人気ブログランキング |
「第付(だいつけ)」(江戸の祭礼と歳事)


 守貞謾稿には、富くじについて詳しく書かれていますので、今日は、その三回目です。
 

 守貞謾稿には、富くじの当選者が当選金すべてを手に入れられないと書かれています。

 突き止め千両を得る者より、その一分百金を修補の料と号して債主に止め、また百両を札屋に頒ち、その他諸費と号して四、五十両を除き、千両富その実を得る所大略七百金なり。

平の当りに至るまで各これに准ず。

 当選金の3割は、諸々の理由をつけて差っ引かれて、当選者に手に渡るのは7割であると書いてあります。

 まず1割は、富興行を催す寺社が修補料として受け取ります。

 そして1割は、札屋が1割を取り、さらに諸費と名付けて1割が差っ引かれます。

 そうしたことから、当選者が受け取れるのは7割になってしまうのです。

 これは、突き止めの千両の当選者も、「平」の少額の当選者も一律であると書いてあります。

 富くじの札一枚の値段は金一分と高額でしたので、貧しい人たちは、おいそれと買えません。

 そこで、貧しい人たちも買える工夫がされるようになります。

 それについても守貞謾稿に書かれています。

また割札と号して、本札を札屋に止め、一札二頒あるいは四頒等の仮札をもって頒ち売るもあり。二頒を半割札、四頒を四人割と云う

これは、一枚の富札を複数人数で購入する方法です。この場合、本物の富札は札屋が預かっていて、仮の札を購入者が持っている方法です。

二分割する場合は「半割」、四分割する場合は、「四人割」と言いました。

当選の富札を当てる「第付」についても書いてあります。

第付とて一の富の出番を当て物にして、裡店(うらだな)女房・酒屋下児まで掠め銭を一銭二せん賭して当て物す。

一文は八文にして取る割合故、大欲の輩大金をもって賭するもあり。

「第付」というのは、一の富の当選番号を当てるものと書いてあります。

一文で購入できて、当たると八文が戻ってくるという割合であるため、裏店のおかみさんや小さな商店の小僧まで、これを購入し、大金を出して購入するものもいたと書いてあります。

この「第付」を売り歩く人は、当初は「富の出番」と言いながら売っていましたが、これが禁止されたので、「於波奈志々(おはなし、おはなし)」と言って売り歩いたと書いてあります。


 守貞謾稿に書かれている「富」の話は、これで終わりますが、江戸検を受けられる方は、近世風俗志(守貞謾稿)を読んでおくとよいと思います。






by wheatbaku | 2015-08-07 09:56 | 江戸の祭礼歳事

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事