「背中合わせ飾り」(門松④ 江戸の祭礼歳事)
 昨日は、元旦でしたが、昨年お世話になった知人友人から年賀状を多数いただきました。
 その中に、このブログを読んでいただいている方からもかなりの年賀状をいただきました。
 思いがけない方々から年賀状をいただき驚くやら感激するやらでした。
 年賀状をいただいた皆様、ありがとうございました。
 ブログ上でも御礼申し上げます。

  
c0187004_23233132.gif さて、昨日紹介した三田村鳶魚の「お大名の松飾り」には、三味線と鼓の飾りのほかに、特徴のある門松について説明してあります。
 それを紹介しておきます。

【将軍家拝領の松飾り】
  門松を将軍家から拝領する大名家が一家だけありました。
 それは浜町の安藤対馬守です。奥州磐城平、五万石の小大名ですが、ここだけが門松を拝領していました。
 その理由は、ある年の大晦日に安藤家の藩祖安藤対馬守重信が、家康と囲碁をしていました。
 何度対局しても家康が負けるためお暇がでません。安藤対馬守は、「松飾りをしないといけないので、早く帰らせていただきたい」と申しでました。
 それに対して家康が「松飾りは誰かに持たせるからもう一局」と言われました。
 そのため、重信は、仕方なくもう一局すると、家康やっと勝ったので屋敷に帰りました。
 屋敷に戻ってみるとと立派な飾り松が下されていたといいます。

 対馬藩宗家では、松のかわりに椿を使用しました。そのため松飾りでなく椿飾りといわれました。
 しかも、門内に玄関を向いて立てました。これは往来を背中にしているため、背中合わせの松飾りと呼ばれました。
 鳥越の平戸藩松浦家では椎の木の枝と竹を立てたため、「椎の木飾り」といったそうです。

【吉原の背中合わせの松飾り】
 安藤家の松飾りは、「背中合わせの松飾り」と呼ばれましたが、江戸には、その他に「背中合わせの松飾り」と呼ばれた松飾りがありました。
 三田村鳶魚は、お大名の松飾りの説明の中で吉原の門松も背中合わせに飾ると書いています。
 門松は、普通戸口から外に向けて置きますが、吉原では、松飾りを見世の方に向けていました。
 向こう側の店でも同じように立てるので、道の真ん中に背中合わせの形で立てられました。
 そのため、「背中合わせの松飾り」と呼ばれました。
 門松は、店先に相対するように2~3間離して立てたそうです。
  
 有名な清元の「北州(ほくしゅう)」に次のように歌われています。
  「霞のえもん坂 えもんつくろう初買(がい)の
   袂(たもと)ゆたかに大門の
   花の江戸町京町や
   背中合わせの松飾り」
 この「北州」は大田蜀山人が作詞したそうです。
このように門松が立てられてのは、お客さまが外に出ないようにというまじないだったようです。
 平戸藩主松浦静山が書いた「甲子夜話(かっしやわ)」の巻4に「新吉原の娼家にては、門松を内に正面に立てると云ふ。これは客の不出を云ふ表兆なりと。」と書かれています。

 この「背中合わせの松飾り」を詠んだ川柳が残されています。
  門松を吉原ばかり向こふに見
  松飾り後ろを向ける別世界





[PR]
by wheatbaku | 2015-01-02 07:30 | 江戸の祭礼歳事

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
『西郷どん』、恋愛ごっこ..
from Coffee, Cigare..
各合戦の動員人数について..
from Coffee, Cigare..
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史