人気ブログランキング |
「江戸の祭礼と歳事」第2回模擬試験
 今日は、江戸検の今年のお題「江戸の祭礼と歳事」に関する模擬試験の出題です。
 模擬試験は、毎月一度10問を出題することにしていますが、2月分は、まず、江戸楽アカデミーに参加された皆様に出題した関係で、ブログ上での出題が今日になりました。
 ですから、今月は、3月分をもう一度出題させていただきます。

 今回の問題は、江戸楽アカデミーの講義準備の合間に考えましたので、結果的に難度の高いものとなっています。
 特に第8問は、なかなか難しいと思います。
 なお、第6問は、問題の意図が不明確な部分がありましたので、意図を明確にした文章にするため一文追加ました。したがって、江戸楽アカデミーの際に配布した問題文と少し違っている部分がありますので、受講された皆様、ご了承ください。

 正解は、明日3月5日に発表します。


1、浅草寺では、毎年節分には、本堂内の柱の上から、あるものが投げられ、大勢の人が殺到しました。
 それでは、この行事で、投げられたものは次のうちどれでしょう?
 ①豆  ②銭  ③餅   ④札

c0187004_23121781.jpg2、右の絵は、歌川広重が描いた名所江戸百景のうちの「芝愛宕山」という絵です。
 この絵は、愛宕権現で正月3日に開かれる祭事を描いたものですが、奇妙な装束をした人物が描かれています。
この人物は、ある神様のお使いですが、何のお使いでしょう?
①不動明王  
②毘沙門天
③愛染明王  
④大黒天
 

3、天下祭では、将軍上覧のために、山王祭の行列は、半蔵門から江戸城に入城し、神田祭では、田安門から入城しました。そしてともに竹橋門を通過していきました。
 竹橋門のほかに、二つの祭の行列が通過する門が一つだけあります。
その門はどれでしょう?

 ①大手門   ②桜田門  
 ③常盤橋門  ④呉服橋門

4、東都歳事記の2月2日の項に「信濃越後より旧年(くるとし)来り仕へし奉公人、主家の暇(いとま)を得て国へ帰る」と書かれています。
 この信濃越後から冬場に江戸に出稼ぎに来る人たちは、ある鳥の名前で呼ばれていました。それはどんな名前だったでしょう?

 ①とき  ②ひよどり  ③がん  ④むくどり 

5、次の二十四節気の組み合わせのうち、連続していないものはどれでしょう?

 ①雨水―啓蟄  ②清明―芒種  ③処暑-白露  ④寒露―霜降


6、天下祭の山王祭や神田祭には、多くの山車が出ました。その中で、第一番は大伝馬町の「諫鼓鶏」と決まっていました。
 この山車は、どのようにして移動したでしょう?

 ①馬が引いた    ②牛が引いた 
 ③大勢の人が担いだ ④大勢の人で引いた


c0187004_23124156.jpg7、右の挿絵は、守貞謾稿に載っているものです。
 守貞謾稿には、「江戸土民、毎戸、竿頭(かんとう)に籠をつけ栽(た)つ」と書かれています。
そして、この日に、江戸では、あるものを食べると書いてあります。
 それでは、この日に食べるものは何でしょう?

 ①御事汁  ②小豆粥  ③ぼたもち  ④汁粉


8、「伊勢屋、稲荷に犬の糞」という言葉があるように、江戸では、長屋にまで稲荷様がお祀りされていましたが、江戸城の大奥にもお稲荷様が祀られていました。
 そのお稲荷様は、2代将軍秀忠の代に日光から勧請されたもので、御台所を始め大奥に篤く信仰されたそうです。
 さて、そのお稲荷様の名称はなんというでしょう?

 ①日光稲荷  ②東照稲荷  ③吾妻稲荷  ④公方稲荷

9、3月3日は、上巳の節句で、雛を飾ってお祝いしました。
 そして、3月4日には、ある物をお供えしてから、雛をしまいました。
 それでは、3月4日にお供えしたのは次のうちどれでしょう?

 ①分葱膾  ②小豆餅  ③赤飯  ④あさり汁

 
10、お正月準備に欠かせない「歳(年)の市」が、江戸の神社の中で、最初に開かれた神社はどこでしょう?
東都歳事記の12月14日に、「江戸市のはじめなり、諸人群集す」と書かれている神社です。

 ①湯島天神  ②三社権現  ③神田明神  ④富岡八幡宮







by wheatbaku | 2015-03-04 08:47 | 江戸の祭礼歳事

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事