人気ブログランキング | 話題のタグを見る
お茶の歴史2 (お茶の話3  江戸の食文化42 )
 今日は、お茶の歴史に関する2回目です。

 前回、書いたように、長い間、お茶は上流階級で飲まれるもので、お茶の種類でいえば抹茶でした。
 しかし、現在の私たちが飲んでいるお茶は「煎茶」が主流です。
お茶の歴史2 (お茶の話3  江戸の食文化42 )_c0187004_10243774.jpg この煎茶を考案した人物が「永谷宗円」です。
 現在の宇治田原町湯屋谷の茶農家だった永谷宗円は、元文3年(1738)、煎茶製法を考案しました。
 宗円は抹茶(碾茶)の製法を基に、露天栽培のやわらかい新芽だけを用い、蒸してから焙炉上で始終手で揉みながら乾燥させるという新しい煎茶を編み出したのです。
 これを考案するのに15 年もの歳月をかけた言われています。
 後に、この製茶法は「青製煎茶」または発祥の地から「宇治製煎茶」 と呼ばれるようになり、永谷宗円は日本緑茶の創始者ともいわれるようになりました。

 永谷宗円直系のご子孫は、宇治市六地蔵で「永谷宗円茶店」を営業しています。
 また、お茶づけで有名な「永谷園」の創業者永谷嘉男も、永谷宗円につながっているそうです。

 永谷宗円が考案した「煎茶」の価値を認め、世に広めたのが、日本橋の「山本山」の4代目山本嘉兵衛でした。
お茶の歴史2 (お茶の話3  江戸の食文化42 )_c0187004_10245710.jpg 4代目山本嘉兵衛はこのお茶を「天下一」と名付けて販売し、たちまち江戸中で評判となりました。
 これにより山本家は大いに繁栄したため、永谷家に謝礼として明治時代まで毎年小判25両を贈り続けたといわれています。

 こうして、煎茶は、文化文政期に、広く社会に浸透し、生活に不可欠なものとなっていきました。

お茶の歴史2 (お茶の話3  江戸の食文化42 )_c0187004_10325341.jpg 「煎茶」の普及に貢献した「山本山」は、「玉露」も考案しました。
 「玉露」を考案したのは「山本山」の6代目山本嘉兵衛(徳翁)です。
 天保6年(1835)に6代目山本嘉兵衛が、宇治郷小倉の木下家において茶葉を露のように小さく丸く焙り乾燥させたところ、絶品に仕上がったといわれています。
 山本嘉兵衛は、これを「玉露」と名付けて売り出しました。
 これが「玉露」の始まりです。

 お茶は、幕末になると、海外に輸出されるようになります。
 お茶を最初に輸出したのは、長崎の女性商人大浦慶です。
 大浦慶は、安政3年(1856)に、お茶をアメリカに輸出しました。これが日本茶輸出の先駆けでした。
 それ以後、お茶は海外(主にアメリカ)に輸出され、戦前は、絹と並んで外貨獲得の重要な輸出品となりました。
by wheatbaku | 2014-04-24 10:10 | 江戸の食文化

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事