人気ブログランキング |
2009年 11月 29日 ( 1 )
扇屋 (江戸の老舗の味)
  昨日は、江戸検一級2期会の人たちと、王子を散策してきました。その散策の途中で、念願の扇屋で有名な玉子焼きを買うことができました。
 そこで、三十六見附の連載中ですが、今日は 「扇屋」 の紹介をします。

 昨日の王子散策は、上中里駅に集合し、平塚神社から飛鳥山公園、王子神社、王子稲荷、名主の滝公園まで散策してきました。
 ガイドのOさんには大変お世話になりました。Oさんありがとうございました。
 散策の詳しい内容は、月猫さんが書いてくれます。

扇屋 (江戸の老舗の味)_c0187004_0342865.jpg【扇屋】 
  扇屋は慶安元年(1648)創業ということですので、創業以来350年以上経っています。
 以前は料亭として営業をやっていましたが、今は、料亭はやめて、、王子駅前(北口徒歩2分)の小さなお店で玉子焼きのみ販売しています。
  販売をされている男性がご主人で、扇屋の14代目のご当主です。
  大変気さくな方で、玉子焼きの包装をしながら、扇屋のことについていろいろ教えてくれました。

扇屋 (江戸の老舗の味)_c0187004_21523021.jpg【釜焼き玉子】 
 有名な釜焼き玉子は予約のみで受け付けているそうです。
 3990円ですが、玉子20個を使って釜で1時間かけて焼き上げたもので20センチ以上の大きさがあります。
 昨日は、何組もの人が受け取っていました。
 失礼して予約のお客様用に準備していた釜焼き玉子を撮らせてもらいました。


扇屋 (江戸の老舗の味)_c0187004_21525360.jpg【玉子焼き】 
 一折1260円のものは、その場で買えるので、一折買いました。
 縦21センチ×横12センチの折に一杯に入る大きさがありました。
 厚さも4センチというボリュームでした。
 甘みがかなりありましたが、ふっくらした玉子焼きで、家族であっという間に食べてしまいました。


扇屋 (江戸の老舗の味)_c0187004_2153136.jpg【扇屋の商標】 
 これはお店にかけてあった暖簾ですが、一目みた時は揚羽蝶の紋だと思いました。
 しかし、14代目当主のご説明では、これは商標で「扇」を形どったものだそうです。
 確かによく見ると扇でした。なるほど「扇屋」の商標として「扇」は的を得たものだと思います。


扇屋 (江戸の老舗の味)_c0187004_223822.jpg【幕末・明治期の扇屋】 
 これは幕末・明治期の扇屋です。
 目の前の川が、音無川です。14代目当主のお話だと、この写真の右側が飛鳥山側だそうで、左側が、王子稲荷側だそうです。昔の「扇屋」は飛鳥山側にありましたが、現在は、反対側に移っています。

 この写真は、「長崎大学附属図書館所蔵」の写真です。
 長崎大学付属図書館のご厚意により「幕末・明治期日本古写真メタデータ・データベース」から画像を転載させていただいています。
by wheatbaku | 2009-11-29 11:35 | 江戸の老舗
  

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事