人気ブログランキング |
2019年 12月 31日 ( 1 )
蓬莱園跡-平戸藩上屋敷跡(秋葉原散歩④)

蓬莱園跡-平戸藩上屋敷跡(秋葉原散歩④)

 本日は、大晦日です。

 今年1年間、このブログをお読みいただきありがとうございました。

 いつも熱心にお読みいただきありがとうございます。おかげさまでよい年を迎えられそうです。読者の皆様もよい年をお迎えください。

 今日は、蓬莱園跡-平戸藩上屋敷跡をご案内して、今年の書き納めとさせていただきます。

 現在、都立忍岡高等学校・柳北公園・柳北スポーツプラザのある一帯に、江戸時代、肥前国平戸藩主松浦(まつら)家の上屋敷があり、そこには蓬莱園という名園がありました。
 柳北公園の北西側の忍岡高等学校との境にある石碑「蓬莱園跡」と台東区教育委員会の説明板がそれを示しています。(下写真)

蓬莱園跡-平戸藩上屋敷跡(秋葉原散歩④)_c0187004_09285590.jpg

平戸藩主松浦(まつら)家は、平安時代の武将渡辺綱までさかのぶる、大変古い出自を誇る家柄です。

初代藩主は松浦鎮信で、3代藩主松浦隆信の代の寛永9(1632)、松浦氏は、幕府からこの地を与えられ、小堀遠州が庭園を築造しました。

寛永18 年(1641)、もともと上屋敷だった元誓願寺前屋敷が焼失したことから、その翌年(1642)、鳥越の地を上屋敷としたと書いてあるものもあります。

上屋敷の面積は約15千坪ありました。上屋敷内の庭園は約2500 坪でその大部分が池泉だったそうです。この庭園が、江戸時代後期に蓬莱園となづけられました。

松浦家の歴代藩主の中で、とりわけ有名な殿様が9代目藩主の松浦静山です。

松浦静山は、随筆集「甲子夜話」を書いたことで大変有名です。

松浦静山は、安永4年(1775)に藩主となりました。そして、文化3年に起きた江戸の三大大火の一つといわれる文化3 年(1806 3 月におきた大火(俗に丙寅の火事・車町火事・牛町火事といわれる)で、松浦家の上屋敷が焼け、庭園も壊滅的な被害を受けたと推測されています。

当時藩主であった松浦静山は本所屋敷に退避し、その年11月にそのまま隠居したため、鳥越屋敷は新藩主松浦熈が居住する屋敷となりました。そして、10代藩主松浦熈の時代に、庭園は「蓬莱園」と命名されました。

明治初期の参謀本部陸軍部測量局「五千分一東京図」の地図によると平戸藩上屋敷は「松浦邸」とされていることから、明治以降は、松浦家の邸宅となっていたと思われます。

蓬莱園跡-平戸藩上屋敷跡(秋葉原散歩④)_c0187004_09285555.jpg

柳北公園の北西の歩道脇の台東区教育委員会の説明板(上写真)によると、蓬莱園は明治40年刊行の『東京案内』には「文化文政の頃の築造に係り、東京名園中現存するものの一也」と記されているそうです。

また『浅草区誌』によると、大池を中心に、岡を築き、樹木を植え、東屋を建て、13基余の燈籠を配し、園内各所に雅趣ある名称を付した。面積は約2600坪に及び、池水は鳥越川から取り入れていたそうです。

しかし、蓬莱園は、関東大震災のために荒廃し、昭和12 年、東京都立忍岡高等学校建造のため、敷地は埋め立てられ、ついに消滅してしまいました。

現在は忍岡高等学校グラウンド東北隅に、「望潮の入江」といわれた池の一部と、都天然記念物指定の大イチョウを残すだけとなっています。(下写真)

蓬莱園跡-平戸藩上屋敷跡(秋葉原散歩④)_c0187004_09285588.jpg

私が訪ねた時には黄葉がかろうじて残っていました。

 大イチョウは忍岡高校内あるため、近くで見るには、忍岡高校の許可が必要になります。上写真は、忍岡高校に許可を得て校内から撮影したものです。2回目にお邪魔した時には断られましたから、必ずしも常に許可されるわけではなさそうですので、ご注意ください。

 それでは改めて、皆様、よいお年をお迎えください。


赤印が「蓬莱園跡」の石碑と台東区教育員会の説明版設置場所です。
青印が忍岡高校内にある大イチョウです。





by wheatbaku | 2019-12-31 09:16 | ~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩
  

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事