人気ブログランキング |
鷲神社(鶯谷散歩③)

鷲神社(鶯谷散歩③)

 鶯谷散歩ですが、今日は、酉の市で有名な鷲神社をご案内します。

鷲神社と書いて「おおとりじんじゃ」と読みます。

鷲神社(鶯谷散歩③)_c0187004_12032409.jpg

鷲神社は、江戸時代には「鷲大明神社(わしみょうじんやしろ)」と呼ばれていましたが、明治になって「鷲(おおとり)神社」と改称しました。

鷲神社の御祭神は天日鷲命(あめのひわしのみこと)と日本武尊(やまとたけるのみこと)です。

鷲神社は「おとりさま」として一般にも親しまれており、毎年11月の酉の日には「酉の市(とりのいち)」が開催され、大勢の人がお参りするので、広く知られています。(下写真は御社殿です)

鷲神社(鶯谷散歩③)_c0187004_12031606.jpg

鷲神社の社伝によると、「酉の市」の由来は「天日鷲命は、諸国の土地を開き、開運・殖産・商売繁昌に御神徳の高い神様として古来よりこの地にお祀りされていました。その後、日本武尊が東夷征討の際、社に立ち寄り戦勝を祈願し、志を遂げての帰途、社前の松に武具の「熊手」をかけて勝ち戦を祝い、そのお礼参りをさた日が11月の酉の日であったので、この日を鷲神社例祭日と定めたのが「酉の市」です。」とされています。

「酉の市」は、江戸時代には、「酉のまち」と呼ばれ、歌川広重の名所江戸百景でも「浅草田甫酉の町詣」(下写真)として描かれています。「酉のまち」は「酉の祭」から由来しました。

鷲神社(鶯谷散歩③)_c0187004_12031027.jpg

現在も、酉の市は、境内には熊手をうる屋台が並び、幸せを掻き込む縁起物の熊手を求める人で賑わいます。

また、鷲神社の開運・商売繁昌のお守りである熊手御守は、午前零時を期して打ち鳴らされる一番太鼓と共に授与され、一番先に熊手御守を受けた人には、「一番札」として神社の金小判が授けられるそうです。

拝殿正面には、顔の各場所により違うご利益を授かると伝えられている「なでおかめ」があり、人気があります。

鷲神社(鶯谷散歩③)_c0187004_12020979.jpg

鷲神社は、下町七福神の札所ではなく、「下町八社福参り」や「浅草名所七福神参り」の札所です。

境内には、正岡子規の「雑閙や 熊手押あふ 酉の市」と榎本其角の「春をまつことのはじめや酉の市」という句碑や樋口一葉文学碑などがあります。

下写真は正岡子規の「雑閙や 熊手押あふ 酉の市」句碑です。「雑閙」の字は何と読むのかというのが話題になりましたが、「ざっとう」と読みます。

鷲神社(鶯谷散歩③)_c0187004_12015743.jpg

下写真が榎本其角の「はるをまつことのはじめや酉の市」の句碑です。
 句碑の文字は、くずし字で書かれているため、読み取るのが難しいです。

鷲神社(鶯谷散歩③)_c0187004_12014973.jpg

赤印が鷲神社です






by wheatbaku | 2019-01-31 11:57 | ~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事