人気ブログランキング | 話題のタグを見る
武田勝頼、三河に侵攻する(「どうする家康」64)

武田勝頼、三河に侵攻する(「どうする家康」64

 武田勝頼は、天正3年(1575412日、武田信玄の三回忌の法要を行った後、三河に侵攻します。この時の三河侵攻の延長線上に大岡弥四郎事件、長篠合戦があります。

 「どうする家康」では、多少触れられていましたが、詳しくは描かれていませんでしたので、今日は、信玄の死去からの勝頼の動きを書いていきます。

 元亀4年(1573412日に信玄が亡くなった後、三年間秘喪の遺言に従って、武田家は、信玄の死を秘匿していました。武田家領内では、信玄はご隠居様と呼ばれて生存していることとされていました。また、同盟先の北条家でも、信玄は生きているものと信じられました。『武田勝頼』(丸島和洋著)によれば、北条氏政が派遣した重臣板部岡江雪斎は、面会した信玄の弟武田逍遙軒信廉を信玄だと信じて「信玄存命」と氏政に報告したといいます。

 しかし、敵対する徳川家、織田家、上杉家では、天正元年(1573)の早い段階で信玄の死去を確信していました。そこで、家康は、天正元年(15737月に長篠城を攻撃します。これに対して、勝頼は、武田信豊・馬場信春ら救援に向かわせますが、その救援部隊が到着する前の98日に長篠城は落城しています。また、8月末には、作手城の奥平貞能・貞昌(信昌)父子が、作手城を脱出し家康の元に奔りました。

 こうした家康の攻勢に対して、勝頼は、天正2年(1574)に入ると反撃に転じます。正月27日には、東美濃の岩村城に入り、明知城を包囲し2月に攻略しています。その後、4月後半に遠江に侵攻し、512日には徳川方の重要拠点であった高天神城を包囲します。高天神城は、信玄が三方ヶ原合戦の前に攻め落としていましたが、その後、徳川方となっていました。高天神城城主小笠原氏助は30日以上勝頼の猛攻に抗っていましたが、617日、氏助は降伏しました。

 明知城や高天神城を攻略した勝頼について、信長は謙信への6月29日付の書状のなかで「(勝頼は)若輩であるが信玄の掟を守り謀略を用いるだろうから油断ならない」と高く評価しています。

 高天神城の陥落は、徳川家にとって痛手であり、家康も信長同様に「勝頼は侮り難い敵だ」と認識したことだろうと思います。 

 天正3年(1575)になると、勝頼の動きは、一層活発になります。3月下旬には、三河国武節城を経由して足助城に向けて先鋒部隊を出陣させています。

そして、412日に、信玄の三回忌法要が、甲府躑躅ヶ岬館で長禅寺高山玄寿を導師、恵林寺快川紹喜を副導師として営まれました。これにより、信玄の遺言の三年間秘喪も解けたことになり、対外戦争も許されることになり、武田軍は、三河に本格的に侵攻することとなります。

 三回忌の法要以前に足助城に向かっていた先鋒衆は、415日に足助城を包囲し、19日に降伏させました。なお、『武田勝頼』(丸島和洋著)によれば、足助城の攻略には、勝頼はもちろん山県昌景も参陣していなかったそうです。勝頼は、412日に甲府で行われた信玄の三回忌法要に参列していたとすれば、15日に足助城にいることは不可能ですので、足助城落城の際に足助にいなかったということは妥当だと思われます。

 勝頼がいつ甲府を出陣したかは不明ですが三回忌法要の数日後に甲府を出発し、信州を経由し遠江に出て、浜松城にいる家康を牽制し、平山(浜松市三ケ日)を越えて、4月下旬に作手(つくで)で足助城を攻略した先鋒隊と合流したと考えられています。

 先鋒隊と合流した後、勝頼は、野田城を攻略した後、吉田方面に向かい、429日には吉田城近くにある二連木城を攻略しました。岡崎クーデター=大岡弥四郎事件が成功した暁には、作手から岡崎城を狙うという構想だったと思いますが、岡崎クーデター=大岡弥四郎事件がうまくいかなかったので岡崎城攻撃は断念して吉田方面を狙ったのだと思います。

この時、家康は吉田城救援のため浜松から出撃し429日に吉田城に入城しています。吉田城に向かう途中で武田軍からの襲撃が予想されましたが、武田軍の襲撃を受けずに無事吉田城に入城しています。その後、武田軍は、吉田城を攻撃しましたが、簡単には落ちないと判断した勝頼は長篠城包囲のため軍を転進させました。こうして長篠城攻防戦が開始されます。




by wheatbaku | 2023-05-30 17:22 | 大河ドラマ「どうする家康」

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事