ジョン万次郎と薩摩(大河ドラマ『西郷どん』⑧)

ジョン万次郎と薩摩(大河ドラマ『西郷どん』)

 『西郷どん』の第6回は「謎の漂流者」でした。タイトルの漂流者とは、ジョン万次郎のことでした。

そこで、今日は、ジョン万次郎と薩摩の関係について書いていきます。
 下写真は、雑司ヶ谷霊園にあるジョン万次郎のお墓です。
 墓表には中濱萬次郎を刻まれています。

c0187004_10190848.jpg

ジョン万次郎は、多くの人が御存知の通り、15歳の時に漁に出たところ暴風雨にあって遭難し、伊豆七島の一つ鳥島に流れつき、アメリカの捕鯨船にすくわれ,アメリカで教育を受け、捕鯨船の船員として暮らしていましたが、望郷の念が抑えきれず、ついに帰国することにします。

 そこで、ハワイで、上海行きの商船「サラ・ボイド号」に漁師仲間2人と共に乗り込みました。

嘉永4年(185112日、琉球近くまで来た段階で、琉球への上陸をめざし「アドベンチャー号」という小船に乗りこみ商船を離れました。

 翌日お昼頃、万次郎たちの乗ったボートは、無事、琉球の摩文仁の海岸に到着しました。

 海岸には、村人たちがいたので、比較的日本語を覚えていた漁師仲間の伝蔵を先頭に上陸しましたが、見慣れない姿の人間に驚いた村人の中でも、3人の日本語を理解した人がいて、ようやく話が通じました。

上陸した3人は、番所で簡単な取り調べを受け、那覇に送られることになりましたが、那覇の手前で、翁長(おなが)に留まることになりました。

翁長では、琉球王朝の役人による尋問が行われた後で薩摩藩の取り調べが行われました。

万次郎たちがいた屋敷の周りには竹囲いがされ軟禁状態でした。

しかし、待遇は非常に良くて、地元の人たちのとの交流も盛んに行われたようです。

『西郷どん』では、西郷家の人たちが、万次郎を歓待している場面がありましたが、あのような歓待ぶりだったのではないでしょうか。

そして、ジョン万次郎たちは、711日に那覇に行き薩摩に向かいました。

翁長には、約6か月滞在したことになります。

薩摩の山川港には、730日に到着し、翌日鹿児島に入港しました。

西田町下会所が宿舎とされました。

この段階までに、ジョン万次郎たちのことは、島津斉彬に報告されていて、島津斉彬からは丁重に処遇するよう指示がでていました。

万次郎は、島津斉彬からも呼び出されて、外国の事情を聞かれたこともありました。

『西郷どん』で描かれたいた通りだったと思います。

薩摩藩では、万次郎のもとに船大工たちを通わせ、「アドベンチャー号」や万次郎の情報を元に、洋式船のひな形を造りました。

このひな形をもとに薩摩藩では、試験的に日本初の小型洋式船をつくりました。この船は「越渡船(おっとせん)と呼ばれ、越通船は湾内での輸送用に使われました。

こうした、万次郎たちは、48日間、薩摩に滞在し厚遇された後、918日に長崎に送られました。

万次郎たちは、長崎でも取り調べを受けましたが、鹿児島での待遇とはうってかわり、罪人として牢屋に入れられました。

しかし、長崎での取り調べの最後に踏絵が行なわれ、万次郎たちは、帰国が許され無罪放免となり、嘉永56月に土佐藩に引き渡されました。

その後、万次郎は、土佐藩での取り調べも無事終わり、嘉永5105日、母親と無事再会を果たしました。

今回、ジョン万次郎を演じたのは劇団ひとりさんですが、たった1回の出演のため、劇団ひとりさんが演じるはずはないと思います。

ジョン万次郎は、のちに薩摩藩の開成所の教授となって、薩摩藩士の教育指導にあたっていますので、『西郷どん』では、西郷隆盛と再会場面があるのではないかと思います。



[PR]
by wheatbaku | 2018-02-12 18:59 | 大河ドラマ | Trackback
トラックバックURL : https://wheatbaku.exblog.jp/tb/29290944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史