人気ブログランキング | 話題のタグを見る
喜多院には日本三大五百羅漢の一つに数えられる五百羅漢があります〈喜多院⑦〉(徳川家康ゆかりの地70)

喜多院には日本三大五百羅漢の一つに数えられる五百羅漢があります。〈喜多院⑦〉(徳川家康ゆかりの地70)

 徳川家康ゆかりのお寺として紹介している川越の喜多院には日本三大羅漢の一つに数えられる五百羅漢があります。そこで、今日は喜多院の五百羅漢をご案内します。

 日本三大羅漢とは、インターネットで検索すると候補として徳蔵寺(栃木県足利市)、喜多院(埼玉県川越市)、建長寺(神奈川県鎌倉市)、そして羅漢寺(大分県中津市本耶馬渓町)の四つの寺院が挙げられています。そのうちのどれが三大五百羅漢とするかについては定説はないようです。

喜多院の五百羅漢は、山門から入った右手(北側)の石塀の中にあります。下写真が五百羅漢の正面です。

喜多院には日本三大五百羅漢の一つに数えられる五百羅漢があります〈喜多院⑦〉(徳川家康ゆかりの地70)_c0187004_14041208.jpg

この一画への入り口は、境内のおみやげ店の東端にあります。お土産店で拝観料を支払って入場します。拝観料は400円です。

入口から入ると目に飛び込んでくる五百羅漢群に圧倒されます。それもそのはず、五百羅漢の名前の通り羅漢像は全体で533体あるとのことです。さらに中央高座には釈迦如来、脇侍の文殊・普腎の両菩薩が安置されていて、左手の高座には阿弥陀如来、右手の高座には地蔵菩薩が安置してあります。全部で538体の石像が鎮座していますので圧倒されるはずです。下写真中央が阿弥陀如来です。

喜多院には日本三大五百羅漢の一つに数えられる五百羅漢があります〈喜多院⑦〉(徳川家康ゆかりの地70)_c0187004_14041299.jpg

羅漢は、阿羅漢の略称で「尊敬を受けるに値する者」の意で、仏教において、究極の悟りを得て、尊敬し供養される人をいいます。五百羅漢とは500人の羅漢ということです。

喜多院の五百羅漢は、天明2年(1782)に武蔵国北田島村(現川越市北田島)の志誠(しじょう:内田善右衛門)という人物の発願で建立が始まりました。そして、志誠(しじょう)の死後は、喜多院の僧侶や近隣の人たちがその遺志を引き継いで文政8年(1825)に完成したとされています。五百羅漢は、表情がさまざまで、同じものはないと言われています。(下写真)

喜多院には日本三大五百羅漢の一つに数えられる五百羅漢があります〈喜多院⑦〉(徳川家康ゆかりの地70)_c0187004_14041178.jpg







by wheatbaku | 2024-04-23 15:00 | 徳川家康ゆかりの地

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事