人気ブログランキング | 話題のタグを見る
側室「お万」は次男秀康の母(「どうする家康」61)

側室「お万」は次男秀康の母(「どうする家康」61

「どうする家康」第19回では、築山殿の侍女「お万」が懐妊する話がありました。そこで、今日は「お万」について書きます。

 「お万」は、「小督局」とも呼ばれることがあります。また、法名から「長勝院」ともよばれます。ここでは「どうする家康」で呼ばれていた「お万」と表記しておきます。

「お万」は、家康の次男結城秀康の母です。『徳川諸家系譜』に収録されている『幕府祚胤伝(そいんでん)』によれば、「お万」は、三河国池鯉鮒明神の宮司永見志摩守吉英の娘とされています。天正14年(※原文では天正14年となっているが、これはおそらく間違いで、正しくは天正元年のことと思われます。)、築山殿の御供で浜松城で奥勤していたところ、懐妊したため、別居し「小督局」と呼ばれたとされています。慶長12年に結城秀康が亡くなった後、剃髪し「長勝院」と名乗りました。元和5126日、越前北の庄でなくなりました。享年71歳でした。

 『幕府祚胤伝(そいんでん)』は、簡潔に書かれていますが、『玉輿記(ぎょくよき)』には、「お万」が懐妊した時、築山殿は嫉妬深い人だったので「お万」が懐妊したことを知ると裸にして庭の木に縛り付けてしまった。その泣き声を聞いた本多作左衛門重次が、「お万」を助けて、城下に逃し、そこで双子を出産したと次のように書かれています。

「その始め、お万の方懐妊ありしに、奥方築山殿嫉妬深き故、お万の方を赤裸になし、庭の樹木にしばりおかれしに、その頃、本多作左衛門重次お留守居在番たり、夜中女の嘆く声聞ゆ、あやしみ尋ね得て、彼女を助け縄を解き、様子を聞き得て、それより浜松の城下富見村(※正しくは宇布見村)において、天正228日出産す。双子にて、御一人は御即死、残る御一人は於義丸殿、後に云う結城家、今越前の祖秀康卿これ也。御幼年の間は、しばらく御対顔なかりしと云う。お万の方、後小督の局と申す。元和5116日御卒去。越前北の庄に於いて、御年72歳、法名長勝院殿、すなわち敦賀顕教寺(※現在は敦賀に顕教寺という寺院はなさそうですが原文の通り記しておきます)に葬り奉る。」 

 ここで、築山殿が嫉妬のため、お万をしばりつけたり、浜松城から追放したという話は、家康の側室たちについて記した書物によく引用されるエピソードです。

 しかし、黒田基樹氏は、その著書「家康の正妻築山殿」の中で、当時、正妻は側室を承認するかどうかの権限を持っていて、築山殿は「お万」を家康の側室とすることを承知しておらず、それにもかかわらず家康の子供を懐妊したため、お万は浜松城内から追放させられたのであり、築山殿が折檻をしたというのは創作されたものだと書いています。

 浜松城を追放された「お万」は、本多重次の手配により、浜松近郊の宇布見村の中村家に滞在し、そこで男子を出産しています。生まれた子供は「於義丸」と名づけられ、天正12年に豊臣秀吉に人質として出され、元服にあたって「秀康」と名乗りました。その後、下総国の結城家の養子となり「結城秀康」となりました。そして、のちに松平姓に戻り「松平秀康」と名乗りました。

 秀康は双子として生まれ、弟は早世したとされていますが、実際には、実家の永見家で養育され、永見貞愛(さだちか)と名乗っていましたが、31歳で死去しているようです。また、秀康の出産は、正妻築山殿が承認したものでなかったため、家康も子供として認知することができず、しばらく親子の対面も叶わず、のちにこのことを知った信康の計らいで親子対面が実現したとも言われています。

 なお、秀康が生まれ育った中村家は、現在も建物が存在し、重要文化財に登録されています。浜松市のホームページで紹介されていますので、ご興味のあるかたはリンクした下記ページをご覧ください。

 






by wheatbaku | 2023-05-23 18:48 | 大河ドラマ「どうする家康」

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事