人気ブログランキング | 話題のタグを見る
「銀座発祥の地」碑は銀座役所のあった場所に建っている(銀座②)

「銀座発祥の地」碑は銀座役所のあった場所に建っている(銀座②)

 銀座が駿府から江戸に移転してきたのは慶長17年(1612)で、『近世銀座の研究』(田谷博吉著)など銀座に触れた本にしばしば引用されている『銀座書留』には、「慶長17年、江戸において銀座を設置する旨が仰せ付けられ、通町京橋より南に四町を拝領し、銀座役所や銀座人の屋敷、さらに常是吹所が四町のなかの三町にあり、四町のうち一町は銀座に関係する両替商買人に与えた。」と書いてあります。(*『銀座書留』の原文は漢文ですが、私なりに現代語訳しました。)

 ここに書かれているように江戸時代の新両替町1丁目から4丁目(現在の中央通りに面する銀座1丁目から4丁目にあたる)には、銀座人(後述)や銀座両替商買人(銀座両替商買人は、銀座の支配下にあって、諸国灰吹銀の買集めに従事した商人達をいう)などの銀座に関わる町人の屋敷が建ち並び、「銀座役所」や「常是吹所(銀貨鋳造所)」も建てられていました。

 「銀座発祥の地」碑には、江戸時代に銀座役所があった場所に碑を建てたと書いてありますので、ここに銀座役所があったようです。

 この銀座役所とは、『近世銀座の研究』(田谷博吉著)に記載されている『慶長17年銀座四町絵図』によれば、新両替町2丁目東側にあり、間口が10間あったことが確認できます。

 現在はティファニー銀座本店が入居しているティファニー銀座ビル一帯に銀座役所があったことになります。(下写真)「銀座発祥の地」碑は、このティファニー銀座ビルの前に設置されています。

「銀座発祥の地」碑は銀座役所のあった場所に建っている(銀座②)_c0187004_17074857.jpg

ところで銀座役所とは、『図解日本の貨幣Ⅲ 近世幣制の展開』によると「銀座役所は銀座会所ともいい、銀座人が詰めて事業の運営にあたった事業所である。」ようです。また、『近世銀座の研究』には「銀座役所あるいは銀座会所は、銀座人が会同し、公儀御用のことを取り扱ったところである。」とも書いてあります。

 銀座は、銀貨を鋳造していたことから幕府直属の組織と思われがちですが、銀座自体は、町人が運営していた組織でした。『近世銀座の研究』にも、「銀座は、官営の鋳造所ではなく、銀座として特許された町人の一団によって組織されていた」と書かれています。

銀座を組織していた町人は銀座人と呼ばれ、頭役、勘定役、平役などの職階にわかれ、慶長17年(1612)には51人いました。

この中で、銀座の経営にあたったのは頭役とよばれた人たちで、時代により、その人数は変わりますが、当初の頭役は10人いました。


 「慶長17年銀座四町絵図」によると、銀座役所の南隣りにあたる新両替町2丁目東側の南角に大黒長左衛門の屋敷があります。これが『銀座書留』に「常是役所」と呼ばれている屋敷で間ロ15間となっています。

 この場所は、現在はBVLGARI(ブルガリ)が入居している第一三共銀座ビルがある一帯になります。

「銀座発祥の地」碑は銀座役所のあった場所に建っている(銀座②)_c0187004_17074828.jpg

 大黒長左衛門は、伏見銀座の開設に際して徳川家康からとくに銀吹人として吹所(鋳造所)を任せられた大黒常是湯浅作兵衛)の次男です。長男の作右衛門は京都銀座の吹所を任せられ、次男の長左衛門は駿府の銀吹所を任せられ、駿府の銀座が江戸に移転したのに伴い、江戸の銀座で銀貨の鋳造や包銀(つつみぎん)を担当していました。そのため、大黒長左衛門の屋敷には吹所(鋳造所)と包所(銀貨を包銀に包装する部門)もありました。

 包銀とは、銀座で一定量の銀貨を紙包みにしたもので、包銀は開封することなくそのままの状態で譲渡されました。この金貨や銀貨を紙で包んで使用する方法は中世に砂金を布袋や紙に包んで受け渡したことに由来しているようです。(『日本史小百科 貨幣』p90より)





by wheatbaku | 2024-05-08 20:20

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事