人気ブログランキング |
2009年 08月 31日 ( 1 )
葛  (秋の七草 3 江戸の花)
 秋の七草の三回目、今回は 「葛」 です。

 葛では、次の学生時代に覚えた釈迢空(しゃくちょうくう)つまり折口信夫の和歌の葛の花が鮮明なものとして今でも印象に残っていて、c0187004_2342935.jpg葛と聞くとすぐに思い浮かびます。

葛の花 踏みしだかれて 色あたらし この山道を行きし人あり 釈迢空

 葛は、万葉の時代から歌に詠まれていますが、ほとんどが葛の葉を詠んだ歌だそうで、葛の花を詠うようになったのは、近代になってからだそうです。万葉集には、葛が20首詠まれているそうですが、葛の花は1首だけで、残りは葛の葉を詠った歌だそうです。

 現在は、葛の花は、秋の深まりを感じさせる花と言われることが多いので、近代以前は、葛の葉を詠う歌が多かったということに意外な感じがしました。 

c0187004_872775.jpg その葛ですが、葉は3つの小葉からなり、幅広く大きい。小葉は裏面に白い毛を密につけるので白く見えます。
 花は、穂状で蝶の形をした紅紫の豆の花を咲かせます。花の後枝豆に似た実をつけます。それもそのはず、葛はマメ科の植物なんです。
 つるは年がたつと太くなり、やや木質化し、地面を這うつるは、節から根を出し、あちこちに根付きます。
 根は非常に深く、太って長芋状となります。その根からデンプンが取れます。

 葛の名前は、かつて大和国の国栖(くず)が葛粉の産地であったことに由来するという説や漢名の葛(かつ)が転訛したという説、コス(粉為)に転訛などの諸説があります。

c0187004_235480.jpg 葛は、根からでる澱粉が、いろいろ利用されています。
 江戸時代の貝原益軒の「菜譜」や大蔵永常の「製葛録」に記されている通り、もともとは救荒食糧としてして認められていました。

 葛の根から取れるデンプンを精製することによって作られるのが葛粉で、葛切りや葛餅などの原料となります。
 葛粉は、葛根を潰してデンプンを取り出し、水にさらす作業を何度も繰り返してアクと不純物を取り除き、最後に塊を自然乾燥させて作ります。

 葛粉を湯で溶かしたものを葛湯と言い、熱を加えて溶かしたものは固まると半透明もしくは透明になることから和菓子等の材料として古くから用いられています。

  c0187004_2315684.jpg くずもち(葛餅) は、葛粉から作られる和菓子ですが、混じり気のない葛粉100%の本葛からつくるくずもちは、西日本中心に作られます。
  しかし、江戸後期に入り、小麦粉を発酵したものから作られた菓子も  くずもち(久寿餅) とよばれるようになりました。
  両者とも同じくずもちと呼ばれるので同じものと思いますが、東日本の小麦粉澱粉を発酵させて作る久寿餅と西日本の本葛から作る葛餅は製法・歴史的経緯含め全く別のものだそうです。

 東日本のくずもち(久寿餅)は小麦粉から精製したデンプンを乳酸菌で発酵させたものであり、独特の風味があります。
 江東区亀戸天神前の船橋屋のくずもち(上の写真)が有名ですが、川崎大師と池上本門寺のくずもちも有名です。

 葛切り(くずきり)は、葛粉を水で溶かしてから加熱し、冷却して板状に固めたものをうどんのように細長く切った麺状の食べ物です。
 冷して蜜をかけて食べたり、乾燥したものを鍋料理の具として用いたりします。

 葛の根を干したものを生薬名葛根(かっこん)と呼ばれます。発汗作用・鎮痛作用があるとされ、漢方剤の葛根湯などの原料になります。
 葛根湯は、カゼのひき始めや、肩こりなどに用いられる漢方薬です。
by wheatbaku | 2009-08-31 06:19 | 江戸の花と木
  

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事