花燃ゆ第4回「生きてつかあさい」(大河ドラマ)
 「花燃ゆ」の第4回目は、吉田松陰が、海外渡航を企てましたが、ペリーの拒絶にあい、密航が失敗し、幕府に自首した後、萩に送られ、野山獄にいれられる所まででした。

c0187004_23425083.jpg ペリー艦隊への乗り込みは、回想の形で描かれていましたが、ようやくペリー艦隊の旗艦ポーハタンに乗り込めた吉田松陰と金子重輔の海外渡航の希望を、なぜペリーは拒絶したのでしょうか?

 その答えは「ペリー艦隊日本遠征記」に書いてあります。

 そこで、「ペリー艦隊日本遠征記(オフィス宮崎編訳)」によって、そのやりとりを書いておきます。

 (ペリー)提督は彼らの来艦の目的を知ると迎えることはできない、と答えさせた。そして、二人が日本政府から許可を受けるまでは、受け入れを拒絶せざるをえないが、艦隊は下田港にしばらく滞在する予定だから、許可を求める機会は十分にあるだろうと言ってきかせた。提督の回答に二人は大変動揺して、陸に戻れば首を斬られることになると断言し、とどまることを許してもらいたいと熱心に懇願した。この願いはきっぱりと、しかし思いやりを込めて拒絶された。


 ペリーがなぜ吉田松陰の願いを拒絶したか、その理由も「ペリー艦隊日本遠征記」の中に書かれています。

 提督とその士官は、信頼につけこんだり、条約の精神に反するような行為をするつもりはなく、当局の同意がない限り日本人はひとりアメリカ船に迎え入れることはないので、今後は心配は無用であると伝えた。

 つまり、幕府が承認したものであれば、艦隊に乗せて渡航させてもよいが、幕府の承認がない場合には、連れていけないと考えていました。

 もし、提督が、自分の感情の赴くままに自由に事を進めてよいと思うのであれば、(中略)日本を脱出しようとした哀れな日本人を喜んで艦内にかくまってやっただろう。しかし、曖昧な人道心より高度な考慮を必要とする問題があった。ひとりの人民の逃亡を黙認することは、日本帝国の法律に背くことであり、すでに多くの重要な譲歩を意に背いて行った国の規範をできる限り顧慮して従うことが、唯一の正しい政策だった。

 ペリーは、日米和親条約を幕府が結びましたが、それは幕府が大幅に譲歩した結果であることを理解していたようです。
 ですから、ペリーは、吉田松陰の海外渡航を手助けするのは、日本の法律を犯すことになり、それにより、ようやく日米和親条約を締結して開国にまでこぎつけた日米関係に悪影響が出ては困ると考えたようです。

 しかし、それだけでなく、別の理由もあったようです。
 それは次の文に書かれています。

 日本帝国では死罪をもって自国民が外国に赴くことを禁じている。艦隊に逃れてきた二人の男は、アメリカ人には無実だと思われても、日本の法律に照らせば罪人なのだ、そのうえ二人の日本人が自ら述べた説明を疑う理由はないにしても、彼らが主張する動機とは別の、もっと不純な動機が働いていた可能性もある。それはアメリカ人の節度を試す策略であったかもしれず、そう思った者もいたのである。

 つまり、吉田松陰たちがスパイではないかと疑ったようです。

 なお、「花燃ゆ」の中で、ペリーが寛大な処置を幕府に要望したという場面がありましたが、そのことについてもペリー艦隊日本遠征記に書かれています。

 哀れな二人の運命がどうなったのか、確かめることはまったくできなかったが、当局者が寛大であり、斬首という最も重い刑に処することのないように望む。なぜなら、日本の法典によれば大罪であっても、われわれには自由で大変賞賛すべき好奇心の発露だと見えるからである。
 ちなみ、提督からの問い合わせに対して、当局が深刻な結末を懸念する必要はないと保証したことは、せめてもの慰めであった。

[PR]
by wheatbaku | 2015-01-26 07:39 | 大河ドラマ

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
『西郷どん』、恋愛ごっこ..
from Coffee, Cigare..
各合戦の動員人数について..
from Coffee, Cigare..
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史