人気ブログランキング | 話題のタグを見る
喜多院にある松平大和守家廟所〈喜多院⑥〉(徳川家康ゆかりの地69)

喜多院にある松平大和守家廟所〈喜多院⑥〉(徳川家康ゆかりの地69

 徳川家康ゆかりの地として紹介している喜多院には、江戸時代中期から後期にかけての約100年間川越藩主であった松平大和守家の廟所(墓所)があります。そこで、今日は喜多院の松平大和守家廟所をご案内します。

 松平大和守家廟所は、喜多院の本堂(慈恵堂)の裏手(西側)にあります。ここに明和4年(1767)から慶応3年(1867)まで川越藩主であった松平大和守家歴代藩主のお墓があります。下写真が松平大和守家廟所の全景です。

喜多院にある松平大和守家廟所〈喜多院⑥〉(徳川家康ゆかりの地69)_c0187004_20593847.jpg
 松平大和守家は、徳川家康の次男結城秀康の子直基を藩祖とする徳川家一族の大名です。歴代当主が大和守を名乗ったため松平大和守家と呼ばれています。

松平大和守家は別名「引越し大名」と呼ばれる程、転封を繰り返しました。まず初代直基は、当初は、 越前勝山に封じられましたが、その後越前大野、出羽山形、姫路と加増されながら3回転封を重ねました。さらにその長男で2代目の直矩(なおのり)が幼少で家督を嗣ぐと姫路はまかせられないということで越後村上に移され、成人後に再び姫路へ転封となりました。しかし、越後騒動に巻き込まれ、豊後日田へ転封となり、その後、さらに出羽山形、陸奥白河へ5回の転封を重ね、親子二代で8回も転封することとなりました。しかも近場への転封ではなく、初代直基は越前大野から出羽山形⇒姫路と、かなりの移動を伴う転封でした。2代目に至っては姫路から越後村上、越後村上から姫路、姫路から九州日田と、これまた長距離移動を伴う転封で、九州日田から出羽山形へという日本列島を縦断するような転封も経験しています。これでは、引っ越し費用も多額のものになり、藩財政は相当圧迫されたと思われます。

3代基知(もとちか)の時代には転封は一度もありませんでしたが、4代明矩(あきのり)の時に三度目の姫路転封となりました。しかし、転封直後に明矩(あきのり)が亡くなり、長男朝矩(とものり) は、まだ11歳であったため、またも転封で前橋に移されました。そして、これ以降、松平大和守家は、明治維新まで転封はありませんでした。ようやく「引越し大名」という芳しくない名前は返上できることになりました。ただし、松平大和守家は、当初は、前橋城を居城としていましたが、前橋城が利根川の浸食で危うくなり、明和4年(1767)に川越藩主秋元凉朝(すけとも)が白河に転封となり川越城が空いたため、川越に居城を移しました。それ以降、7代約100年間にわたり、川越藩を治めました。そして、慶応3年(1867)に前橋城を再建し、前橋城に居城を移し、明治維新を迎えました。


喜多院の松平大和守家廟所の入り口には説明板が設置されています。(下写真)

喜多院にある松平大和守家廟所〈喜多院⑥〉(徳川家康ゆかりの地69)_c0187004_20593843.jpg

松平大和守家の川越藩主としては7人の藩主がいますが、そのうち喜多院の松平大和守家廟所に眠るのは、5代朝矩(とものり)、6代直恒(なおつね)、7代直温(なおのぶ)、8代斉典(なりつね)、10代直候(なおよし)の5人の藩主です。

喜多院にある松平大和守家廟所〈喜多院⑥〉(徳川家康ゆかりの地69)_c0187004_20593897.jpg


その説明板によれば石門(上写真)を入った正面の玉垣内に4基、石門脇に1基あります。(下写真参照) 正面右(東側)から5代朝矩(とものり)、6代直恒(なおつね)、7代直温(なおのぶ)、8代斉典(なりつね)の順に並んでいて、石門脇が10代直候(なおよし)の廟所です。

喜多院にある松平大和守家廟所〈喜多院⑥〉(徳川家康ゆかりの地69)_c0187004_20593890.jpg

下写真は、石門正面に並ぶ4代の廟所です。

喜多院にある松平大和守家廟所〈喜多院⑥〉(徳川家康ゆかりの地69)_c0187004_20593958.jpg

201737日の産経新聞の記事によれば、5代朝矩(とものり)の廟所が最初に独立して建てられた後、6代直恒(なおつね)、7代直温(なおのぶ)、8代斉典(なりつね)まで順に西側に増築され、8代斉典(なりつね)の西は堀になるため、10代直候(なおよし)の廟所は4基の向かい側に建てられたとみられるということです。下写真が石門脇にある10代直候(なおよし)の廟所です。

喜多院にある松平大和守家廟所〈喜多院⑥〉(徳川家康ゆかりの地69)_c0187004_21075967.jpg





by wheatbaku | 2024-04-15 22:00 | 徳川家康ゆかりの地

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事