人気ブログランキング | 話題のタグを見る
名古屋城本丸御殿は様々な格式の天井を見ることができる(名古屋城本丸御殿⑤)

名古屋城本丸御殿は様々な格式の天井を見ることができる(名古屋城本丸御殿⑤)

名古屋城本丸御殿は、主に表書院、対面所、上洛殿で構成されていますが、それぞれの部屋に格式があります。それが明確にわかるのが天井です。名古屋城本丸御殿では、さまざまな格式の天井を一堂に見ることができて、天井の博物館といっていいほどです。ぜひ、各部屋では天井を見上げてみてください。

天井の様式には、大きくわけて「竿縁天井(さおぶちてんじょう)」と「格天井(ごうてんじょう)」がありますので、まず、その違いを説明します。

「竿縁天井(さおぶちてんじょう)」

竿という細い横木を30センチから60センチ間隔で渡し、その上に天井板を乗せる日本建築の様式で、現在でも住宅で広く使われている方法です。名古屋城本丸御殿では、玄関や大廊下で使用されています。(下写真は玄関の二之間の天井です。)

名古屋城本丸御殿は様々な格式の天井を見ることができる(名古屋城本丸御殿⑤)_c0187004_13285094.jpg

「格天井(ごうてんじょう)」

格天井(ごうてんじょう)とは、木を45㎝~90㎝程度の升目に組んでそれに板が張られた天井のことを言います。竿縁天井(さおぶちてんじょう)りも格が重んじられる部屋に用いられます。

升目を作る部材のことを格縁(ごうぶち)と呼び、中に張られる板のことを鏡板(かがみいた)と言います。

格天井には、様々な種類があります。

格天井は格縁と呼ばれる太い格子を組んだものをいい、格縁の間にさらに小さい格子を組み入れたものは「小組格天井(こぐみごうてんじょう)」と呼ばれます。

天井の中央部分を周辺よりも高く仕上げたものは「折上(おりあげ)格天井」と呼ばれ、さらにもう一段上げたものは「二重折上(おりあげ)格天井」と呼ばれます。

さらに格が上がると、格縁に漆を塗ったり、金具をつけたりするなどの細工が追加されていきます。 名古屋城本丸御殿で一番格が高いとされる上洛殿の上段之間は、二重折上のうえ、漆、天井板絵、さらに蒔絵で仕上げられていて、工芸品のような天井となっています。


名古屋城本丸御殿では、様々な「格天井(ごうてんじょう)」が見られますので順に紹介します。

「小組格天井(こぐみごうてんじょう)」

格縁の間にさらに小さい格子を組み入れたものが「小組格天井(こぐみこうてんじょう)」と呼ばれます。名古屋城本丸御殿では表書院の一之間が小組格天井になっています。(下写真)

名古屋城本丸御殿は様々な格式の天井を見ることができる(名古屋城本丸御殿⑤)_c0187004_13290364.jpg

「折上(おりあげ)小組格天井」

「折上(おりあげ)天井」とは、天井の中央を上方へ凹ませた様式で、「折上(おりあげ)小組格天井」は、小組格天井の中央を天井回り縁よりも高く、丸形に湾曲させて仕上げたもので、名古屋城本丸御殿では表書院の上段之間が折上げ小組格天井になっています。表書院上段之間の天井写真は取り忘れましたので下写真は名古屋城本丸御殿から借用しました。

名古屋城本丸御殿は様々な格式の天井を見ることができる(名古屋城本丸御殿⑤)_c0187004_13290490.jpg

「黒漆塗折上小組格天井」

黒漆塗折上小組格天井は、天井の縁が高く丸形に湾曲させた折上小組格天井に漆塗りを施したものです。名古屋城本丸御殿では対面所の次の間が黒漆折上げ小組格天井になっています。(下写真)

名古屋城本丸御殿は様々な格式の天井を見ることができる(名古屋城本丸御殿⑤)_c0187004_13311381.jpg

「黒漆塗二重折上小組格天井」

小組格天井の折上部分が二段高く仕上げられ、漆塗りが施された天井で、名古屋城本丸御殿では対面所の上段之間が黒漆折上小組格天井になっています。(下写真)

名古屋城本丸御殿は様々な格式の天井を見ることができる(名古屋城本丸御殿⑤)_c0187004_13313260.jpg

私が撮った上段之間の写真では二重折上になっていることがわかりにくいかもしれませんので名古屋城本丸御殿から借用した写真をアップしておきます。

名古屋城本丸御殿は様々な格式の天井を見ることができる(名古屋城本丸御殿⑤)_c0187004_13322390.jpg

対面所の上段之間と次之間は隣どうしで、天井を比較すると折上天井と二重折上天井との違いがよくわかりますので、現地に行ったら確認してみて下さい。


「黒漆塗金具付格天井」

黒漆塗金具付格天井は、格天井に黒漆を塗った上に飾金具がついている天井です。名古屋城本丸御殿では上洛殿三之間が黒漆塗金具付格天井になっていて、格子のひとつひとつに天板絵が嵌められています。(下写真)

名古屋城本丸御殿は様々な格式の天井を見ることができる(名古屋城本丸御殿⑤)_c0187004_13324024.jpg
「黒漆塗折上金具付格天井」
 下写真は上洛殿の一之間の写真です。この天井の様式の名前は正式には確認できていませんが、上洛殿上段之間と比較すると一重の折上格天井であることと板絵が描かれていない点が異なります。そのため、「漆塗折上格天井」もしくは「漆塗折上金具付格天井」とでもいう洋式なのだろうと私なりに推測しています。
名古屋城本丸御殿は様々な格式の天井を見ることができる(名古屋城本丸御殿⑤)_c0187004_14082167.jpg

「黒漆塗二重折上蒔絵付格天井」

本丸御殿内で一番格式の高い上洛殿の上段之間は、二重折上で漆、天井板絵、さらに蒔絵で仕上げられ工芸品のような天井となっていますが、上洛殿の上段之間の天井が「黒漆塗二重折上蒔絵付格天井」と呼ばれています。

名古屋城本丸御殿は様々な格式の天井を見ることができる(名古屋城本丸御殿⑤)_c0187004_13331069.jpg


 名古屋城本丸御殿のそれぞれの部屋の天井の様式については「本丸御殿音声ガイド」の中で詳しく説明されています。音声ガイドを借りて聞くとよくわかりますのでお勧めです。100円で借りることができます。




by wheatbaku | 2024-07-07 11:00 | 城下町

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事