人気ブログランキング |
江戸三富(江戸の祭礼と歳事)

 
 東都歳事記を見ると、8月の行事は八朔の次は、八幡宮の祭礼が大きな行事ですが、これは15日の行事で、少し間がありますので、歳事を離れて、今日は「富くじ」について書こうと思います。

 「富くじ」は、現代の宝くじにあたるもので、江戸時代は「富突(とみつき)」「富興行」とか呼ばれました。

「富くじ」を扱った落語には「富久(とみきゅう)」「御慶(ぎょけい)」「宿屋の富」などたくさんあります。

たまたま買った「富くじ」が「一の富」にあたり大喜びする江戸っ子がおもしく描かれていて、大変楽しいお話です。

これらの落語は、桂文楽、柳家小さんなどが演じていて、現在もYoutubeで聞くことができます。

 こうしたことから、江戸時代には富くじが大変さかんであったことがわかります。

 しかし、江戸時代を通じて、富くじが盛んであったわけではありません。

  

 富くじというと「江戸の三冨」が大変有名です。

c0187004_10031244.jpg「江戸の三冨」とは、谷中感応寺、湯島天神、目黒不動龍泉寺の3寺社で行われた富くじです。

しかし、この「三冨」が許可されたのは、文化9年のことです。

これは、寛永寺と輪王寺の寺院経営がうまくいかずに困窮していたために、この両山の救済のために許可されました。

そのため、「両山御救富」と呼ばれます。

そもそも「富くじ」は幕府の寺社助成策の一環として許可されたものです。

この「両山御救富」の興行場所として選ばれたのが、感応寺、湯島天神、目黒不動です。

これらは、すべて寛永寺の末寺です。

えっ 湯島天神は神社だから寛永寺の末寺ということはないんじゃないですか」と思う方が多いと思います。

ごもっともだと思います。

しかし、現在は神社と寺院は別になっていますが、江戸時代は神仏習合でした。

そいて神社と寺院が同じ境内にあるこが不思議ではありませんでした。

湯島天神の別当寺は「喜見院」というお寺でした。

この「喜見院」は寛永寺の末寺だったのです。
  なお、感応寺は、天保4年に天王寺と改称して、現在は護国山天王寺となっています。右上写真は、天王寺の毘沙門堂です。

以上から、江戸三冨は、すべて寛永寺の末寺であることがおわかりなると思います。

文化~文政年間にかけて、この「江戸三冨」では、盛んに富くじが行われ、富くじと言えば「江戸三冨」と言われるほどになりました。

落語の「富久」「御慶」「宿屋の富」が描いているのは、この時代の「富くじ」を描いているのです。





by wheatbaku | 2015-08-04 09:42

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事