人気ブログランキング | 話題のタグを見る
大内くに、渋沢家を去る(「青天を衝け」212)

大内くに、渋沢家を去る(「青天を衝け」212

 「青天を衝け」第38回で、大内くにが渋沢邸を去っていく場面がありました。

 大内くには、既に皆様御存知の通り、栄一の妾です。大内くにについて書いたものを探しましたが、それはあまりありませんでした。その中で、「穂積歌子日記 1890-1906―明治一法学者の周辺」(以下「穂積歌子日記」と略称します。下写真)の中で、編者の穂積重行がかなり詳しく書いていますので、それに基づいて書いてみます。

大内くに、渋沢家を去る(「青天を衝け」212)_c0187004_17330631.jpg

 まず、大内くにの出自について書いてみます。

 穂積重行によると、「大内くには、京都付近に生れて、宮中女官の下女中にあたる女嬬(にょじょ)となり、主人は最高級の女官である高倉寿子(高倉典侍、後に正式の女房名としては「新樹典侍」)であった」ことだけがわかっているそうです。

高倉寿子は、明治天皇の皇后一条美子(のちの昭憲皇太后)の輔導役として皇后の生家一条家から官中に入り、のちに女官長となり、大正3年の皇后崩御まで仕えた女性です。女嬬(にょじょ)とは、宮中に仕えた下級の女官で、御所内の掃除、灯油のことなどをつかさどりました。

くには明治元年には16歳であったそうです。

明治2年に明治天皇・皇后が東京に住むことになり、高倉寿子も東京に移っていますので、大内くにも高倉寿子とともに東京に移っていたことになります。

「青天を衝け」では、栄一は、明治4年に大阪で大内くにと知り合った設定とになっていて、穂積重行の説とは少し違うような気がしますが、どちらが正しいかは不明です。

大内くには、栄一との間に、明治4年に「ふみ」、明治6年に「てる」の二人の娘を授かっています。

 この二人は、それぞれ、栄一の甥に嫁いでいます。すなわち、「ふみ」は「青天を衝け」でも紹介されていたように尾高惇忠の次男尾高次郎に嫁いでいます。尾高次郎は、第一国立銀行に勤め、名古屋,釜山,仁川などの支店長をへて監査役となったあと、東洋生命社長,武州銀行(現埼玉りそな銀行)頭取などもつとめました。なお、「青天を衝け」のテーマ曲の指揮をしている尾高忠明は、尾高次郎の孫です。
 また「てる」は大川平三郎に嫁いでいます。大川平三郎は、尾高千代の姉の子供として生まれ、成長後、王子製紙に入り専務まで進んだ後、王子製紙を退社し、各地の製糸会社の設立・発展につくし「日本の製紙王」と呼ばれました。

 このように二人の娘もいる大内くにがなぜ渋沢家を去ることになったのでしょうか?「青天を衝け」では、大内くにから申し出たように描かれていましたが、「穂積歌子日記」では、栄一の意向だったと次のように書かれています。

「さて問題は『おくにさん』である。芝崎の日記、20126日の項に、『大内女子結納先方持チ越シニ付宅ニテ受取申候』とある。本文で述べた通り、栄一は157月に千代を失い、18年の秋から暮までの間に伊藤かね子と再婚するが、この時かね子はすでに妊娠していた(武之助、192月生)。この時期栄一が公的な将来計画をも含めて身辺整理を行なったことは、兜町邸新築・穂積宅の独立と篤二のこれへの依託・琴子の結婚、これに続く『家法』の制定等からうかがいうるのだが、30代の半ばに達している『くに』の身の振り方もその一つであった。」

 また、「青天を衝け」では、渋沢家を去った大内くにがどうしたかもはっきり描かれていません。しかし、「穂積歌子日記」によれば、織田完之(かんし)という人と再婚しています。

織田完之は三河生まれで、幕末には、尊攘派の志士として活動し、明治になって新政府に出仕し、内務省・農商務省に勤める官僚でした。織田完之は、妻を亡くしていたため、大内くにとの話が進んだようです。

 穂積重行によると織田完之と大内くにとの結婚はうまくいき、のちに織田完之は穂積家の隣に引越して来て親しくつきあったそうです。

 織田家と穂積家が親しくつきあっていたということとなれば、歌子と「くに」も仲良く付き合っていたと思われます。

 現代の私たちから考えると、「くに」は父の妾であり、歌子が仲良く付き合えるのかと不思議に思いますが、それについて、興味深い解説を穂積重行がしていますので、その部分を引用させていだきます。

「歌子としては、敬愛追慕してやまない亡母千代のことを思えば、『くに』に対してなんらかのわだかまりを示したとしても不思議はないはずなのだが、そのような気配はまったく見られない。以下はすべて推測であるが、栄一が彼女を家に入れた時、歌子はまだほんの子供であったし、女中も大勢おり人の出入りも激しい屋敷のことであるから、格別異様な思いもしなかったのかもしれないし、千代も当時における『妻の嗜(たしな)み』としてきわめて寛容な立場をとり、歌子がやや成人してからも、これを『妾』として云々することもなかったのであろう。要するに娘時代の歌子にとって、『子供の時から家にいる人』といった感じが自然に先行していたと思われる。

『くに』もまた持ち前の人のよさと表裏をなす一種の賢明さといおうか、千代の死後も『場合によっては後添に』といったようなことは考えもしなかったようであり、十歳は年下の歌子をむしろ頼りにして、栄一が再婚し歌子が一人前の妻として成長するにつれ、その子分であるかのような気でいたらしい。仕立物が得意なので、裁縫の苦手の歌子はなにかと心安く頼みごとをしているし、いっしょに芝居に行ったり、用事を手伝ってもらったり、時には代理に立てたりしている。」

 歌子と「くに」は、千代が生きている頃から、仲良しだったようですね。

 明治時代の初期には、妾が法的にも公認されていたという事情もありますので、そうした時代背景も影響していたのでしょう。

 大内くにについては、「穂積歌子日記 1890-1906―明治一法学者の周辺」p287291に詳しく書いてありますので、ご興味のある方は、お読みください。




by wheatbaku | 2021-12-09 17:27 | 大河ドラマ「青天を衝け」

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事