご住職さんありがとうございました。

 赤印が広岳院です。

タグ:
by wheatbaku | 2013-02-13 07:16 | 大江戸散歩

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事