人気ブログランキング |
2011年 07月 21日 ( 1 )
上野戦争(寛永寺の歴史② 上野散歩)
 今日は、寛永寺が伽藍の大部分が焼失することとなった上野戦争について簡単に書きます。  

 寛永寺の境内は、最盛期には現在の上野公園を中心に約30万5千坪もあり、寺領は大名並みの約1万2千石ありました。
寛永寺の堂塔は、現在の上野公園の中央部分の噴水広場に あたる 竹の台には、 間口45m、 奥行42m、高さ32mという壮大な根本中堂がありました。
上野戦争(寛永寺の歴史② 上野散歩)_c0187004_16125842.jpg  また、現在の東京国立博物館の敷地には寛永寺本坊がありました。
 さらに清水観音堂、不忍池弁天堂、 五重塔、開山堂、大仏殿などの伽藍が立ち並んでいました。
 そして、、子院も36坊をありました。
 まさに壮大な堂塔伽藍であったわけです。

 しかし、慶応4年に官軍と彰義隊が戦った上野戦争では、寛永寺に彰義隊がたてこもり、境内が戦場となったため、伽藍の大部分が灰燼に帰してしまいました。
 残った建物は、清水観音堂(上の写真)と東照宮ぐらいのものでした。

 上野戦争は次のような経緯で勃発しました。
 15代将軍徳川慶喜が、鳥羽伏見の戦いに敗れて江戸へ戻った後、恭順の意を表し、寛永寺に蟄居しました。
 しかし、一部の幕臣は、慶喜の助命を求め、慶応4年(1868)2月に同盟を結成、のちに彰義隊と称し、慶喜の水戸退隠後も徳川家霊廟の警護などを目的として寛永寺にたてこもりました。
上野戦争(寛永寺の歴史② 上野散歩)_c0187004_1610491.jpg これに対して、慶応4年5月15日朝、大村益次郎指揮の官軍は上野を総攻撃し、彰義隊は同夕刻敗走しました。これが上野戦争です。
 彰義隊士の遺体は上野山内に放置されたが、三ノ輪円通寺(現、荒川区南千住)の住職仏磨らによって山王台で茶毘に付されました。
 彰義隊の墓は、隊士を荼毘に付した場所に建てられています。


上野戦争(寛永寺の歴史② 上野散歩)_c0187004_16102597.jpg  正面の小墓石は、明治2年(1869)寛永寺子院の寒松院と護国院の住職が密かに付近の地中に埋納したものです。
 よく見ると、「彰義隊戦死之墓」とある左脇に「回向主沙門松国」と施主名が刻まれています。
 これは、墓石を建てた寒松院と護国院を略した言葉だそうです。
 回向主も、明記できなかったということだそうです。

 大墓石は、明治14年(1881)12月に 元彰義隊士 小川興郷(椙太)らによって 建立されたものです。
 彰義隊は、明治14年になっても明治政府にとって賊軍であるため、政府をはばかって彰義隊の文字がなく、旧幕臣山岡鉄舟の筆になる「戦死之墓」の字が大きく刻まれています。
by wheatbaku | 2011-07-21 16:30 | 大江戸散歩
  

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事