人気ブログランキング |
2019年 05月 06日 ( 1 )
稲むらの火の館(濱口梧陵①)

稲むらの火の館(濱口梧陵①)

「稲むらの火」で知られる濱ロ梧陵は、紀州広村で生まれ、広村に津波を防ぐ堤防を築き、その堤防が残されていることは、以前から知っていました。

 その濱口梧陵ゆかりの地広村(現在の広川町)が、湯浅町の隣町で、しかも、最寄駅が湯浅駅であることを、和歌山に行く事前準備のなかで知り、これ絶対訪ねてこようと思って、和歌山に行きました。

 

 そこで、今日からは、濱口梧陵ゆかりの地について、紹介していきますが、その最初に「稲むらの火の館(やかた)」を紹介します。

 「稲むらの火の館」は湯浅駅から徒歩約15分で行けます。また湯浅駅前でレンタサイクルを借りれば10分あれば楽々到着します。(下写真が記念館の外観全体写真です)

c0187004_22173107.jpg

 「稲むらの火」で知られる濱口梧陵は、文政3年(1820)紀州広村(現在の広川町)で生まれました。そして、安政の大地震津波時、稲むらを燃やして、その火で多くの村人を救いました。

 この話が、「稲むらの火」というタイトルで戦前の国定教科書に取り上げられ、濱口梧陵の功績が広く知られるようになりました。そうしたことから、「稲むらの火」は、濱口梧陵の代名詞ともなっています。

 「稲むらの火の館」は、濱口梧陵ゆかりの広村の邸宅を広川町が入手し、平成194月に建てられたもので、濱ロ梧陵記念館と津波防災教育センターから構成されています。

 濱ロ梧陵記念館のほうは、木造平屋建ての建物で、濱口梧陵の子供の代に建設されたものを改修したものそうです。(下写真は記念館の入り口周辺の写真です)

c0187004_22172798.jpg

 この記念館には、濱口梧陵の生涯が展示されていて、濱口梧陵の偉大な功績や教訓、人柄を感じられるような展示となっています。

下写真は玄関を入るとすぐに展示されている濱口梧陵の銅像で、渡辺長男が製作したものです。あまり注目されていませんでしたが、渡辺長男は朝倉文夫の実兄で、知る人ぞ知る彫刻家ですので、もっと注目されてもよいのではないかと思いました。

c0187004_22171667.jpg

 一方、「津波防災教育センター」は、実践的な地震・津波防災を学ぶための施設です。こちらは鉄筋コンクリート造り3階建ての建物です。

館内には、安政津波が襲った時の濱口梧陵の対応や地震津波の恐ろしさとその威力を体感できる3Dシアターや、長さ16mの津波実験水槽があります。 (下写真は3Dシアター入口の写真です。)

c0187004_22172144.jpg

濱口梧陵の生涯を知るには、濱口梧陵記念館のほうが良くわかります。しかも、記念館だけであれば、無料で入ることができます。

記念館内には、展示室1から4、土間シアターのほか、交流・談話室や茶室もあります。

展示室1から4は、濱口梧陵の生涯が展示品で理解できるようになっています。土間シアターでは、12分間のビデオで浜口梧陵の生涯がわかるようになっています。(下写真は展示室1方向を写した写真です。)

c0187004_22171243.jpg

赤印が「稲むらの火の館」です。





by wheatbaku | 2019-05-06 22:13
  

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事