久留米藩上屋敷跡(三田散歩3)
 三田には、薩摩藩上屋敷以上に広大な面積をもつ大名屋敷がありました。
 それが久留米藩有馬家の上屋敷です。
 薩摩藩上屋敷は2万2千坪ですが、久留米藩上屋敷は2万5千坪もありました。
 久留米藩上屋敷があった場所は、現在も江戸時代の地形を当時のまま残しています。
c0187004_1656579.jpg 下の地図をご覧ください。
 三田国際ビル、三田高校、赤羽小学校、簡保事務センター、済生会中央病院、国際福祉大学三田病院が建っている場所が、江戸時代には久留米藩有馬家の上屋敷でした。
  右写真は、三田国際ビルです。

 久留米藩上屋敷の名物は、水天宮と火の見櫓でした。
 日本橋蠣殻町にある水天宮はご存じだと思いますが、水天宮は江戸時代は三田にありました。
 水天宮の総本宮は、久留米にあります。
 その水天宮を、文政元年(1818)9月に、9代藩主有馬頼徳が久留米藩上屋敷に勧請したのが、江戸の水天宮の始まりです。
 江戸っ子たちの間で篤い信仰を集め、塀越しにお賽銭を投げ入れる人が後を絶たたなかったため、ついに毎月五の日に江戸っ子のためにお屋敷を開放しました。
 その後、明治維新を迎えて、水天宮は明治4年に青山の中屋敷に移り、さらに翌年、日本橋蛎殻町の下屋敷すなわち現在の場所に移転しました。

c0187004_8342254.jpg もうひとつの有馬家の名物は、幕府より増上寺の防火・消火にあたる大名火消を命ぜられて、三田台地に高さ三丈の火の見櫓を組んだことです。
 1丈は約3.03メートルですので、約9メートルの高さがありました。
 他家のものは2丈5尺以内であったため、有馬家の火の見櫓は日本一と称され江戸中から見えたといわれます。
 歌川広重も、名所江戸百景「増上寺塔赤羽根橋」の中で、その火の見櫓を描いています。
 右手に大きく描かれているのは増上寺の五重塔ですが、左手に小さく黒で描かれているのが火の見櫓です。
 「湯も水も火の見も有馬の名が高し」とうたわれ、有馬家に関係する有馬温泉、水天宮、火の見櫓が有名であると江戸っ子は詠んでいます。
 「湯」は有馬温泉を指しますが、有馬家は、もともとは摂津国有馬郡の出身であり、有馬温泉が有名です。「水」は水天宮を指し、「火」は火の見櫓を指しています。

 この有馬家には、「有馬猫騒動」という話があります。
 久留米藩主、第8代藩主有馬頼貴の時代に、酒宴の席に子猫を犬が追ってきました。
 この時、関屋という女中は子猫を助け、犬を退治して、殿様に気に入られ、お滝の方と名を改め、殿様の寵愛を受けました。
 しかし、同僚の女中から嫉妬されイジメを受け特に岩波という老女のイジメがすごく、お滝の方は自殺してしまいます。
c0187004_1659354.jpg お滝の方に仕えていた女中はこれに怒り、岩波に敵討ちを挑みますが、返り討ちになりそうになった時に、可愛がっていた猫が怪獣に化けて現れ、岩波を喰い殺してしまいます。
 その後この猫は、お滝の方や藩士の母親に化けて、様々な悪さをしました。
 そこで、藩士山村典膳と有馬家のお抱え力士小野川喜三郎が、上屋敷の火の見櫓にひ そんでいる怪猫を退治しました。
 後のたたりをおそれた久留米藩は、江戸の藩邸に怨念を慰めるための猫塚を建てました。
 その猫塚が、今も赤羽小学校の体育館の裏に残されています。
 この猫塚は、赤羽小学校の校内にあるため、自由に入れません。
 一言断った上で見に行きました。(右上写真)


c0187004_16594288.jpg東京都済生会中央病院

c0187004_16595550.jpg国際医療福祉大学三田病院

c0187004_1702027.jpg三田高校

c0187004_1702581.jpg赤羽小学校

c0187004_1704680.jpgかんぽ生命保険東京サービスセンター



[PR]
by wheatbaku | 2013-02-27 07:23 | 大江戸散歩

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
『西郷どん』、恋愛ごっこ..
from Coffee, Cigare..
各合戦の動員人数について..
from Coffee, Cigare..
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史