人気ブログランキング |
鎧冑飾り(端午の節句 江戸の祭礼と歳事)

 端午の節句についていろいろ勉強してきましたが、最後は、「鎧兜」について勉強しました

 東都歳事記によると、4月25日から5月4日まで、冑人形菖蒲刀幟市が立つと書かれています。

c0187004_00343922.jpg その冑ですが、私は、なんとなく鎧兜は金属製だと思っていました。 

 東都歳事記には、「鎧冑」については

五月五日 武家は更なり、町家に至る迄、七歳以下の男子ある家には、戸外に幟を立、冑人形等飾る

 とだけ書かれているだけで、詳しいことは書いてありません。

 

そこで、近世風俗志(守貞謾稿)を読んでみますと、そこに、次のように詳しく書かれています。

今世の飾り鎧兜、その製金・革を用いず。厚紙を重ね張り、胴・草摺・小手・脚当、これを用ひて製造し、あるひは切小さねのごとく、その他種々。外見真の甲冑のごとく、蚕の組糸をもってこれを威し、紙張り表に漆し、あるひは黒ぬり、または鉄粉を塗り、所により鉑を押し、蒔絵を描き、金めつきの銅具を打ちて、精製なるあり

 なるほど、江戸時代の後期の鎧兜は、本物の鎧のように金属や革を用いず、厚紙を材料とし、兜だけでなく鎧まで製作されていたんですね。

しかも、それは、外見はまるで本物の甲冑のようだったようです。

紙の表面には、漆で黒くぬったり、鉄粉を塗ったりし、場所によっては箔押しし、蒔絵を描いたり、金メッキしたりして作った様子がわかります。

こんなに加工されているんですから随分立派なものだったようです。

さて、以上で端午の節句についてはおしまいですが、東都歳事記の五月六日には次のように書いてありました。

今日婦女子の佳節(せっく)と称して、遊楽を事とすれども、未(いまだ)その據(よ)るところを知らず

6日は婦女子の節句で、婦女子が遊ぶようだけれど、斉藤月岑もわからないと書いています。

書いている斎藤月岑がわからないのでは私もわからないなぁと思いながら注釈を読むと

 田植に先立つ物忌みに女がこもっていたことの名残であろう

と書いてあります。

まだ、わからん!

そこで、年中行事辞典をいくつ読んでみると、「日本まつりと年中行事事典」には

端午の節供を男の子の節供とし、3月の節供と対比させる考えが一般的となっているが、各地の習俗をみると女性に関する伝承も多い。この日を女の家・女の宿などと称する地方は広く分布し、嫁の里帰りの日と伝える所もある。

これらの例は、元来5月が皐月つまり田植え月であったことと関係が深いと考えられる。皐月は田植えという祭に際して斎戒禁欲し、田の神を迎える月であった。その月の初めに早乙女として祭りの主役をなす女性は忌み籠りをし神を祀った。

と書いてあります。

なるほど、そうか!!

日本の古来の習俗として、5月5日に、田植えを控えた女性が仕事をせずに籠った名残が、6日の婦女子の節句となったようですね。

私は納得しました。



by wheatbaku | 2015-05-06 10:10 | 江戸の祭礼歳事

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事