人気ブログランキング |
江戸城の松飾り(門松② 江戸の祭礼歳事)
今日は大晦日です。

 今年一年間ブログをご愛読いただきありがとうございました。
 


 今年一年は、大変うれしいことが多い一年でした。
 うれしいことの一つが「江戸」を通じて大勢の人とお目にかかることができたことです。
 春と秋の老舗めぐりと名園散歩、夏の江戸検講座、そして年末の江戸検交流会などを通じて、多くの方と知り合うことができました。
 初めてお会いした多くの人は、このブログを読んでいる方でした。
 そのため、ブログを読んでいる方と直接交流を図ることができました。
 そして、ブログの力を感じ、ブログを書いてきてよかったと感じた年でした。
 このブログをお読みいただいてる皆様そしてお会いできた皆様に改めて心より感謝申し上げます。
 本当にありがとうございました。

 今年最後の話題は「江戸城の門松」のお話です。

 先日、「江戸の歳事」の参考書として紹介した『江戸年中行事図聚 (中公文庫) 』、『江戸の庶民生活・行事事典』の本文で引用され、『東都歳時記』の解説でも引用されているのが、四代目歌川広重を称した菊池貴一郎が書いた『絵本江戸風俗往来 』です。
江戸検を受けられる方は、機会がありましたら、「絵本江戸風俗往来」の正月と12月の欄に書かれている門松の項を読んでみてください。

c0187004_22585115.jpg 江戸では、江戸城から大名屋敷や町家まで広く門松を立てました。

【江戸城での松飾り】 
 「絵本江戸風俗往来」には、江戸城で飾られる松飾りについても説明されています。 

 江戸城の城門をはじめ幕府関係の松飾りは、葉なしの竹に松をそえて立てました。
 そして、竹の先端を斜めに鋭く切り、切り口を表に向けて、根元にそえた松を縄で巻きつけたものです。
 こうした門松となったのは、徳川家康が武田信玄と三方ケ原で戦って敗北し浜松城で正月を迎えた時の故事によるものです。

 これについて『絵本江戸風俗往来』」に詳しく書かれています。

 『将軍家御城内外36の見附御門、正月松の御飾りはまことに御手軽きものなり。而して芝ならびに上野の両御廟、且つ聖堂を始め、御蔵その外、浜御殿等、ことごとく同様なる御松飾りなり。但し両御霊廟ニは、〆(しめ)に海老を用いず。竹は葉なしして竿に同じ。穂先を切り、松をそえる。松の根回りへ4本の杭を打ち並べて、大縄にて松の根をつなぎ固めたり。
 この恒例は天正・元亀の頃、神君浜松御在城のみぎり、甲斐の武田信玄と御合戦遊ばされ候節、敵方歳旦の発句に「松かれて 竹たぐひなき あした哉」と認め送り越し候処、御前になお、酒井左衛門尉詰め合わせ罷り在り、左様にてあるまじく間違いとて、「松かれで武田首なき旦かな」と称しまいらす。その時の戦、御運えたもうより御吉例と相成るよし。』

【濁点のつけ方で意味が変わる】 
 武田方から贈られてきた最初の句は
  「松枯れて 竹たぐひなき あした哉 」 です。
 「松」は松平を,「竹」は武田をさしています。従って、この句は、「松平が滅んで 武田が栄えるよき年の始めだなぁ」いう意味です。
 これに対して酒井忠次が返した句は、
  「松枯れで 武田首なき あした哉」 です。
 これは、「松平は滅びず 武田信玄の首がとぶ、なんともめでたい年の始めだなぁ」という意味です。
 ひらがなで書くと次のようになります。
  まつかれ たけ たぐひなき あしたかな
  まつかれ たけだ くびなき あしたかな
 徳川四天王の一人酒井忠次の知恵で、句の中のたった3文字を「て⇒で、た⇒だ、ぐ⇒く」というように濁点を付けたりとったりしただけで意味がすっかり変わりました。

c0187004_23113337.jpg【門松の竹は斜め切り】 
 現在、関東では、門松の竹の先端は斜めに切り落とされているのが普通です。
 しかし、もともとは 門松には、竹の頭の切り口が平らなものと斜めのものと二つの型があったようです。
 徳川家では、浜松城の故事により、門松の竹の頭は「斜め切り」としていました。
 これにより、徳川家康が江戸開幕後、関東ではこの型の門松が定着したとのことです。

 皆さま 良いお年をお迎えください。 






by wheatbaku | 2014-12-31 07:00 | 江戸の祭礼歳事

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事