人気ブログランキング |
板倉勝該の刃傷事件(吸江寺② 渋谷散歩⑥)

板倉勝該の刃傷事件(吸江寺② 渋谷散歩⑥)

 今日も、安中藩板倉家の菩提寺の吸江寺をご案内します。

吸江寺の板倉家の墓の前にある線香置きには、大きな家紋が刻まれています。

板倉勝該の刃傷事件(吸江寺② 渋谷散歩⑥)_c0187004_13281369.jpg
 下写真がその拡大写真です。

 この家紋は、九曜巴(くようともえ)と呼ばれる家紋です。

板倉勝該の刃傷事件(吸江寺② 渋谷散歩⑥)_c0187004_19232490.jpg

 この家紋を見間違えたことによっておきた江戸城内でおきた板倉勝該(かつかね)の刃傷事件についてお話します。

9代将軍徳川家重の時代の延享4年(1747年)815日、江戸城内での刃傷事件が起こりました。

その日は、月例拝賀の式日で総登城の日でしたが、熊本藩主細川宗孝が、旗本板倉勝該(かつかね)に殺害されたのです。

板倉勝該(かつかね)は城内で取り押さえられ取り調べが行われました。その結果、細川宗孝は板倉勝清と間違えて殺害されたことが判明しました。

板倉勝清は、安中藩板倉家の3代藩主でした。享保2年(1618)に家督を継いだ後、享保20年には、寺社奉行に就任していました。板倉勝清は、明和4年((1767)に西ノ丸老中となり、3年後は本丸老中に進んでいます。

板倉勝該(かつかね)は、下総国芳賀郡6千石を知行する板倉重浮(しげゆき)の息子として生まれました。

父の板倉重浮(しげゆき)は堀田正休の次男で板倉重大(しげもと)の養子となって板倉家を継いでいました。

板倉家を継いだのは兄の勝丘でしたが、勝丘が延享3年の12月に、亡くなったため、勝該(かつかね)が、あとを継ぎました。

しかし、板倉勝該(かつかね)には、性格的に問題があり、家内を治めていけないと思った安中藩主の板倉勝清が、板倉勝該(かつかね)を廃して、別の人物に後を継がせようとしました。それを知った勝該(かつかね)が勝清に恨みを抱き、勝清を亡きものにしようと斬りつけたと言われています。

 それでは、なぜ板倉勝清でなく、細川宗孝に斬りつけたかですが、それは板倉勝該が、背中にあったその家紋を見間違えて、宗孝に斬りかかったのでした。

 板倉家の家紋「九曜巴」紋が、細川家の家紋「九曜星紋」にそっくりだった事から、この日、背中にあったその家紋を見間違えて、宗孝に斬りかかったのでした。

 板倉勝該(かつかね)は、そのまま水野忠辰(ただとき)に預けられ、8日後の23日に切腹、改易となりました。

一方、細川家宗孝は未だ31歳の若さで、世継ぎもおらず、後継者も未定でした。後継者がいない場合には、改易となるため、その日のうちに、弟の細川重賢(しげかた)を養子に迎え、幕府に届け出ました。そして、翌16日になって、その死亡を届け出ました。

この事件以降、細川家では、それまで使っていた九曜星紋から、少し●の小さめデザインの家紋に変更し、さらに、それまでは、背中に一つ、両胸に二つ、両そでの前側に計5つ紋だったのを、背後からも見えやすいようにと、両そでの後ろ側にも家紋を配置した「7つ紋」の特別な物にしたと言われています。

この細川宗孝の後を継いだ細川重賢は、その後、熊本藩の藩政改革を実施し名君と呼ばれています。



by wheatbaku | 2019-02-15 18:59 | ~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事