小伝馬町牢屋敷における松陰(大河ドラマ「花燃ゆ」第4回)
 今日も「花燃ゆ」に関連して、吉田松陰のお話です。
 3月には「吉田松陰ゆかりの地を歩く」で、小伝馬町牢屋敷を案内しますが、それとも関連するので、松陰の小伝馬町牢屋敷入牢について書いておきます。
 
c0187004_10242163.jpg 海外渡航に失敗した吉田松陰は、下田で自首し逮捕されます。
 そして、江戸に送られ、北町奉行井戸対馬守の取調べを受けて、小伝馬町牢屋敷に入れられます。
 小伝馬町牢屋敷は、現在の小伝馬町駅近くの十思スクエア(右写真)および十思公園にありました。

 小伝馬町牢屋敷は、全体で2600~2700坪あり、表門は西側あり、表門を入ると左手に塀があり、その奥に牢屋がありました。
 現在、十思スクエア玄関に、小伝馬町牢屋敷の模型が展示されていて、牢屋敷の様子がわかるようになっています。(右下写真)
c0187004_10255229.jpg 小伝馬町牢屋敷には、東牢と西牢があり、庶民が入牢する大牢と二間牢が一つずつ、御目見以下の御家人、諸藩藩士、僧侶、神官などが入れられる揚屋が、各二つあり、奥揚屋と口揚屋があります。
 吉田松陰は、長州藩士ですので、東口揚屋に入れられました。
 口揚屋というのは入り口に近いため口揚屋と呼ばれているように思います。

 「世に棲む日日」では、入獄した際に、牢名主が脅かすと、松陰は「私は命を惜しむものではない。すでに死を覚悟して渡海を決意した以上、どこで死んでも杭はない」と話すと牢名主は気味悪くなって「おまえは何者だ」と言辞を改めて尋ねるので、海外渡航を行おうとしたことを説くと「皆感激」したと書かれています。
 また、「松風の人」でも、入牢の際に、牢名主が脅かすと「私は死を覚悟しており恐れるものはありません」と言い考えを陳べると、牢名主は学殖のある者で口調を改め穏やかな口調でお金を手配してもらうため「手紙を送れ」といい、『東揚屋の囚人たちは松陰を取り囲み、その履歴を詳しく知ろうとした。松陰がこれまでの努力を語りおえると、彼らは皆感激した。』と書かれています。
 「花燃ゆ」で描かれた場面とほぼ同じです。
 こうした牢名主の対応があり、さらに知人からの「ツル」の差し入れもあり、牢屋敷内での序列も上位とされたため、吉田松陰は牢内での生活はそれほど厳しいものではなかったようです。

 吉田松陰が、密航の罪で小伝馬町牢屋敷に入られことに連座して、師匠の佐久間象山も逮捕され小伝馬町牢屋敷に入れられました。
 それは、佐久間象山が、吉田松陰の海外渡航を扇動したと疑われたからです。
 吉田松陰は東口揚屋でしたが、佐久間象山は、東奥揚屋でした。
 そのため、牢内で会話を交わすことはできませんでした。
 吉田松陰は、罪状を素直に認めました。
 しかし、佐久間象山は、国禁した覚えはないと強く抗弁しました。
 そして、奉行所の与力の調書の語句の読み違いまで指摘するほどでした。
 そのため、佐久間象山に対する奉行所の心証はかなり悪かったようです。
 吉田松陰、佐久間象山ともに、国禁を犯した大罪人であるので、死刑が相当という声が強かったものの、最終的には国許で蟄居ということになりました。
 この判決については、昨日も書いた通りペリーからの要請もあり、幕府が国際関係も配慮した結果であると考えられています。
 
[PR]
by wheatbaku | 2015-01-27 10:21 | 大河ドラマ

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
『西郷どん』、恋愛ごっこ..
from Coffee, Cigare..
各合戦の動員人数について..
from Coffee, Cigare..
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史