人気ブログランキング |
2014年 05月 22日 ( 1 )
胡麻油(油の話② 江戸の食文化47)
 昨日は、日本で最も古くから利用されてきたと言われる荏胡麻油について書きましたが、
 今日は、荏胡麻油と同様に古くから利用されてきた胡麻油について書こうと思います。

 胡麻は、ゴマ科に属する一年生草木で、原産地はアフリカといわれ、古代から世界各地で栽培されてきました。
 胡麻という漢字は、胡は「えびす」とも読まれ西方を意味し、油が多いので「麻」の字をあてたと言われています。
c0187004_13363077.jpg その胡麻が、いつ頃日本に渡来したかははっきりしないようですが、縄文末期の遺跡には胡麻の種子が発見されているようです。
 そして、仏教の伝来とともに大陸から胡麻と一緒にその搾油技術が伝わり、油が採られ、灯油がつくられるようになりました。
 貴重品のため、大化の改新(645)の頃の「賦役令」には、胡麻油と荏胡麻油が現物税として朝廷に献上されたことがのっているようです。
 しかし食用とされたのは平安時代からといわれています。
 胡麻は、最初、京都を中心とした近畿地方で栽培されましたが、それが次第に各地に広がっていきました。
 奈良時代の「正倉院文書」では、尾張と豊後で胡麻が栽培されていたことがわかるそうです。
 奈良時代には、胡麻油は、大変貴重なもののため非常に高価だったそうで、伊豆国では胡麻油は米の4.5倍もしたそうです。
 そのため、胡麻油は、朝廷、貴族などの高貴の人だけしか食せませんでした。
 平安時代の「延喜式」の中では、越中以南の、伊勢・尾張・美濃・但馬・因幡など15の国から貢出されることとなっていました。
 また「延喜式」では胡麻は薬としても利用されていたことが書かれているそうです。
 しかし、当時は、主に灯火用に使用され、その他、食用、薬用、工芸用に使われました。

 中世から戦国時代において、京都大山崎の離宮八幡宮が中心となった搾油が行われ、油座が専売権をもっていたことは昨日書きましたが、胡麻油も当然油座の対象でした。

c0187004_13365511.jpg 江戸時代になると、胡麻の栽培は 全国に広がります。
 元禄10年(1697)に発行された「本朝食鑑」は、胡麻について次のように書いています。
 「胡麻はよく蒸して を打ちし。袋を圧し絞って、したたり落ちた油を取る。食油や灯油や雨具や塗髪に用いる。とりわけ灯油に最もよく利用している」

 守貞謾稿では、半平の項で
 「京阪にては半平を胡麻油揚げとなし、号けててんぷらといい、油を用いざるを半平というなり、江戸にはこの天麩羅なし。江戸にはこの天麩羅なし。他の魚肉・海老等に小麦粉をねり、ころもとし、油揚げにしたるを天ぷらという。この天麩羅。京阪になし。これあるは、つけあげという。」 (岩波新書「近世風俗史」五の105ぺージ)
 と書いてあり、胡麻油が天麩羅に使用されていたことが推測できます。

 現代では、胡麻油の原材料は、ほとんど輸入に頼っていて国産の胡麻はごく少量です。
 胡麻油には焙煎してから搾るものと、焙煎せずに搾るものとがあります。
 油の色と香りは、胡麻の煎り具合によって違います。
 時間をかけて焙煎したほうが、、油の色は濃く仕上がり、香ばしい香りが強くなります。
by wheatbaku | 2014-05-22 14:00 | 江戸の食文化
  

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事