紺屋高尾 〔高尾太夫⑥〕(江戸のヒロインたち)

紺屋高尾 〔高尾太夫⑥〕(江戸のヒロインたち)

 「高尾考」の7代説で紺屋九郎兵衛に嫁いだため、「駄染高尾」と呼ばれる高尾太夫は、お題テキスト「江戸のヒロインたち」で紺屋高尾とされています。

 この駄染高尾は、落語の「紺屋高尾」の題材となっていることで有名です。

 「紺屋高尾」は「こんやたかお」と呼びたいところですが、「こうやたかお」と一般的に呼ばれています。

 「紺屋高尾」は、三遊亭円生、三遊亭円楽、立川談志など多くの落語家が演じていますが、今回は、桂歌丸師匠が演じているものが、You Tube にありましたので、それを聞いてみました。

c0187004_19312692.jpg

 桂歌丸師匠の「紺屋高尾」のあらすじは次の通りです。

 神田紺屋町(こうやちょう)の染物職人吉兵衛のお店に、久蔵(きゅうぞう)という職人がいました。

その久蔵が、寝込んで仕事に出てこないので、お玉が池の竹之内蘭石という医者に診てもらうことにした。

久藏をみた蘭石先生は、「これは恋患いだな。そして相手は三浦屋の高尾丈夫だろう?違うか?」

藪医者にずばり言い当てられて驚く久蔵が打ち明けた話では、吉原には花魁道中というものがあるから、いっぺん見ておけと仲間に無理やり連れていかれたのだが、そこで見た高尾の美しさが忘れられないという。それ以来、何を見ても高尾に見えるとも告白。

 蘭石先生が言う。「花魁といえども売物買物だ。金があれば客にとってくれる。そうだな、十両用意すれば会う事が出来るだろう」

 久蔵の給料は一年で3両。蘭石先生から3年一生懸命働いて9両たまったら残りの1両を蘭石先生が足してくれ10両で高尾太夫に合せてくれると言われたた久蔵はすっかり元気になって一生懸命に働きだした。

 それから3年の月日が経った。久蔵は3年で9両を貯め、親方はさらに一両を足してくれた。久藏は、これで高尾太夫を買うと打ち明けた。親方は呆れたが、着物、帯。そして雪踏まで貸してくれて吉原に送り出してくれた。

久蔵は、蘭石先生と一緒に京橋のお大尽という触れこみで高尾太夫に会いにいく。

お茶屋に掛け合ってみると、運よく高尾太夫の体が空いていたのでお茶屋で高尾が会ってくれた。そして高尾太夫からから、「主はよう来なまんした。裏はいつでありんす?」と聞かれ、真正直な久蔵は、「丸3年経ったらきます。3年経たなきゃ、来る事が出来ない」と久蔵は、これまでのことを全て白状してしまう。

それをじっと聞いていた高尾丈夫は、「金で源平藤橘四姓の人と枕を交わす卑しい身を三年も思ってくれるとは、なんと情けのある人か……、わちきは来年の2月15日に年季が明けるから、おかみさんにしてくんなますか」と久藏に言う。

久蔵は天にも昇る気持ちでひたすらに来年2月15日を待ちのぞむ。

そして2月15日当日。一挺の駕籠が神田紺屋町の吉兵衛の店の前に止まる。姿を見せたのは堅気姿の高尾丈夫である。

 そして親方に久蔵とそわせてくれと頼みます。

 久蔵と夫婦となった高尾は80余歳の天寿をまっとうしたという。

 桂歌丸師匠の古典落語もすばらしいものです。生前にもっと聞いておけばよかったとつくづくと思いました。


[PR]
by wheatbaku | 2018-07-16 19:27 | 江戸のヒロイン

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
『西郷どん』、恋愛ごっこ..
from Coffee, Cigare..
各合戦の動員人数について..
from Coffee, Cigare..
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史