『ふるあめりかに袖はぬらさじ』読了しました(江戸のヒロインたち)

『ふるあめりかに袖はぬらさじ』読了しました(江戸のヒロインたち)

有吉佐和子さんの「ふるあめりかに袖はぬらさじ」を読了しましたので、今日は「ふるあめりかに袖はぬらさじ」について書いていきます。

c0187004_12410261.jpg

 江戸検1級の第9回の問題に次のような問題がありました。

85】〈露をだにいとふ倭の女郎花 ふる(  )に袖はぬらさじ〉

 これは文久2年(1862)、横浜にあった外国人専用の遊女屋「岩亀楼」の遊女喜遊が、外国人への身請けを強要されて自害する際に詠んだ辞世です。(  )には身請けしようとした男の国籍が入りますが、それはどこでしょう? この事件は有吉佐和子の戯曲でも知られています。

 い)あめりか     ろ)いぎりす

 は)おらんだ     に)ふらんす

この問題文に『ふるあめりかに袖はぬらさじ』の概要が書かれています。

私は、「ふるあめりかに袖はぬらさじ」は小説だとばっかり思っていたので、手に取って見てみると戯曲なのでちょっと驚きました。

 しかし、江戸検の問題文にも、ちゃんと戯曲と書いてありましたね。

解説の磯田光一氏によると、岩亀楼の喜遊は、医師太田正庵の娘で、両親の死後、吉原で遊女を勤めた後、岩亀楼に住みかえて喜遊と名乗り、アメリカ人イルウスに見込まれたが拒否して「短剣にて咽を刺串(さしつらぬ)き」て死んだと伝えられているそうです。

 しかしながら、磯田氏も指摘していますが、有吉佐和子さんは、こうした伝承を基礎にしていますが、伝承とはまったく別の作品に仕上げています。

 この戯曲は、4幕ものとなっています。

 このなかで、喜遊は最初の2幕だけに登場します。4幕を通じて登場するの芸者のお園です。つまり、有吉佐和子さんの『ふるあめりかに袖はぬらさじ』では、想像の人お園が主人公です。1幕目では、喜遊とお園、そして喜遊の恋人(と思われる)藤吉が登場します。

 ここで、喜遊と藤吉が、お互いに愛情をもっていて、お園はそれに気が付いているということが描かれています。

 そして、2幕目では、アメリカ人イルウスが登場し、岩亀楼の主人と喜遊を見請けする話がまとまります。しかし、席をはずしていた喜遊が剃刀で喉をきって死んだところで2幕目が最後となります。

 そして3幕目で、お園は「喜遊は、藤吉と添えるあてもなく、情けなく、死んでしまった」と真実を語ります。

 しかし、その真実とは関係なく、喜遊は、アメリカ人に買われるのがいやで、懐剣で喉を突いて見事な最期をとげ、その時、『露をだにいとふ倭の女郎花 ふるあめりかに袖はぬらさじ』という辞世を詠んでいたという虚像がつくりあげられていくことになっていきます。

すっかり攘夷の風潮が納まった慶応3年7月に設定された4幕目では、それまで作り上げた喜遊に対する虚像がすっかり壊れることになり、最後は、「みんな嘘さ、嘘っぱちさ。おいらんは、喜遊さんは、淋しくって、悲しくって、心細くって、ひとりで死んでしまったのさ。」とお園が語りながら幕となります。

 

 昨年のお題のテキスト『疾走!幕末・維新』をよく読んでみると「(喜遊の)死の原因は恋人との未来に悲観しただけで、しかも喜遊は読み書きができず、この話は攘夷論者の創作といわれている」と書かれています。

有吉佐和子さんの『ふるあめりかに袖はぬらさじ』は、まさにお題テキストの説明どおりの展開の作品でした。


[PR]
by wheatbaku | 2018-04-12 19:04 | 江戸のヒロイン | Trackback
トラックバックURL : https://wheatbaku.exblog.jp/tb/29429661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
各合戦の動員人数について..
from Coffee, Cigare..
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史