人気ブログランキング | 話題のタグを見る
~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩① 品川駅編

~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩① 品川駅編

 土曜日は、毎日文化センターの講座で、旧東海道の品川宿を散歩してきました。

天気予報では、弱雨ということだったので、雨を覚悟していましたが、最終的には、雨に降られずラッキーでした。

品川宿散歩は次のように案内しました。

品川駅 ⇒ 八ッ山橋 ⇒ 問答河岸跡 ⇒ 土蔵相模跡 ⇒ 利田(かがた)神社 ⇒ 台場小学校 ⇒ 品川神社 ⇒ 品川交流館(休憩) ⇒ 品川宿本陣跡(聖蹟公園) ⇒ 荏原神社 ⇒ 問屋場・貫目改所跡 ⇒ 品川寺(ほんせんじ)⇒ 青物横丁駅

~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩① 品川駅編_c0187004_20134601.jpg品川駅前に「品川駅創業之碑」という石碑があるのを御存知ですか?  日本初の鉄道は、明治5年の1014日の新橋駅 - 横浜駅間ですが、実は、それより4か月早い明治5612日)に品川駅と横浜駅間で仮開業しました。

 そのため、品川駅は実質的に日本初の駅なのです。

 「土蔵相模」は品川でも有数の規模を誇った旅籠で、屋号は「相模屋」だが、正面が土蔵のようななまこ壁で飾られていたことから通称「土蔵相模」と呼ばれました。

~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩① 品川駅編_c0187004_20140393.jpg土蔵相模が、幕末史上で有名な二つの大事件つまり桜田門外の変の際に水戸浪士たちが惜別の酒宴を開いたことと御殿山のイギリス公使館焼き討ち事件の際に高杉晋作たちの集合場所となっていることで有名です。

明治になって「土蔵相模屋」という貸座敷になり、さらに「さがみホテル」となり、建物は昭和初期まであったが、現在ではマンションになっています。1階のファミリーマートが目印です。

 品川神社は、北品川宿の鎮守で、源頼朝が安房国の洲崎神社から洲崎明神を勧請したのに始まり、その後、お稲荷様と天王様もお祀りしました。

~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩① 品川駅編_c0187004_20142794.jpg徳川家康が関ヶ原の合戦へ出陣の祭に戦勝祈願し、戦勝後、仮面(天下一嘗の面)・神輿(葵神輿、品川区教育委員会の資料では家光が奉納したとなっている)が奉納されたといいます。

6月の品川神社例大祭は「北の天王祭」と呼ばれ53段の階段を神輿が下ります。
 ただし、以前は明治時代に奉納された千貫神輿ともよばれる大神輿が石段を下ったが、最近は中神輿が階段を下り渡御しているそうです。

荏原神社は南品川宿の鎮守です。

現在は目黒川の北側にありますが、これは昭和3年に目黒川の川筋が変更されたもので、江戸時代には、目黒川の南側にありました。

~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩① 品川駅編_c0187004_20150808.jpg『江戸名所図会』では、は貴船明神社(きふねみょうじんしゃ)となっていて、明治8年に、荏原神社と改称されたものです。

 品川神社の例大祭が北の天王祭と呼ばれたのに対して、荏原神社の6月の例大祭は、南の天王祭と呼ばれ、勇壮な神輿の海中渡御で有名でした。

現在の社殿は弘化元年(1844年)のもので、170年を超えたものです。

品川寺「ほんせんじ」は、真言宗醍醐派の別格本山で、平安時代初期の創立です。

太田道灌が伽藍を建立し「大円寺」と称したが、江戸時代初期の承応元年に再興された際に「品川寺」と改めたといいます。

~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩① 品川駅編_c0187004_20153795.jpgご本尊は水月観音像といい、弘法大師(空海)が東国巡行中にこの地の領主品河氏に与え、同氏の滅亡後は草堂に安置されていたもので、絶対秘仏で、現住職も見たことがないそうです。

境内入口にある大きなお地蔵様は、宝永5年(1708)に江戸深川の地蔵坊正元が、浄財を集めて、江戸の入口6か所に造立した江戸六地蔵のうちの一つです。

 品川宿散歩にご参加いただいた皆様、お疲れ様でした。

 皆様のお蔭で雨にもたたれず、楽しい散歩となりました。

ありがとうございました。


by wheatbaku | 2016-10-03 20:11 | ~山手線一周~駅から気ままに江戸散歩

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事