人気ブログランキング |
『シュリーマン旅行記』も頻出問題(江戸検お得情報4)

『シュリーマン旅行記』も頻出問題(江戸検お得情報4

 今日の江戸検お得情報は『シュリーマン旅行記』について書いていきます。

 この旅行記を書いたシュリーマンはドイツの考古学者で、トロイアの遺跡を発見したことで有名ですが、このことを高校の世界史で学んだ人もいると思います。

シュリーマンは、ドイツの貧しい牧師の家に生まれ、刻苦奮励して大商人として財をなしましたが、41歳で商売をやめ、43才になった1865年に世界旅行に出かけ、インド洋から香港に入り、上海、北京を訪れた後、日本にやってきました。日本には、慶応元年6月1日から7月4日まで約1か月間滞在し、横浜・江戸のほか八王子も訪ねています。

旅行の後、パリでこの旅行の紀行文「シナと日本」を出版しました。この旅行記が日本語に翻訳されています。それが『シュリーマン旅行記 清国・日本』(講談社学術文庫)です。(下写真)

『シュリーマン旅行記』も頻出問題(江戸検お得情報4)_c0187004_15030322.jpg
 江戸検1級の問題として、この『シュリーマン旅行記 清国・日本』から過去に4問出題されています。すなわち、第5回の男女混浴、第6回の浅草の大道芸、第8回の王子で食べたアスパラガスによく似た食べ物、第14回の東海道を進むある人物の行列の4問です。(問題の詳細は、後段に書いておきます。)

『シュリーマン旅行記 清国・日本』は、第1章から第3章までが中国に関して書かれていて、第4章江戸上陸、第5章八王子、第6章江戸、第7章日本文明論となっていて、第8章太平洋で完結しています。

半分以上が日本について割かれていますが、この中には、幕末の日本の様子が生き生きと、そして非常に好意的に描かれています。
 あの有名なシュリーマンが日本を訪れていたことに驚きましたが、さらに幕末の日本を好意的に取られていることにも感激しました。

『シュリーマン旅行記 清国・日本』から、1級問題としてしばしば出題されていますので、今年ぜひ合格したいと願っている人は、この『シュリーマン旅行記 清国・日本』も読んでおいたほうがよいと思います。

また、幕末の日本がわかる興味深い本ですので、江戸検対策としでなく、幕末の江戸を知りたいという人も読んでみるといいと思います。

 最後に『シュリーマン旅行記 清国・日本』から出題された江戸検1級の問題を書いておきます。なお、正解と『シュリーマン旅行記 清国・日本』の該当ページも付記しておきます。

5回 【90】私は、幕末の江戸を訪れて江戸の習俗について多くを書き記し、とりわけ湯屋での男女混浴について「何と清らかな素朴さだろう」と述べるなど、異文化に対する深い理解を示しました。さて、のちに考古学上の大発見をした、私は誰でしよう?

) アーサー・ジョン・エノヾン-

)工ドワード・シルベスター・モース

) トーマス・エドワード・ローレンス

)ハインリッヒ・シュリーマン

正解 に)ハインリッヒ・シュリーマン

男女混浴については、『シュリーマン旅行記 清国・日本』(講談社学術文庫)では88ページに書いてあります。

6回【68】トロイの発掘で知られるシュリーマンは、1865年に日本を訪れています。浅草でさまざまな見世物を見てまわった彼は、ある見世物に感嘆し、欧米で興行すれば称賛の嵐を巻き起こすだろうと記しました。それはどんな芸でしよう?

)居合抜き  ろ)軽業   )独楽回し    )手妻

正解 は)独楽回し 

『シュリーマン旅行記 清国・日本』(講談社学術文庫)では141142ページに書いてあります。

8回【37】トロイの発掘で知られるシュリーマンは、慶応元年( 1865 )に日本を訪問しました。江戸近郊の王子を訪ねた彼は、有名な茶屋で日本料理を食べたことを記しています。そのなかで、「アスパラガスに似ている」と書いている食べ物は、何でしよう?

)独活(うど)    )(たけのこ)

)土筆(つくし)   )(ふき)

正解 ろ)(たけのこ)

『シュリーマン旅行記 清国・日本』(講談社学術文庫)では151ページに書いてあります。

14回【90】慶応元年、のちにトロイア遺跡の発見者となる考古学者シュリーマンが来日しました。到着早々シュリーマンは東海道を進むある人物の行列を目撃し、「堂々とした美しい顔は少し浅黒い」とその容貌を旅行記に記録しています。その人物とは誰でしよう?

)生麦事件直前、品川宿を通過する「島津久光」

)長州再征のため上洛する途中の「14代将軍徳川家茂」

)江戸に向けて進軍する「東征大総督・有栖川宮熾仁親王」

)京都で逮捕され、江戸に護送される途中の「大盗賊日本左衛門」

正解 ろ)長州再征のため上洛する途中の「14代将軍徳川家茂」 

『シュリーマン旅行記 清国・日本』(講談社学術文庫)では98ページに書いてあります。




by wheatbaku | 2020-03-26 14:40 | 江戸検お得情報

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事