人気ブログランキング | 話題のタグを見る
吉良邸、本所に移転(江戸検お題「本当の忠臣蔵」37)
 今日も忠臣蔵のお話を続けたいと思います。  
 大石内蔵助が江戸に下向しての江戸での会議から時間が遡りますが、9月に吉良邸が呉服橋門内から本所に屋敷替えしていますので、今日は、その話をします。

 吉良上野介義央は屋敷の移転を2回経験しています。
 1回目が鍛冶橋門内から呉服橋門内への移転、2回目が呉服橋門内から本所への移転です。
吉良邸、本所に移転(江戸検お題「本当の忠臣蔵」37)_c0187004_919882.jpg 松之廊下の刃傷事件の際に、吉良上野介の屋敷は、呉服橋門内にありました。
 しかし、吉良上野介が生まれた屋敷は鍛冶橋門内にありました。
 その鍛冶橋門内にあった屋敷が元禄11年9月6日に発生した大火で焼失してしまったので、呉服橋門内に移転しました。

 この時の大火は、京橋南鍋町の商家から出火し、数寄屋橋門内から神田・上野・浅草・千住・両国へと燃え広がりました。
 この火事で、大名屋敷83、旗本屋敷225、寺院232、町家1万8700も焼け、死者3000人以上となったといわれています。

 元禄11年9月6日に起きたこの火事は、「勅額火事」と呼ばれています。
吉良邸、本所に移転(江戸検お題「本当の忠臣蔵」37)_c0187004_9201027.jpg  これは、先に完成した寛永寺の根本中堂に掲げるため、東山天皇の御宸筆による「瑠璃殿」と書かれた勅額が京都より到着した日に起きた火事のため、「勅額家事」と呼ばれるようになったのです。
 ところで、「勅額火事」の由来となった勅額が、現在も上野寛永寺に残されています。
 寛永寺の根本中堂に掲げられている額がそれです。(右写真)
 300年前の勅額がなにげなく掲げられているのに驚かされます。

 この「勅額火事」によって、鍛冶橋門内の屋敷が焼失したため、吉良上野介は呉服橋門内に新たに2931坪の土地を拝領しました。東隣が徳島富田藩蜂須賀家でした。
 吉良上野介は、ここに屋敷を建てましたが、その費用は、上杉家が負担したと言われています。
 
 
 その新屋敷完成後2年後に、吉良上野介は、松之廊下の刃傷事件に遭遇します。
 そして、3月26日、高家の御役御免を願い出て了承されました。
そして、9月3日に呉服橋門内の屋敷を返上して本所に屋敷替えとなりました。

 本所の屋敷は、元は旗本の松平登之助の屋敷で、約2550坪ありましたが、空屋敷となっていた屋敷を拝領したものでした。
 
 ところで、本所松坂町の吉良邸とよくいいますが、本所松坂町という町名が付けられたのは、赤穂浪士が討ち入ってしばらく経った後の宝永年間になってからと考えられています。
 従って、吉良上野介義央が生きている時代には、本所松坂町と言う町名はありませんでしたので、「吉良上野介の屋敷が本所松坂町に屋敷替えになった」とか「赤穂浪士が本所松坂町の吉良邸に討ち入った」という表現があったら、基礎的な点で間違えていることになります。(あまり目くじらを立てることではありませんが・・・)

 この屋敷替えについては、東隣の蜂須賀家が「赤穂の浪人たちが討ち入るかもしれないと危惧し、昼夜にわたって警備しているため、家中が困窮して迷惑だから、他に移転してほしい」と幕府に働きかけたためという話もありますが、真実かどうかは不明です。
 この話は、堀部安兵衛の「堀部武庸(ほりべ たけつね)筆記」に載っています。

 堀部安兵衛は、この屋敷替えの話に関連して、
 上野介の屋敷が本所あたりに替わるらしい。討ち入りを実行する時節がきたともっぱら取りざたされている。
 上野介の従弟婿にあたる松本藩主水野忠直は、御伽の座頭が上野介の屋敷替えは公儀が浅野家家来に「討ち候へ」といっているようなものだと言ったので、水野も「成程その通りだ」と答えたと親しい人に語ったらしい。
 という江戸の噂を8月19日付の書状に書いて内蔵助に知らせています。
 これも「堀部武庸筆記」に残されています。

 こうした噂の他にも江戸の噂を、堀部安兵衛は、大石内蔵助へ書き送っています。
 こうした噂は堀部安兵衛が意識して集めたものと思いますが、昨日、鶴ヶ島の小人さんがコメントに書かれたように、江戸っ子たちは、かなり、討ち入りを期待していたのも事実なのではないでしょうか。
 そのため、こうした噂話が自然と堀部安兵衛の耳にも届いてきたもとの思われます。
 だから、上方から下向してきた原惣右衛門や大高源五も江戸の雰囲気にのまれてしまったので、急進派に替わったという面はあると思います。
by wheatbaku | 2013-07-05 09:02 | 忠臣蔵

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事