人気ブログランキング |
家康江戸入城時の山王権現(江戸の祭礼と歳事)
明日28日も、江戸楽アカデミーでの講座があります。

 江戸楽アカデミーでは、「天下祭」についてもお話をし、その中で、山王権現(現在の日枝神社)についてお話をしましたし、明日もお話する予定です。
 しかし、山王権現が、徳川将軍家の産土神となった由来については、あまりゆっくりお話する時間がありません(でした)ので、ブログに書いておきます。

c0187004_106245.jpg 山王権現(現在の日枝神社)は、文明10年(1478)太田道灌が江戸城を築城するにあたり、江戸城鎮護の神様として川越山王社(現在の日枝神社)を勧請したと言われています。

 日枝神社・日吉神社・山王神社などの総本宮は、近江坂本にある日吉大社(ひよしたいしゃ)です。
 従って、江戸の山王権現も、坂本の日吉大社から勧請されたものと思いがちですが、江戸の山王権現は、川越から勧請されたものです。
 しかし、このことはあまり知られていないかもしれません。
c0187004_1062194.jpg 川越の日枝神社は、喜多院の山門の前に鎮座しています。(右上写真は今年の初詣の時の写真)
 その日枝神社の道路脇のよく見える場所に、「東京都千代田区赤坂にある日枝神社の本社です」と書かれた右のような看板が建てられていて、このことを多いに宣伝しています。
 なお、赤坂は港区なので、千代田区赤坂というのは間違っていると思いますが・・・

c0187004_10648100.jpg  そして、徳川家康が、江戸に入府した際に、山王権現を将軍家の産土神としました。
 その際のエピソードが、「徳川実紀」に載っているというので、徳川実紀を調べてみました。
 すると、確かに、「東照宮御実紀付録卷六」に載っています。

 それを、そのまま書き写すと下記の通りとなりますので、詳細を知りたい方は、下記をご覧ください。
 前半の肝心な部分を私なりに現代文に訳すると次のようになります。

 
 徳川家康が、江戸に移った頃、榊原康政を呼んで、江戸城内に鎮守の神様はないかと聞きました。それに対して、榊原康政が「北の郭に、小さなお社が二つありますが、それが鎮守の神様でしょう、ご覧ください」と言ってご案内しました。
 榊原康政の案内で行ってみると、小さな坂で梅の木が植えてある中に二つのお社がありました。
 家康は、一つは天神様のようだと判断しました。
 そして、もう一つのお社を見ると、徳川家康は即座に拝礼し、「康政よ、不思議なことがあるもんだな。私は、江戸城に鎮守の神様がなければ、近江坂本の山王権現を勧請しようと思っていたが、不思議な縁で、ここに山王権現が鎮座されているよ」と言いました。
 榊原康政が、平伏して「不思議なことですが、これは当家が繁栄する瑞祥だと思われます」と申し上げると、家康は大変うれしそうなご様子でした。
 (以下、省略します。)

c0187004_10152699.jpg 江戸時代中期の国学者柏崎永以が延享3年からか書き始めた「事跡合考」という本にも同様な内容の記述がされています。

 皇居東御苑には、現在も梅林坂があり、梅の木がたくさん植えられています。(右写真)
 徳川家康が、江戸城に入城した頃には、ここに、現在の日枝神社と平河天神が鎮座していたのですね。
 江戸城を案内する際の、よいエピソードを知りました。

「東照宮御実紀付録卷六」
 御遷移のころ榊原康政をめして。この城內に鎭守の社はなきやと御尋あり。康政城の北曲輪に小社の二つ候が鎭守の神にもあらん。御覽あれとて康政鄕導してそ の所に至らせ給ふ。小き坂の上に梅樹數株を植て。そが中に叢社二つたてり。上意に。道灌は歌人なれば菅神をいつき祭りしとみえたり。かたへの社の額を見そ なはすと直に御拜禮ありて。さてさて式部不思議の事のあるよと仰なり。康政御側近く進みよれば。われ當城に鎭守の社なくば。坂本の山王を勸請せんとかねて おもひつるに。いかなるえにしありてか。この所に山王を安置して置たるよと宣へば。康政平伏して。これもいとあやしく妙なる事にも侍るものかな。そもそも 當城うごきなくして。御家運の榮えそはせ給はん佳瑞ならんと申せば。御けしきことにうるはしかりしとぞ。その後城壘開柘せらるゝに及び。山王の社を紅葉山 にうつされ。かさねて半藏門外に移し。明曆の災後に至り今の星岡の地に宮柱ふとしきたてゝ。 當家歷朝の產神とせられ。菅神の祠は平河門外にうつせしを。 又麴町に引うつして舊跡を存せらる。今の平河天神これなり。


by wheatbaku | 2015-02-27 09:56 | 江戸の祭礼歳事

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事