人気ブログランキング |
石川島とは何?(人足寄場①)

 火曜日に行われた江戸検ですが、夏の江戸検講座や江戸楽アカデミーを受講いただいた方から、受検結果について、次々とご連絡をいただいています。

 それを読ませていただくと、「自己採点したら、とりあえず80点を超えました」という方も複数いらしゃいます。
 80点を超えた方、
本当におめでとうございます。

 一方、「80点に届かずショックです」という方や「来年頑張ります」という方もいらしゃいます。
 合格点に届かなかった方は残念な思いが強いと思いますが、来年の合格をめざしてまた頑張ってください。

でも、とりあえずは、一休みでよいのではないでしょうか。
 ゆっくり休息した後、また準備を始めてください。

さて、今日は、江戸検の話題から離れて「人足寄場」の話です。

といっても、今年の江戸検1級には「人足寄場」の問題が出題されていましたね。

 先日の「鬼平散歩イン鉄砲洲佃島」では、いわゆる「石川島人足寄場」が、ご案内のメインでした。

 そこで、人足寄場については、あまり知られていないことが多いように思いますので、今日から何回かに分けて、「人足寄場」について書いていきます。

石川島とは何?(人足寄場①)_c0187004_15283007.jpg 「人足寄場」は、佃島のそばにありながら、「石川島人足寄場」とも呼ばれます。

 では、なぜ「石川島」というと地名がつくのか?

そのことについて書いていきます。

 江戸時代に佃島と呼ばれたところは、現在は「佃1丁目」です。

 そして、「人足寄場跡」は、現在は「佃2丁目」です。 

 また、現在は、人足寄場跡は、佃島からは、川幅の狭い佃堀に架かった小さな橋(住吉小橋)を渡った場所にあります。
 そのため、人足寄場も佃島にあったように思いがちです。

 そうしたことから、「人足寄場に、なぜ『石川島』という名前が冠されるのか」と疑問に思う人もいると思います。

 
 人足寄場は、佃島に造られたのではないのです。

 佃島は、正保元年(1644)に、摂津国佃村の漁師が、幕府から拝領した隅田川の寄州を埋め立てて築いた島です。

一方、石川島は、江戸時代初期には、すでに隅田川の河口にありました。つまり、石川島の方が、早くから島として存在しました。

 人足寄場は石川島と佃島の間の浅瀬を埋め立てて築いた土地に設置されました。

ですから佃島ではないのです。

石川島は江戸時代初期には「森島」または「鎧島」と呼ばれたと江戸名所図会に次のように書かれています。

鎧島  佃島の北に並べり。いま、石川島と号(なづ)く(俗に、八左衛門殿島といへり。皆、大猷公(徳川家光)の御時、石川氏の先代、この島拝領するより、かく唱ふるとなり。寛政4年、石川氏、永田町へ屋敷替へありしより、炭置場・人足寄場等になれり)。旧名を森島といふよし、江戸の古図に見えたり(文亀古図)また、その図に記して云く、この島、一名を鎧島と号(なづ)く。(後略)

 石川島というのは、3代将軍家光の時代に、旗本石川正次が拝領したため、石川島と呼ばれるようになったようですが、石川正次は、通称八左衛門といったので、「八左衛門殿島」とも呼ばれたようです。

 この石川島と佃島の間は、葦が繁る浅瀬だったようです。

 そこを埋め立てて陸地としてそこに鬼平が、寛政2年に人足寄場を開設しました。
 そのお話は次回したいと思います。

今日は、最後に、人足寄場の時代を飛び越えて、石川島の幕末以降の推移について簡単に書いておきます。

石川島とは何?(人足寄場①)_c0187004_15261082.jpg 嘉永6年(1653)、ペリーが浦賀に来航し開国を要求しました。

この動きを受けて、幕府の命令により、翌年の嘉永7年、水戸藩が石川島で三本マストの帆船の建造を開始しました。

水戸藩に白羽の矢があったのは、洋式軍艦の製造を徳川斉昭が進言していたことによるようです。

それ以来、石川島には造船所が設置され、軍艦が製造されました。

明治になっても海軍省下で軍艦製造が行われていましたが、明治9年になって、それが平野富二に払い下げられ、東京石川島平野造船所ができました。

これが、現在のIHI(石川島播磨重工業)の前身です。

石川島播磨重工業㈱という会社の名前は聞いたことがあると思いますが、その発祥の地が石川島です。
 その工場跡地もいまでは、「大川端リバーシティ21」という超高層マンション群となっています。 右上写真は、「大川端リバーシティ21」の遠景です。





by wheatbaku | 2015-11-05 08:15 | 大江戸散歩

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事