人気ブログランキング |
2013年 03月 11日 ( 1 )
賢崇寺(麻布十番散歩2)
 今日は、麻布十番散歩で賢崇寺(けんそうじ)をご案内します。
 賢崇寺(けんそうじ)は麻布十番商店街の南西方向にあり、、麻布十番駅から、約5分の距離にあります。
 入り口は、なだらかですが長い坂道となっています。
賢崇寺(麻布十番散歩2)_c0187004_8382594.jpg 賢崇寺は、曹洞宗の寺です。
 寛永12年(1635年)、鍋島藩初代藩主鍋島勝茂が疱瘡で亡くなった息子の鍋島忠直の菩提を弔うためい建立されました。
 寺号は忠直の戒名 「興国院殿敬英賢崇大居士」 から興国山賢崇寺とされました。
 それ以降鍋島家の菩提寺となりました。
 本堂の裏側に、鍋島家の墓所があります。
 そこには、当初葬られた鍋島忠直、その父で初代佐賀藩主鍋島勝茂、勝茂が亡くなった際に殉死した家来30名などのお墓があるとのことですが、現在は立ち入り禁止となっていて近寄ることができません。
 左下写真は、墓所外がら撮影したものです。
賢崇寺(麻布十番散歩2)_c0187004_8384599.jpg 幕末の名君と呼ばれた10代藩主鍋島直正(いわゆうる閑叟の号で有名っです)の墓も賢崇寺にありました。
 本堂前に広い墓所があったそうですが、明治にできた佐賀の春日山の神道墓所に平成11年に移されました。 
 墓前に奉納されていた明治の元勲大隈重信、江藤新平、大木喬任等から寄進され灯籠が境内のかたすみに残されていて、これから整備されるのを待っています。
 東京大空襲では境内のほとんどを消失し、本堂は昭和47年に再建されたものです。

 賢崇寺には、二・二六事件で処刑された「二十二士」も葬られています。
賢崇寺(麻布十番散歩2)_c0187004_8391563.jpg 本堂裏側の墓所の奥まったところに、「二十二士之墓」と刻まれた墓石があります。
 これには死刑となった香田大尉、安藤大尉はじめ19名に、自決した野中大尉・河野大尉の2名、相沢事件で死刑となった相沢中佐が含まれています。

 お墓の裏側には、埋葬されている22名の死亡日と名前とが刻まれています。
 2月29日 野中四郎、3月6日 河野寿、
 7月3日 相澤三郎(中佐;陸軍省軍務局長永田鉄山少将斬殺) 
 7月12日 香田清貞(大尉)、安藤輝三(大尉)、竹島継夫(中尉)、
        對馬勝雄(中尉)、中橋基明(中尉)、栗原安秀(中尉)、丹生誠忠(少尉)、
        坂井直(中尉)、田中勝 (中尉)、中島莞爾(少尉)、安田優(少尉)、
        高橋太郎(少尉)、林八郎(少尉) 、渋川善助、水上源一
 8月19日 村中孝次(大尉)、磯部浅一(一等主計)、北輝次郎(北一輝)、西田税  

 当初は遺体の引渡しすらままなりませんでしたが、栗原安秀中尉の父勇が自ら賢崇寺の第二十九世住職藤田俊訓師に入門し、藤田住職とともに墓建立に奔走したそうです。
 現在の墓碑は、昭和27年7月12日第十七回忌法要時に建立されました。
 それまでは、二十二士の遺骨が本堂に安置されていてお墓はなかったそうです。
 それが、昭和27年に建立されたのでした。
 毎年2月26日、7月12日に慰霊祭が行なわれるそうです。ちなみに7月12日は、15人が死刑に処せられた碑です。

 二十二士のお墓にいく途中には、作家の戸川幸夫(下左写真)、詩人の蒲原有明(下右の写真)のお墓もあります。
賢崇寺(麻布十番散歩2)_c0187004_8424731.jpg賢崇寺(麻布十番散歩2)_c0187004_84307.jpg



赤印が、賢崇寺です。

タグ:
by wheatbaku | 2013-03-11 08:24 | 大江戸散歩
  

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事