人気ブログランキング |
仙石伯耆守邸でのお尋ね(江戸検お題「本当の忠臣蔵」77)
 今日は、仙石伯耆守の屋敷に到着した赤穂浪士一行の様子を書きたいと思います。

 その前に、「白明話録」には、興味深いことが書かれていましたので、書いておきます。
 吉良上野介の首を船で運んだという説があることについて「白明話録」では、「上野介殿首舟にて廻せしこと、無こと也」と書かれていました。
c0187004_10251679.jpg また、「墓に首手向礼拝のうちに、泉岳寺の和尚大衆をひき諷経(ふきん:声をそろえて経を読みあげること)に出しという事、あとかたもなき事なり、夫(それ)までは何やらしれぬなり、寺に申さずすらすらと墓へいたなり」
 赤穂浪士一行は、勝手に浅野内匠頭の墓前に向かったということです。
 「寺中ことの外騒動したることもなきなり、五六〇人の飯などは常にすることなり、殊に大石以下いづれも心安く度々逢たる人なり、(中略)泉岳寺の衆徒鉢巻で棒を持討手防ぎの用意に出たということも無きことなり。」
 泉岳寺では、赤穂浪士一行が突然引き揚げてきても混乱することもなく、上杉家の討手がきたといううわさでその対応の準備をしたということもないと言っています。
 この「白明話録」は、白明が72才の宝暦5年(1755)の話を記録したものなので、事件が起きた当時の根拠のない江戸の噂話を当事者が否定しているので興味深い話だと思います。
 このほか、「白明話録」には、赤穂浪士の埋葬の様子や赤穂浪士が切腹した後の泉岳寺が預かった遺品の処理などについても書かれていますので、それらについては、後日、また書きたいと思います。

 さて、泉岳寺から仙石伯耆守の屋敷に向かい、夜5ツ時(午後8時)に仙石伯耆守の屋敷について赤穂浪士一行ですが、「富森助右衛門筆記」によれば、
 仙石伯耆守の屋敷では、提燈を出し張り番を少々立てて待っていた。一行は刃先を包んで持ってきた鑓・長刀を門前に置き、大小・懐中物は仙石の、目付に渡し玄関に上がった。姓名・年齢と「直参の親類はないか」とのお尋ねに答えた。
 と書かれています。
 「富森助右衛門筆記」では、その後は、細川家に御預けなった17人についての話になっていますが、赤穂市発行「忠臣蔵第1巻」によれば次のようになっています。
 この原史料は「赤穂浪人敵討聞書」(大石神社所蔵)とのことです。

 仙石は大石内蔵助に向かって、この度本意を遂げたこと、ならびに討入りにあたって落ち付いた仕形に対して称美する旨をのべ、ついで討入りの次第をあらまし尋ねた。
それについては、主に吉田忠左衛門が答えた。
 (伯耆守のお尋ねはカッコ書き、それに対する吉田忠左衛門の答えをその後に書くと次のようです。)
 「松明は持参したか」
 火の道具は一切用意しなかった。月夜なので行燈などすっかり消されていた。
 「隣の屋敷はどうだったか」
 土屋主税の屋敷が非常に騒がしく提灯など用意し人数をだしているようにみえるので
、塀越しに、「夜中にけがなどされては迷惑なので構わないように」と言ったところ、返答はなかったが静かになった。
 「上野介の首はどうしたか」
  布に包みそれを槍で貫いて間十次郎が担い10ばかりが廻りを固め泉岳寺に持参した。


 こうしたお尋ねの後、四大名家御預けのことが申し渡されました。

 仙石伯耆守の屋敷があった跡(現在の虎の門)には、日本消防会館が建っています。
 右上の写真は、その入り口にある、赤穂浪士のモニュメントです、
by wheatbaku | 2013-09-21 09:18 | 忠臣蔵

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事