人気ブログランキング |
2011年 07月 28日 ( 1 )
虫塚(上野散歩④ 大江戸散歩)
 寛永寺の境内には、いろりいろな石碑があります。
 今日は、その石碑のうち虫塚を紹介します。
 虫塚というのは、虫の霊を慰めたもので、珍しいものだと思います。

【虫塚は、虫の慰霊碑】 
 虫塚は、伊勢(現、三重県)長島藩の藩主であった増山正賢(ましやままさかた)が建立したものです。
虫塚(上野散歩④ 大江戸散歩)_c0187004_1014332.jpg 増山正賢は、絵が優れ多くの花鳥画を描きました。中でも虫を写生した図譜『虫豸帖(ちゅうちじょう)』という本は、その精密さと華麗さによって大変有名でした。
 正賢は、図譜を描くために使った虫の死体を絹の小箱に大事にとっていたそうです。
 この塚は、写生に使った虫たちの死骸を埋めて霊をなぐさめるため、 文政4年(1812) に建てられたものです。
 増山正賢は、文人大名の一人で、雪斎と号して、清朝の画家沈南蘋(しん なんびん)に代表される南蘋派の写実的な画法に優れていました。
 また、大田南畝や大坂の豪商木村兼葭堂など、広く文人墨客と交流を持ち、その庇護者としても活躍しました。
 碑は自然石で、正面は、葛西因是の撰文を大窪詩仏が書し、裏面は、詩仏と菊池五山の自筆の詩が刻まれており、当時の有名な漢詩人が碑の建設に関わっていました。


【増山家は家綱生母の弟が藩祖】 
 増山正賢が生まれた増山家は、四代将軍徳川家綱の生母である「お楽の方(宝樹院)」の弟の増山正利が起こした家です。
 そこで、お楽の方の生涯を高柳金芳「徳川妻妾記」に基づいて書くと次のようです。
虫塚(上野散歩④ 大江戸散歩)_c0187004_10183116.jpg お楽の方は、下野国猿島郡鹿間村の農民の娘です。
 父は江戸に出て旗本の朝倉家に仕官し、主人に信頼され朝倉宗兵衛となのります。しかし、主君の金を使い込み江戸を追われ鹿麻村に戻り鳥を捕らえて生活していましたが、のち禁猟とされていた鶴を撃ったため死罪となってしまいます。
 母と娘は古河藩主永井尚政の屋敷で働かされましたが、後に母は女中頭となり、元永井家家臣の七沢清宗と再婚しました。七沢清宗は後に古着商となり、お楽の方もも母に従い同居していました。
 お楽の方が店の手伝いをしていたところ浅草参りから帰ってきた春日局の目にとまり、大奥に上がることになりました。
 お楽の方が、家光に気に入られて経緯については次のような説があります。
 お楽の方が、大奥の「呉服の間」だった頃、他の奥女中たちに故郷の麦搗き歌を歌っていたところ、家光が耳にして気に入りお楽は家光の側室となったということです。
 寛永18年(1641年)に家綱を産みます。
 このお楽の方の縁で、弟の増山正利は大名に取り立てられました。その子孫が伊勢国長島藩主の増山家です。

 虫塚は、当初、増山家の菩提寺、寛永寺子院勧善院内にありましたが、昭和初期に寛永寺に合併されたため、現在の場所に移転されたそうです。
 勧善院は、お楽の方(宝樹院)の霊廟の別当寺として創建されました。
by wheatbaku | 2011-07-28 10:22 | 大江戸散歩
  

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事