人気ブログランキング |
2011年 07月 01日 ( 1 )
徳川家墓所②(増上寺散歩 大江戸散歩)
 今日は徳川家墓所の2回目です。
 徳川家墓所には、昨日紹介した宝塔のほか、12代将軍家慶、14代将軍家茂、家茂の正室和宮(静寛院宮)、さらに合祀塔があります。
 今日は、それらを紹介します。

【12代将軍家慶の宝塔】  
 これは、12代将軍家慶の宝塔です。右側の列の一番手前にあります。
徳川家墓所②(増上寺散歩 大江戸散歩)_c0187004_16554495.jpg
 家慶は11代将軍家斉の二男です。幼名敏次郎といいます。天保8年(1837)将軍職を継ぎましたが、家斉在世中は、大御所となた家斉に実権を握られていました。
1841年、家斉の死後、老中水野忠邦を首座に任用して幕政の改革を行いました。これが有名な天保の改革です。
 しかし、忠邦は2年余で失脚し、天保の改革は不十分な結果に終わりました。
 嘉永6年(1853)6月のペリー来航の時は病床にあり、ぺりーが去ってまもなくの6月20日になくなりました。
 法号慎徳院といいます。

【14代将軍家茂の宝塔】  
 これは、14代将軍家慶の宝塔です。左側の列の一番奥にあります。
徳川家墓所②(増上寺散歩 大江戸散歩)_c0187004_1654226.jpg

 家茂は、紀州藩主徳川斉順(なりゆき)の長子です。
 幼名菊千代といい、のち慶福(よしとみ)と名乗ります。
 将軍継嗣(けいし)問題で一橋派の推す一橋慶喜に対抗する候補とされ、条約勅許問題と絡んだ激しい政争が展開した。結局、安政5年(1858)慶福を推す南紀派の井伊直弼が大老に就任したのち、継嗣となり、13代将軍家定の死去後、将軍職を継ぎ、家茂と改めました。
 老中久安藤信正ら公武合体策によりの画策により、文久2年(1862)孝明天皇の妹和宮を夫人に迎えました。
 慶応元年(1865)三たびの上洛ののち、翌年7月に第二次の長州征伐の最中、大坂城にて21歳でなくなりました。法号昭徳院といいます。



【家茂正室静寛院宮の宝塔】  
 これは、家茂の正室和宮(静寛院宮)の宝塔です。左側の列の中央にあります。
徳川家墓所②(増上寺散歩 大江戸散歩)_c0187004_16545696.jpg

 和宮は、本名親子(ちかこ)内親王といい、仁孝(にんこう)天皇の第八皇女です。
 母は議奏(ぎそう)権大納言橋本実久(さねひさ)のむすめ経子(観行院(かんぎょういん))で、誕生後、橋本邸で養育されました。
 嘉永4年(1851)、6歳で、有栖川宮熾仁(ありすがわのみやたるひと)親王と婚約しました。
 しかし、老中安藤信正の公武合体策によって、文久2年(1862)2月11日には江戸で将軍家茂との婚儀が行われました。2人は同年齢でした。
 しかし、将軍家茂は、第二次長州攻撃のため三度目の上洛をした慶応2年(1866)7月20日、大坂城で病死した。21歳の和宮は江戸城にとどまり、12月に静寛院宮(せいかんいんのみや)と名のりました。
 江戸城開城後、清水邸に移り、明治2年正月に京都に戻って明治7年6月まで滞在した後、ふたたび東京に帰りました。
 明治10年8月から、持病の脚気治療のため、箱根塔ノ沢温泉に滞在、9月2日そこで病死しました。
 当初、政府は葬儀を神式で行う予定でしたが、和宮の遺言を尊重する形で、仏式で行われ、亡骸は、家茂がねむる増上寺に葬られました。


 【合祀塔】  
 これは、将軍の生母や側室の宝塔です。
徳川家墓所②(増上寺散歩 大江戸散歩)_c0187004_16551587.jpg

 この宝塔には、6代将軍家宣の父親、徳川綱重、11代将軍家斉の正室広大院、3代将軍家光の側室で5代将軍綱吉の生母桂昌院、6代将軍家宣の側室で7代将軍家継の生母月光院などが埋葬されています。
 この宝塔は月光院の宝塔だったものが利用されています。
by wheatbaku | 2011-07-01 06:08 | 大江戸散歩
  

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事