人気ブログランキング |
浅野長直(江戸検お題「本当の忠臣蔵」3)
 今日は、赤穂藩浅野家初代藩主であり、浅野内匠頭長矩の祖父である浅野長直について書いていきます。
浅野長直は浅野長重の長男として慶長15年に生まれました。
 母は三河吉田藩主松平家清の娘で家康の養女となって長重に嫁いでいるので、長直は家康の孫ということになります。
 幼名は又一郎といいました。
 寛永9年(1632)10月、父の跡を継いで笠間藩主となりました。
 寛永11年(1634)には幕府より駿府城城代に任じられ、同13年(1636)には江戸城西の丸の普請を手伝いました。
浅野長直(江戸検お題「本当の忠臣蔵」3)_c0187004_20303785.jpg 正保2年に、当時の赤穂藩主の池田輝興が発狂して正室の黒田長政の娘を殺害する事件が起こり、池田家は改易となりました。
 そして、浅野長直が転封を命じられ赤穂藩主となりました。
 以降は孫の長矩の代に改易されるまで浅野家が赤穂藩主となりました。

 浅野長直が赤穂に残したものが二つあります。
 まず、一つ目が赤穂城の築城です。
 慶安2年(1649)から赤穂城築城工事を開始し、寛文元年(1661)に完成しました。完成までまる12年かけています。
浅野長直(江戸検お題「本当の忠臣蔵」3)_c0187004_2031378.jpg 当時は、既に、一国一城制が敷かれていましたので、新たに城を築くということは非常に難しいことでした。
 それにも拘わらず、築城が認められたということは非常に珍しいことです。
 磯田道史氏(静岡文化芸術大学文化政策学部准教授)は著書「殿様の通信簿」の中で、岡山の池田光政を封じこめるために家光が築城を命じたのではないかと書いています。
 築城は、家老で軍学師範の近藤正純が設計しました。
 この築城には、山鹿素行が関わったとも言われていて、二之丸門虎口の縄張は、山鹿素行の手が加えられたと伝えられてます。
 なお、浅野長直は、山鹿素行の門人でもありますが、山鹿素行は承応元年(1652)より万治3年(1660)まで浅野長直に仕えました。
 また山鹿素行は、寛文5年(1665)に『聖教要録』を書いたことにより、翌年幕府によって赤穂に流され、延宝3年(1675)に許されるまで赤穂で暮らしていました。


 二つ目が、製塩事業の推進です。
 長直は半農半漁の寒村に製塩業を奨励しました。その結果、赤穂の塩は全国に有名になり、その製塩技法は仙台・能登・対馬・鹿児島へも伝えられたといいます。

  寛文11年(1671)に長男長友に家督を譲り、翌年7月24日に死去しました。享年63歳でした。
タグ:
by wheatbaku | 2013-03-08 08:18 | 忠臣蔵

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事