人気ブログランキング | 話題のタグを見る
滝野川ニンジン(江戸野菜② 江戸の食文化60)
 江戸野菜の二回目は「滝野川ニンジン」です。

 ニンジンは、セリ科の二年草で、原産地はアフガニスタン周辺だと言われています。
 ニンジンはアフガニスタンから東西に伝播しましたが、西方へは10世紀ごろ近東に伝わった後にヨーロッパに伝わりました。
 その後16世紀のオランダで、現在、私達がよく目にする甘味があり太くて短いオレンジ色のニンジンに品種改良され、ヨーロッパ各地に広がりました。
滝野川ニンジン(江戸野菜② 江戸の食文化60)_c0187004_1023212.jpg その一方で、東方へも伝播し、13世紀初頭には中国に伝わりました。
 中国ではダイコンのことを蘿蔔(らふく)といいますが、ニンジンはその形がダイコンに似ていたことから、「胡蘿蔔(こらふく)」と名付けられました。
 「胡(こ)」は中国で北方または西方の異民族を指す言葉で、「胡蘿蔔(こらふく)」というのは、胡から伝わっただいこんという意味です。

 日本に伝来したのは意外と遅く16世紀だとされています。
 記録としては、林羅山が慶長17年(1612)に書いた「多識篇(たしきへん)」に「せりニンジン」として登場するのが最初です。
 中国から渡来したニンジンは、日本で古くから栽培されていた薬用人参(オタネニンジン)の根の形に似ていて、葉は芹(せり)に似ていたので、芹人参(せりニンジン)とよばれました。
 薬用人参はウコギ科の植物であり、植物分類学上ニンジンとは異なる植物です。
 そのうち、ウコギ科の薬用ニンジンは朝鮮人参と呼ばれるようになり、セリ科の「胡蘿蔔」がニンジンと呼ばれるようになったのです。

 ニンジンは、享保年間(1716~1736)に8代将軍吉宗が栽培を奨励したといわれています。
 「滝野川ニンジン」は、現在の豊島郡滝野川村(現在の北区滝野川)付近で栽培されたため、滝野川ニンジンと呼ばれるようになりました。
 滝野川ニンジンは、根が長い品種で、長さは1メートルにも及びました。
 耕土の深い滝野川は、根の長い品種の栽培に適していました。また、冬場の貯蔵用として根の長いものが好まれました。
 そのため、滝野川地区では「滝野川ニンジン」が盛んに栽培されました。滝野川ニンジンは、淡紅色で、香りが強く、肉質がしまっていました。
 「滝野川ニンジン」は、昭和20年頃までは盛んに栽培され、長期にわたって関東地方の代表品種でしたが、最近はほとんど栽培されておらず、純系の種子は残されていないそうです。
 そのため、「滝野川ニンジン」そのものの写真は「江戸東京野菜」図鑑編にもありませんでした。
 右上写真は、飛鳥山公園にある北区飛鳥山博物館の中に展示されている「滝野川ニンジン」の模型です。
 練馬大根、滝野川ゴボウとともに展示されています。

 「滝野川ニンジン」は絶滅したと思われていましたが、「滝野川ニンジン」を選抜・育成した「万福寺鮮紅大長人参」という長さは1メートルほどにもなる長根種のニンジン現在でも栽培されています。
 神奈川県川崎市麻生区では1939年頃から滝野川ニンジンの栽培がはじまり、49年に滝野川ニンジンの系統分離による品種改良に着手、「万福寺鮮紅大長人参」が誕生した。
 現在、同区には、保存会が発足し、わずかな農家で栽培されているほか、福島県の農家でも栽培されています。

 ニンジンの品種は、ニンジンの伝播に応じて、大別すると東洋系と西洋系とに分類されます。
 江戸時代に日本で栽培されていたニンジンは、当然東洋系で、西洋系は江戸時代後期に長崎に伝えられたものですが、現在、栽培されているものは、大部分が西洋系となっています。
滝野川ニンジン(江戸野菜② 江戸の食文化60)_c0187004_108365.jpg 西洋系が主流の中で、唯一残っている東洋系のニンジンが、主に関西以西で栽培されている「金時ニンジン」(右写真)です。
 「金時ニンジン」は、色が鮮紅で、肉質は柔らかくて甘みがつよく、ニンジン臭さが少ない品種で、関西では、正月料理には欠かせない野菜となっています。
by wheatbaku | 2014-07-11 10:02 | 江戸の食文化

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事