人気ブログランキング |
鯉のぼり(端午の節句③ 江戸の祭礼と歳事)
 今日は、5月5日「子供の日」で、まさに端午の節句です。
 江戸時代は、江戸にいるお大名は江戸城に総登城しました。
 東都歳事記に書いてある「端午御祝儀、諸侯登城」です。
 今日も、端午の節句のお勉強をしましたので、端午の節句について書きます。

c0187004_11532223.jpg さて、端午の節句といえば、男の子がいる家庭では、鯉のぼりを飾ります。鯉のぼりを見ると端午の節句だと感じる風物詩でもあります。
 最近では、日本各地で鯉のぼりの集団が飾られ、ニュースの話題になったりもします。
 右写真は相模川の鯉のぼりです。
 このように鯉のぼりは端午の節句の象徴です。

 この鯉のぼりを描いた有名な浮世絵があります。
 歌川広重の名所江戸百景「駿河台水道橋」です。
 画面一杯に大きく一匹の鯉のぼりが大胆に描かれています。
広重の名所江戸百景は、大胆な構図で驚かされるものが多いののですが、この構図も抜群だと思います。
 この絵をよく見ると、大きな鯉のぼりの先にも鯉のぼりが数匹描かれています。
 これからすると、江戸時代でも鯉のぼりが空を泳いでいたように思いますよね。
 私は、そう思っていました。
c0187004_11534992.jpg
 しかし、「駿河台水道橋」は安政4年(1857)5月に出版されていますが、こうした光景は、この「駿河台水道橋」が描かれた江戸時代の後期の江戸の姿のようです。 
 東都歳事記によると、下記のように書いてあります。

 五月五日 武家は更なり、町家に至る迄、七歳以下の男子ある家には、戸外に幟を立、冑人形等飾る、又坐鋪のぼりと號して、屋中へかざるは、近世の簡易也、紙にて鯉の形をつくり、竹の先につけて、幟と共に立る事、是も近世のならはし也、出世の魚といへる諺により、男兒を祝するの意なるべし、たヾし東都の風俗なりといへり、初生の男ある家には、初の節句とて別て祝ふ

 この東都歳事記を読むとたくさんのことがわかります。
c0187004_11560237.jpg まず、端午の節句では、初期は、幟を戸外に立て、家の中に冑人形を飾っていたことです。
 そして、坐舗(=座敷)のぼりといって、家の中にかざるのは、最近の簡略な取扱いであること。
 紙で鯉の形にして幟と一緒に立てるのは最近のこととであり、これは鯉が出世魚と言われていることから男児のお祝いするためだろうということ。
 鯉のぼりは、江戸の風俗であること。

 東都歳事記によれば、鯉のぼりが飾られるようになったのは、江戸時代の後期のことになります。東都歳事記が出版されたのは天保9年(1838)のことですから。
 江戸時代の中期頃までは、端午の節句には、鯉のぼりではなく幟が戸外に立てられていました。
 幟というのは、某社の画像からお借りましたが、右写真のようなもので、鯉のぼりとは全く異なるものです。
 それが家の中でも飾られるようになり、そして、幟と一緒に鯉の形をした紙飾りが飾られるようになったということのようですね。
 しかも、鯉のぼりは、江戸だけ飾られていたようです。

 この幟を建てる風俗は、元寇の役に由来するという説があるそうで、守貞謾稿にも紹介してあります。 近世風俗志(守貞謾稿)では次のように書かれています。
 「前前太平記」に云う、後宇多院の御宇、弘安2年5月5日に、元の蒙古来たりし時、鎌倉北条家の政務として、天下万民に旗を建てさせ、その備えとして、今の世まで、この風俗欠かさざるは、その時異敵を退けし吉例を伝へ遺すなり。昔の時の事にはあらず、云々。
 ただし、 「いずれか是(ぜ)なる、識者に逢ひて訂正すべし」 と書いて、この説が正しいかどうかわからないと筆者の喜多川守貞も書いています。

 最後に、歌川広重が描いた鯉のぼりですが、布製に見えますが、布が貴重な江戸時代に、こんな豪華な布製の鯉のぼりがどのくらいあったのか疑問がわきました。
 しかし、疑問は解けませんでした。
 そこで、喜多川守貞風に「識者に逢ひて訂正すべし」と書いておきます。











by wheatbaku | 2015-05-05 11:30 | 江戸の祭礼歳事

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事