人気ブログランキング | 話題のタグを見る
篤二、血洗島で謹慎する(「青天を衝け」210)

篤二、血洗島で謹慎する(「青天を衝け」210

 渋沢篤二は、明治251211日に血洗島の叔母ていの夫渋沢市郎に伴われて血洗島に向かいました。

 この日は、栄一が暴漢に襲われるという事件が出来しましたが、おそらく篤二たちが出発した後のことでしょうから、篤二たちは、事件を知ったのは後日のことでしょう。しかし、歌子にとっては「一難去ってまた一難」ということでしょうか。そのためか、「穂積歌子日記」は、明治251220日をもって中断されているそうです。

 日記の記述がないため、篤二が血洗島でどう過ごしていたかについて明確に記録されたものはないようです。

 しかし、血洗島に着いて、中の家(なかんち)で暮らすことになった篤二は、おそらく多忙で子供の面倒を見る暇のない父栄一、篤二の教育を任せられた責任感から厳しく指導する歌子・陳重夫妻から解放されてホッとした気持ちもあったことだろうと思います。

 さらに叔母ていは「青天を衝け」で藤野涼子が演じるようにざっくばらんな性格だったようで、そのていによって大いに気持ちも穏やかなものになったことと思います。

 しかし、そうした篤二のホッとした穏やかな生活も長く続きませんでした。

 深谷駅は、明治16年に開業しているので、明治25年には、上野から深谷に行くには一日で着いたと思いますので、1211日に東京を発った篤二たちは、その日のうちに血洗島に到着したと思います。

篤二到着から10日後の1221日に、中の家(なかんち)が火事で燃えてしまいました。

 「徳川慶喜最後の寵臣 渋沢栄一 そしてその一族」(渋沢華子著)によれば、渋沢市郎は、明治20年に中の家(なかんち)を建て替えました。これは、藍玉生産から養蚕に主力に移すため、2階全てを蚕室にするためだったようです。

 この渋沢市郎が新築した中の家(なかんち)が1221日に焼失してしまいました。原因は、蚕室からの出火だったと書いてあります。

 そして、「そのころの歌子の日記がないから詳しい事情が解らないが、篤二は、翌261月に帰京している」(「徳川慶喜最後の寵臣 渋沢栄一 そしてその一族」より)ので、中の家(なかんち)に留まっていたのは、せいぜい1か月あまりということになります。

 このことは篤二にとっても重大な事でした。

「渋沢家三代」(佐野眞一著)では次のように書かれています。

「『中ノ家』が焼失したことは、そこでの生活がはじまったばかりの篤二にとっても決定的な出来事だった。血洗島で長期静養し浩然の気をとり戻すはずだったのが、『中ノ家』の焼失により、再び東京の監視生活に戻らなければならなくなったからである。篤二は翌明26 (1891)1月に帰京し、15歳のときから暮らしてきた牛込の穂積邸に戻った。」

 こうして東京に戻った篤二は、「青天を衝け」で描かれていたように、2年後の明治284月に、橋本実梁(さねやな)の娘敦子と結婚しました。敦子の父橋本実梁(さねやな)は、戊辰戦争の時、有栖川宮東征大総督に従い、東海道鎮撫総督に任ぜられました。江戸城開城の際には、真っ先に入城しました。

 橋本家の屋敷と穂積家は、道を一本隔てた筋向いにあり、日頃からお付き合いがあったことが、二人の結婚のきっかけだったようです。

※橋本家の屋敷は、参謀本部陸軍部測量局が作成した「五千分一東京図測量原図」の「牛込区神楽町近傍」の中の市ヶ谷砂土原町三丁目にはっきりと記載されています。ただし、この地図は明治17年頃の地図ですので、穂積家は確認できません。

 結婚した篤二は、栄一が兜町に移ったあとの深川福住町の屋敷で新家庭を始めました。

 

ところで、明治2512月に焼失した中の家(なかんち)ですが、渋沢市郎・てい夫妻は、その悲劇にもめげず、中の家(なかんち)の再建に取り組み、明治28年には、新しい中の家(なかんち)を新築しています。その建物が、現在に残る中の家(なかんち)です。(下写真)

 

篤二、血洗島で謹慎する(「青天を衝け」210)_c0187004_16004885.jpg

 


by wheatbaku | 2021-12-07 14:30 | 大河ドラマ「青天を衝け」

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事