人気ブログランキング | 話題のタグを見る
本丸御殿の対面所では徳川義直の婚儀が行われた(名古屋城本丸御殿➂)

本丸御殿の対面所では徳川義直の婚儀が行われた(名古屋城本丸御殿➂)

名古屋城本丸御殿のご案内の3回目は「対面所」です。「対面所」は藩主が身内や家臣との私的な対面や宴席のために利用された建物です。

対面所は、上段之間、次之間、納戸、納戸二之間の四部屋からなっています。それぞれの部屋の広さは上段之間が18畳、次之間が18畳、納戸一之間が24畳、納戸二之間が24畳あり、合計で84畳あります。

下写真が対面所の各部屋の配置図ですが、見学順路は、納戸二之間⇒次之間⇒上段之間⇒鷺之廊下となっていて、納戸一之間は納戸二之間から遠くに見るようになっています。

本丸御殿の対面所では徳川義直の婚儀が行われた(名古屋城本丸御殿➂)_c0187004_20363052.jpg

 見学順路の最初に見ることができるのが納戸二之間です。納戸は、現代の住宅では、あまり使わない物を収納しておくための部屋つまり物置を納戸と呼んでいますが、江戸時代には、対面のために上段之間に出る前の控えの間でした。藩主が控えていた部屋が納戸一之間で、身内や親しい家臣が控える部屋を納戸二之間でした。

 下写真は納戸二之間から撮った写真ですが、手前側が二之間です。奥に見える部屋が一之間です。描かれているのは「山水花鳥図」です。

本丸御殿の対面所では徳川義直の婚儀が行われた(名古屋城本丸御殿➂)_c0187004_20370896.jpg

 次之間には風景が描かれていますが、その風景は藩主徳川義直の正室春姫の故郷である和歌山の風景です。

 尾張藩主徳川義直は、和歌山藩前藩主浅野幸長の次女春姫を正室に迎えましたが、慶長20年(1615412日に、二人の婚儀が本丸御殿の対面所で催されました。

 ところで、和歌山藩というと紀州徳川家を思い浮かべる人が多いと思いますが、慶長20年(1615)当時は、浅野長晟(ながあきら)が藩主でした。浅野幸長(よしなが)は、浅野長政の嫡男で、関ケ原の戦いで徳川家康に味方した功績により和歌山に封じられましたが慶長18年に亡くなり、弟の長晟(ながあきら)が跡を継いでいました。元和5年(1619)に福島正則が改易された際に、浅野長晟が広島に移封され、その後に駿府藩主徳川頼宣(家康の十男)が和歌山に移封され、紀州徳川家と呼ばれました。

 慶長20年の5月には大坂夏の陣が起こり、豊臣家は滅亡しますが、『駿府記』によれば、徳川家康は4月10日は名古屋に到着しています。そして、徳川家康は、二人の婚儀の後も駿府に戻らず、15日に名古屋を出発し京都に向かいました。なお、二人の婚儀には豊臣秀頼から刀や小袖が贈られ、その際の書状が徳川美術館に残されています。

 現在、名古屋市では、この義直と春姫の婚儀にちなんで、春に「尾張徳川春姫まつり」が開催されています。

 下写真が次之間です。正面に船が描かれていますが、これは和歌山の名勝和歌の浦を描いたものだそうです。なお、写真の左手が一之間です。

本丸御殿の対面所では徳川義直の婚儀が行われた(名古屋城本丸御殿➂)_c0187004_20375381.jpg

 上段之間には床の間、違い棚、帳台構(ちょうだいがまえ)がある書院造りの部屋となっています。上段之間に描かれている絵は京都の風景とのことで、床の間に描かれているのは京都の愛宕山とのことです。

 下写真の右手が床の間、その奥に違い棚、正面が帳台構です。

本丸御殿の対面所では徳川義直の婚儀が行われた(名古屋城本丸御殿➂)_c0187004_20383116.jpg

 下写真が違い棚です。

本丸御殿の対面所では徳川義直の婚儀が行われた(名古屋城本丸御殿➂)_c0187004_20390217.jpg

 下写真が帳台構の写真です。描かれているのは『加茂競馬(かものくらべうま)』とのことです。帳台構の裏側が納戸一之間となっています。

本丸御殿の対面所では徳川義直の婚儀が行われた(名古屋城本丸御殿➂)_c0187004_20393618.jpg

 対面所を見終わると鷺之廊下(さぎのろうか)となります。鷺之廊下(さぎのろうか)は、対面所と上洛殿を結ぶ廊下で、寛永11年(1634)に上洛殿とともに増築されました。下写真が鷺之廊下ですが、鷺之廊下という名前の通り、廊下の壁には鷺の絵が描かれています。

本丸御殿の対面所では徳川義直の婚儀が行われた(名古屋城本丸御殿➂)_c0187004_20395923.jpg

by wheatbaku | 2024-06-22 22:07 | 城下町

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事