人気ブログランキング |
金毘羅参り(江戸の祭礼歳事)
 今日は、金毘羅参りについて書きます。
 江戸時代、毎月10日は、金毘羅参りの日でした。
 現代でも、虎ノ門にある虎ノ門金刀比羅宮のホームページに、1月10日は初こんぴら祭が行われると書かれています。

 ところで、この虎ノ門の金刀比羅宮は、第5回の江戸検1級の問題ともなっています。

 現在も港区虎ノ門に残る金刀比羅神社は、江戸時代、金刀比羅大権現と呼ばれ、ある大名が、国元の金毘羅大権現の分霊を上屋敷に勧請したものです。庶民の熱心な信仰を受け、毎月10日に開放されていたといいます。この大名は次のどの家でしょう?

 い)伊勢国津藩藤堂家    ろ)讃岐国丸亀藩京極家
 は)阿波国徳島藩蜂須賀家  に)日向国高鍋藩秋月家

 この問題の正解はどれでしょうか?

 その答えは、「東都歳事記」にも書かれています。

c0187004_14233958.jpg  「東都歳事記」によれば、
 十日  金毘羅参 虎門外京極御藩邸 謁祠(さんけい)の貴賤陰晴をきらはず、未明より輻輳して霊験を仰ぐ、近郊よりまうづる人多し、植木其外諸商人市をなせり。(後略)

と書かれています。

 この虎門外京極藩邸というのが、前述問題の答えになります。

 問題の文章にある通り、虎ノ門金刀比羅宮は、江戸寺時代に琴平にある金刀比羅大権現を勧請したものです。 右上写真は現在の虎ノ門金刀比羅宮です。
 その理由は
 「刑部大輔高和の代、万治元戊戌の年、播州揖西郡竜野を転じ、讃州那珂郡丸亀へ国替しては、国に名だたる霊神なれば信仰せしに、若狭守高或(たかもち)の代かとよ、舎弟壱岐守高道を本家の家督にせんと陰謀する者ありて、既に内乱に及ばんとする前夜、件の神馬高或の枕上に影現し、あはただしき零夢ありしかば、佞 の悪徒を一々糾明し滞りなく家治まりて後、いよいよ神験のいちじるしを感仰し、やがて一社を造立して、金毘羅神を勧請せし(後略)」
 と「遊歴雑話」に書いてあると、「東都歳事記」の解説に書いてあります。

 
c0187004_14241030.jpg 江戸の川柳には
 讃岐から虎の門まで鼻を出し  というのがあります。
 
 金毘羅大権現のある像頭山ですので、像の鼻を讃岐から虎の門まで出すという意味ではないでしょうか

 金毘羅大権現は、寒参りでも有名です。
 「寒参り」は別名「はだか参り」とも言われました。
 寒の三十日の間は、日が暮れると職人の弟子はしばしの暇をもらい、水垢離をして身を清め、赤ふんどし、白木綿の鉢巻素足という姿で長提灯をさげ、鈴をならして、お不動様、さらに金毘羅大権現にお参りし、技量の上達を祈念したのでした。

 「寒参り」の姿が、歌川広重の名所江戸百景の「虎の門外あふひ坂」に描かれています。
 下部中央の裸の二人が「寒参り」の修業中の人物です。
by wheatbaku | 2015-01-08 12:21 | 江戸の祭礼歳事

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事