人気ブログランキング |
松崎慊堂宅地跡 (渋谷散歩⑦)

松崎慊堂宅地跡(渋谷散歩⑦)

 今日は渋谷散歩の続きで、松崎慊堂宅地跡をご案内します。 
 前回ご案内した吸江寺の東に、渋谷区郷土博物館・文学館があります。(下写真)

 渋谷区の歴史・民族に関する展示のほか地下1階には渋谷区にゆかりのある作家の作品・資料などの展示がされています。

松崎慊堂宅地跡 (渋谷散歩⑦)_c0187004_17053941.jpg

 渋谷区郷土博物館・文学館がある場所は、江戸後期の有名な儒学者松崎慊堂(まつざきこうどう)の宅地だった場所です。

松崎慊堂は、熊本の百姓の子に生まれ16歳で江戸に出て、幕府の昌平黌に学びました。32歳のとき掛川藩に招かれ藩政に参画しました。

掛川藩は太田道濯の血を引く太田氏が藩主で、歴代老中など幕府の重職を担ってきた名門でしたが、藩校を新設しようという計画があり、松崎慊堂が招聘されました。掛川藩に仕えながらも、松崎慊堂は、林述斎を補佐して、朝鮮通信使と対応するなど行ない、その評価は大変高かいものでした。

しかし、文化11年(181444歳のときに、息子に跡を譲り隠居し、文化12年から、下渋谷村羽沢に石経山房(せっけいさんぼう)と名付けられた山荘を営み研究と門弟の教育に尽力し、弘化元年(1844)74歳で没しました。

『渋谷区史』によれば、松崎慊堂が亡くなったあと、その屋敷には、杉田玄白の孫杉田成卿が住んでいたこともあるようです。そうしたことは、渋谷郷土博物館・文学館の東側に建てられている渋谷区教育委員会の説明板にも書かれています。(下写真)

松崎慊堂宅地跡 (渋谷散歩⑦)_c0187004_17053282.jpg

松崎慊堂は、江戸時代後期の大学者として、知る人ぞ知る大学者です。

 その大学者としての松崎慊堂の名声を一層高めているのが、蛮社の獄(渡辺崋山・高野長英ら蘭学者に対する弾圧事件。蛮社とは蛮学社中の略)で逮捕された渡辺崋山の救援のために必死に奔走したことです。

そこで、松崎慊堂と渡辺崋山との関係についても触れてみたいと思います。

〔渡辺崋山救出に尽力した松崎慊堂〕

  渡辺崋山は、田原藩三宅家の海防掛も兼ねた家老でした。当時、海防問題は各藩とも大きな問題であり、特に田原藩は海に接した部分が長く、無視できませんでした。そのため、海防掛を拝命していた渡辺崋山は蘭学に興味を覚えたと言われています。

 渡辺崋山自身は蘭学の知識がなかったため蘭学の知識が深かった高野長英・小関三英らと交わるようになり、渡辺崋山はその蘭学グループのリーダーと目されるようになります。

 これに対して、当時目付であった鳥居耀蔵(のちに南町奉行となり鳥居甲斐守耀蔵と名のったことから「ようかい」とあだ名される)の策略により、政治批判と無人島渡航計画等の嫌疑で、天保10年(1839514日に逮捕されました。

 渡辺崋山逮捕の報に、崋山の知人は大変驚き、救援に尽力する人がいる一方で、崋山から遠ざかっていく人もいました。そうした中で、松崎慊堂は、高齢であるにもかかわらず、すぐに崋山救出に乗り出し、松崎慊堂の友人で渡辺崋山の師でもある佐藤一斎や事件の当事者ともいえる鳥居耀蔵訪ねています。しかし、鳥居耀蔵は告発の張本人ですので、当然良い返事をするはずもなく、佐藤一斎も積極的には動いた形跡はありません。

そうした状況の中で渡辺崋山に対して重罪が下される怖れがあると考えた松崎慊堂は、ついに時の最高実力者である老中水野忠邦に寛大な処置を嘆願した意見書を提出しました。

水野忠邦はこの意見書を熟読したといわれています。

一時は死罪も噂された渡辺崋山に対して出された判決は国許蟄居で、一命を取り留めることができました。渡辺崋山が死をまぬがれたのは、渡辺崋山を心配する人たちの救援活動の結果でしたが、その中心にいたのが松崎慊堂です。

渡辺崋山も松崎慊堂の尽力を知っており、赦免後松崎慊堂にあてた手紙にあわせて白羽二重と秩父絹を贈って深く感謝しています。

こうして助命された渡辺崋山は、地元田原に蟄居していましたが、天保12年(1841)、藩主に迷惑がかかることを怖れ自害しています。
 

赤印が渋谷区郷土博物館・文学館です。 
青印が吸江寺です。







by wheatbaku | 2019-02-20 16:56 | ~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事