妹背山(六義園④  江戸の庭園)
 今日の「六義園」は、「中の島」をご案内します。

 六義園の中央にあるのが、大泉水と「中の島」です。

 その「中の島」の中央にある小山が「妹背山(いもせやま)」と呼ばれています。
 古語では、女性のことを「妹(いも)」、男性のことを「背(せ)」と呼びました。
c0187004_9293311.jpg 妹背というと、夫婦や兄と妹または姉と弟を言いました。
 歌舞伎や人形浄瑠璃に「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」という演目をご存知の方もいらっしゃると思います。
 中の島の妹背山は男女(夫婦または兄妹)の間柄を表現しているそうです。
 六義園のモデルとなった紀州(和歌山県)の和歌の浦には、「妹背山(いもせやま)」のある妹背島が今もあり、「妹背山」といった場合に、和歌の浦の「妹背山」が大変有名です。
 「六義園」の「妹背山」は、二つに分けられていて、左の山が妹(いも)山、右側の少し大きいほうが背(せ)山とされています。
 やはり、女性の妹(いも)山より、男性の背(せ)山の方が少し大きく作られています。

 そして、「妹山」と「背山」の間に大きな石がたっています・
 その中央に立つ大きな石は玉笹石と呼ばれていて、六義園八十八境のうちの十六番目に位置づけられています。
 石材は紀州青石と呼ばれる石で、名前の通り、いくらか青味がかっています。
 この石が「玉笹石」と名付けられているのは次の和歌によるものです。

 いもせ山 中に生たる玉ざゝの 一夜のへだて さもぞ露けき 
                   (藤原信実 新撰和歌六帖)

 上の和歌で詠まれている通り、「玉笹石」を男女の仲を隔てる笹に見立てる見方もあります。
 しかし、それではあまりにも悲しいのでしょう。
 別の説明では、「玉笹石」は子宝を表し、子孫繁栄を願っているとも書いてあります。

c0187004_9295175.jpg 「六義園」の中の島が見える芝生地に「むくさのたち跡」と書かれた表示板がたてられています。
 以前、説明した通り、柳沢吉保は、「六義園」と書いて「むくさのその」と呼び、館は「むくさのたち」と呼んでいました。
 その「むくさのたち」があった場所です。
 もちろん、現在は建物はなく、芝生地となっています。

c0187004_9301059.jpg また、同じく、妹背山が見える芝生地に「心泉(こころのいずみ)跡」と書かれた説明板があります。
 その場所に、六義園が作られた当初、泉がつくられ、ここから流れ出る水が池の中心部に流れていたので、心の泉と名付けられました。「中心」の「心」を意味しています。
 「こころのいずみ」は、現在、なくなっています。
 しかし、説明板の南側にある御茶屋が御茶屋が現在は「心泉亭」と書いて「しんんせんてい」と呼ばれています。右写真の奥に写っている建物が「心泉亭」です。
 この御茶屋は、岩崎家の建てた物で、当初は「桃の茶屋」と呼ばれていましたが、戦災で焼失し、戦後東京都によって再建された物です。
 その御茶屋の名前に「こころのいずみ」が残されています。
[PR]
by wheatbaku | 2014-11-17 09:16 | 江戸の庭園

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
『西郷どん』、恋愛ごっこ..
from Coffee, Cigare..
各合戦の動員人数について..
from Coffee, Cigare..
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史