人気ブログランキング | 話題のタグを見る
奥平信昌、父貞能とともに武田家から離反(「どうする家康」71)

奥平信昌、父貞能とともに武田家から離反(「どうする家康」71

 長篠合戦の際に、長篠城を死守していた奥平信昌は、武田家から離反したうえで長篠城に入城していました。「どうする家康」の中で、奥平信昌が、武田家には絶対戻れないと言っていました。奥平信昌が、武田家を離反し徳川家康に帰属した経緯を知ると、そういう奥平信昌の心情が理解できると思います。そこで、今日は、奥平信昌が、父貞能(さだよし)とともに武田家を離反し徳川家に帰属した経緯について書いてみます。

まず、奥平氏の歴史について書いてみます。奥平氏の発祥は上野国奥平(現在の群馬県吉井町下奥平)であるとされています。8代貞俊は、南北朝時代の天授年間(13751381)に三河国作手(つくで)に移り、川尻城(新城市作手高里城山)を築いた後、亀山城(新城市作手清岳)を築城して、そこを居城としたとされています。戦国時代に入り、今川家が三河に進出してくるなかで、11代奥平貞勝までは駿河の今川氏の傘下にありました。

 奥平氏は、作手の亀山城を拠点として勢力を拡張し、田峯城の田峯菅沼氏、長篠城の長篠菅沼氏とともに山家三方衆(やまがさんぽうしゅう)と呼ばれました。

 永禄3年(1560)の桶狭間の戦いで今川義元が討たれると、三河統一をめざす徳川家康の攻勢を受け家康に帰属しました。しばらく徳川家の傘下にあった奥平家は、元亀2(1571)、武田家武将秋山信友による三河侵攻を受けました。その際、信昌の父奥平貞能は、引続き徳川家に帰属することを考えていたものの、既に周辺の田峯菅沼氏や長篠菅沼氏が武田方となっていたため、信昌の祖父奥平貞勝や貞昌の弟常勝が武田家に従うよう主張したため、奥平貞能および信昌もやむえず最終的に武田方に帰属することになりました。この際、奥平家は、3人の人質を武田方に出しています。※『徳川家康と武田氏』(本多隆成著)や『徳川家康と武田信玄』(平山優著)によると武田信玄が奥平家を帰属させたのは元亀3年としています。

元亀4(1573)武田信玄が亡くなり、徳川家康は、三河領内の武田方諸城に対する働きかけを強めていましたが、奥平貞能・信昌に対しては、家康の長女亀姫を信昌へ輿入れさせることや領地加増などを条件として徳川家に帰参するよう秘密裏に交渉しました。

 こうしたことから、奥平貞能は徳川家への内通を疑われ、武田方から尋問されましたが、なんとか武田方の疑いを晴らして亀山城に戻ることができました。

 状況は急を要することを認識した奥平貞能・信昌父子は、作手の亀山城を退散し徳川のもとに奔ることを決意し一族郎党とともに退去し滝山城(岡崎市宮崎町)に移りました。一方、武田派の奥平貞勝・常勝は亀山城に残りました。

 奥平貞能・信昌が出奔したのに気付いた武田軍は滝山城を攻撃しましたが、奥平軍の反撃を受け攻略することができませんでした。さらに、徳川家の援軍がやってきたため、武田軍は引き払いました。

 その後、奥平信昌は、家康から長篠城の城主となるよう命じられました。そこで、奥平貞能より約300人の軍勢を譲りうけ、長篠城に入りました。一方、父奥平貞能は、残り100人ほどの軍勢を率いて家康の旗本として戦うことなりました。

 こうした経緯があるため、武田軍は奥平信昌が守る長篠城を徹底的に攻める一方、奥平信昌も、武田家に降伏するという選択肢はありえず、頑強に抗戦したのでした。

 奥平家では、武田家に人質として信昌の妻や弟など三人を差し出していましたが、貞能・信昌の離反により、この三人は殺害されました。

 家康の娘亀姫が奥平信昌の妻となりますが、奥平信昌自身にとっては妻を殺害されるという災禍があったうえでの結婚だったわけです。このことについては、次回、説明したいと思います。





by wheatbaku | 2023-06-07 19:50 | 大河ドラマ「どうする家康」

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事