カテゴリ:~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩( 64 )
日暮里駅から谷中を散歩してきました!!

日暮里駅から谷中を散歩してきました!!

昨日は、毎日文化センターの「~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩」が開催され、日暮里駅から、谷中霊園や谷中の寺々を散歩してきました。

 昨日は、気温は平年より低く、どんよりとした曇り空でしたが、幸いにも最後まで雨に降られずに散歩できました。

 ご参加いただいた皆さんありがとうございました。

 昨日は、徳川慶喜のお墓、大名時計博物館を中心として次のようなコースを歩いてきました。

日暮里駅 ⇒ 幸田露伴 ⇒ 天王寺墓地(村垣淡路守範正の墓、大橋訥庵・巻子の墓) ⇒ 天王寺 ⇒天王寺五重塔 ⇒ 大原重徳のお墓 ⇒ 徳川慶喜のお墓 ⇒ 瑞輪寺(大久保主水の墓、大岡越前守忠相の墓) ⇒ 延寿寺日荷堂 ⇒ 大名時計博物館 ⇒ 臨江寺(蒲生君平の墓) ⇒ 根津駅

《幸田露伴旧宅》

明治の文豪幸田露伴は、明治24年から2年ほど谷中に住み、毎日天王寺の五重塔を眺めながら名作「五重塔」を執筆しました。現在も旧宅跡には当時からの珊瑚樹(写真の左手の木)が残っています。

c0187004_18285069.jpg

《大橋巻子・大橋巻子の墓》

大橋巻子は、江戸検のお題のテキスト「江戸のヒロイン」に載っている女性で、老中安藤信正を襲撃した事件(いわゆる坂下門外の変)の計画立案者の大橋訥庵の奥さんです。下写真で私が指差しているお墓は大橋訥庵のお墓で、その隣に大橋巻子のお墓があります。

c0187004_18284381.jpg

《天王寺》

天王寺は、現在は天台宗のお寺ですが、複雑な歴史をもったお寺です。

江戸時代初期まで感応寺という日蓮宗のお寺でしたが、幕府の日蓮宗不受不施派の弾圧の影響により天台宗に改宗されました。また、天保4年には、日蓮宗への復帰が企図された影響で、感応寺から天王寺に改称されました。

下写真の奥が天王寺本堂で、左手が釈迦如来像です。

c0187004_18283242.jpg

《大原重徳の墓》

大原重徳は、文久2年に、江戸に勅使として下向し、幕府に幕政改革の実行を要求しました。これにより、一橋慶喜が将軍後見職となりました。大原重徳のお墓には、明治天皇の命により作られた巨大な勅選碑があります。

下写真は、その勅選碑を見上げる参加者の皆さんです。

c0187004_18253893.jpg

《徳川慶喜の墓》

徳川慶喜のお墓は、谷中の名所の一つで、大勢の参拝者が訪れます。徳川慶喜のお墓は神式のお墓です。これは慶喜の意向に従ってものです。徳川慶喜のお墓には、正室徳川美賀子のほか、側室も眠っています。徳川慶喜は十男十一女の子だくさんでしたが、4代目の徳川慶朝さんが昨年亡くなり、徳川慶喜家は断絶してしまったようです。

c0187004_18252711.jpg

《大久保主水の墓》

瑞輪寺は日蓮宗のお寺で、神田上水を引いた大久保主水のお墓があります。す。大久保主水は、もとは通称藤五郎といいましたが、神田上水を引いた功績から主水という名前を拝領し、その呼び名も濁りのない「もんと」にするようにと命じられたという逸話があります。大久保家の墓所には、歴代の大久保主水の墓がありますが、最も左にあるのが初代大久保主水の墓です。

c0187004_18251980.jpg

《大名時計博物館》

大名時計博物館は、江戸時代の大名時計を展示した博物館です。

もともとは上口 が収集した大名時計を、その子の上口等が大名時計博物館を建設し展示したものです。上口館長さんに親切に大名時計の仕組み等について解説していただきましたが、館内撮影禁止ですので、写真は撮影できませんでした。下写真は大名時計博物館に入ろうとしている参加者の皆さんです。

c0187004_18251153.jpg

《蒲生君平の墓》

蒲生君平は、寛政三奇人の一人で、天皇陵の荒廃を嘆いて実際に天皇陵を調査したうえで「山陵史」を書いたことで有名です。「前方後円墳」という名前をつけた人としても知られています。蒲生君平の墓は臨江寺にあり、墓石の四面に藤田幽谷の撰文がぎっしり彫られています。

c0187004_18250414.jpg



[PR]
by wheatbaku | 2018-10-14 18:23 | ~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩
毎日文化センター主催の渋谷散歩が開催されました。

毎日文化センター主催の「渋谷散歩」が開催されました。

昨日は、毎日文化センターの「~山手線一周~駅から気ままに江戸散歩」で、渋谷駅周辺の史跡散歩をしてきました。

 昨日は、午前中は本降りの雨でしたが、散歩を始めて30分ほどで雨もあがりました。

渋谷というと西口では渋谷スクランブル交差点付近や道玄坂、あるいは東口ではヒカリエや宮益坂周辺を散歩する人が多いのですが、今回は、渋谷駅から南東方向の文教地区を訪ねて散歩しました。

多くの参加者の皆さんもあまり訪ねたことがない場所とのことで散歩に参加された皆さんにも大変喜んでいただきました。

散歩にご参加いただいた皆さんありがとうございました。

昨日の散歩コースは次の通りです。

渋谷駅 ⇒ 稲荷橋(渋谷川) ⇒ 金王八幡宮 ⇒  八幡通り(鎌倉街道跡) ⇒ 國学院大学博物館 ⇒ 吸江寺(安中藩板倉家墓所) ⇒ 塙保己一史料館 ⇒ 渋谷区郷土博物館 ⇒ 常盤松碑(薩摩藩下屋敷跡) ⇒ 並木橋(鎌倉街道跡)⇒ 渋谷駅。

今回は、金王八幡宮、塙保己一史料館、白根記念渋谷博物館・文学館で、それぞれ、ご説明をしていただきました。そこで、それらを中心にご紹介します。

まず最初に向かった金王八幡宮は、社伝によれば、平安時代中期の寛治6年(1092)鎮座したとされている大変古い神社です。

平日は渋谷の繁華街とは思えない静かな空間となっています。しかし、昨日は、金王八幡宮の例大祭で大勢の人出があり境内は大勢の人でにぎわっていました。

c0187004_15111567.jpg

金王八幡宮では、田所権禰宜様に、金王八幡宮の御由緒、金王桜の由来、社殿の建立経緯などをご説明いただきました。

金王八幡宮という名前は、源義朝・頼朝父子に仕えた渋谷金王丸から付ららた名前であり、渋谷氏は、秩父平氏の一族であることなどを丁寧にお話いただきました。

田所権禰宜様、お祭りの最中で大変お忙しいところ懇切なご説明いただきありがとうございました。

c0187004_15110685.jpg

國學院大學博物館では、昨日から、特別展『キリシタン―日本とキリスト教の469年―』が開催されています。

c0187004_15105989.jpg

そこで、30分ほど時間をとって見学しました。

重要文化財の「踏絵」や「マリア像」、シドッチの頭骸骨の復元像など興味深いものが展示されています。下写真は、博物館入口での説明の様子です。

c0187004_15105008.jpg

塙保己一史料館では、塙保己一が編纂した群書類従の版木が保管されています。

その群書類従の板木は、倉庫に整理されて山のように積まれていました。

それを見ながら、温故学会の斎藤理事長様(下写真左下)が詳しく説明してくださいました。

c0187004_15104197.jpg

群書類従の説明の前に、斎藤理事長様が2階講堂で塙保己一について説明してくださいました。

塙保己一は、武蔵国児玉郡保木野村(現在、埼玉県本庄市児玉町)に生まれ)、15歳の時に江戸に出て、雨富須賀一検校の門人となり、学問の道に進み、34歳の時、『群書類従』の編纂をはじめ、72歳の時に完成しましたこと等を丁寧に話してくださいました。

なお、2階講堂は、昭和12年に、奇跡の人ヘレンケラーが訪れて、塙保己一の銅像に手を触れた場所です。

斎藤理事長様、本来は長時間必要な塙保己一について、コンパクトにご説明していただきありがとうございました。

c0187004_15103407.jpg

渋谷郷土博物館・文学館では、企画展「ハチ公と忠犬ハチ公像」が10月8日まで開かれています。

c0187004_15081617.jpg
 

そこで、学芸員の松井様に、上野教授が亡くなった後もハチ公が渋谷駅に迎えに行った経緯、ハチ公が全国の人から忠犬として讃えられるようになった経緯、そしてハチ公が亡くなった時の様子などハチ公について詳しく解説していただきました。

 松井様、わかりやすいご説明ありがとうございました。

なお、企画展会場は、写真撮影禁止ですので、会場外から望遠で撮影した写真です。

c0187004_15074360.jpg

昨日は、それぞれ、御専門の方からご説明いただき、実多い散歩となりました。田所様、斎藤様、松井様、そしてご参加いただいた皆様ありがとうございました。








[PR]
by wheatbaku | 2018-09-16 15:05 | ~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩
ヱビスビール記念館と恵比寿神社
ヱビスビール記念館と恵比寿神社(広尾・恵比寿史跡巡り)

 今日は、恵比寿ガーデンプレイス内にあるヱビスビール記念館と恵比寿神社を紹介します。

恵比寿ガーデンプレイスは、サッポロビールの恵比寿工場があった場所ですが、昭和63年、渋谷区近辺の都市化や郊外への工場移転が進んだことに伴い恵比寿工場は閉鎖され、土地再開発事業が開始され、平成610月に恵比寿ガーデンプレイスが完成しました。

恵比寿ガーデンプレイスには、ヱビスビール記念館のほか、サッポロビールの本社もあり、オフィスビル、三越デパートを含む商業施設、レストラン、集合住宅、美術館などもあります。

c0187004_08195897.jpg

《ヱビスビール記念館》

ヱビスビール記念館は、恵比寿駅からは最奥にあたるサッポロビール本社が入っているビルの地下1階にあります。

ヱビスビール生誕120年の節目である2010225日に、オープンしました。ヱビスビールの歴史がわかる展示がされていて、試飲も楽しめます。

c0187004_08195147.jpg

《馬越恭平の銅像》

ヱビスビール記念館入口に巨大な馬越恭平の銅像があります。(下写真)

馬越恭平は三井物産の創立時に社員の一人として入社し、入社1年で横浜支店長を命ぜられ、生糸の輸出を手掛け、日本人による生糸輸出の先鞭をつけ、その手腕が認められて、専務にまでなりました。

そのころ、日本麦酒が経営難にあり、その立て直し役として指名されたのが馬越恭平でした。馬越恭平は、徹底した合理化を図るなどして解散一歩手前だった日本麦酒を再建しました。また、日本初のビヤホールを開業するなど、さまざまな販売戦略を推進し、さらにビール輸送用の駅として、ブランド名「ヱビス」を冠した恵比寿駅を開設しました。

三井物産を退職した後、札幌麦酒、大阪麦酒、日本麦酒の3社が合併して誕生した大日本麦酒の社長に就任しました。大日本麦酒はその後分割されるまで日本国内シェア70%を誇った巨大企業でした。

後に「東洋のビール王」と呼ばれましたが、茶人としても知られました。

c0187004_08194791.jpg

《ヱビスビールの歴史》

明治20 年頃になると、大小様々なビール会社が設立され、現在のサッポロビールの前身である「日本麦酒醸造会社」も、中小の資本家によって現在の東京・銀座に設立されました。

しかし、大掛かりな設備を要するビール事業には十分な資本が不可欠で、日本麦酒醸造も、翌年、三井物産会社の資本参加し、明治23 年に「恵比寿ビール」が発売されました。

「恵比寿ビール」は、国産とは言うものの、原料も、設備も、技術者も、本場ドイツからそのまま移転させて製品化したもので、「恵比寿ビール」は、まさに本格的なドイツビールで販売直後から評判を呼んだそうです。

明治26 年には、日本麦酒醸造は「日本麦酒株式会社」に社名を変更します。明治27 年に勃発した日清戦争を契機にビールの消費量が急激に増大し「恵比寿ビール」の人気と相まって日本麦酒は日本一の製造量を誇るビール会社に成長しました。

急増した製品輸送の便を図るため、明治34年に貨物専用の「恵比寿停車場」が設置され、さらに付近の都市化と人口の増加が急速に進み、明治39年に旅客も扱う駅として「恵比寿駅」が開業しました。昭和3年には付近の地名は「恵比寿」となりました。

明治32年には、日本初のビヤホール「恵比寿ビールBeer Hall」を開業させ、大繁盛店となりました。

また、「恵比寿ビール」は、品質向上に努め、明治33 年にはパリ万博で金賞を、4年後のセントルイス万博ではグランプリを受賞するなど様々な金字塔を立てました。

ビール醸造所は一時期全国で数十にもおよんでいましたが、明治30年代後半には札幌、日本、大阪(旭ビール)、麒麟麦酒の4大会社が激しい競争を展開するにいたりました。

日本麦酒の社長馬越恭平は、明治39年、札幌、日本、大阪麦酒の3社を合併し、シェア7割を誇る大日本麦酒株式会社を発足させました。

大正・昭和とビールの需要が伸びていく過程で、大日本麦酒はトップ企業として業界をリードしてきました。しかし、昭和249月、大日本麦酒は過度経済力集中排除法の適用を受け、日本麦酒と朝日麦酒の2社に分割されました。

日本麦酒は『サッポロ』『ヱビス』の商標を継承しましたが、それらの商標は採用せず新たに『ニッポンビール』の商標でスタートしました。

しかし、数多くのビール愛飲家からは『サッポロビール』を懐かしむ声が後を絶ちませんでした。そこで、昭和31年、まず発祥の地北海道で『サッポロビール』が復活し、昭和39年、会社名もサッポロビール株式会社に変更しました。

また、大日本麦酒の主力ブランドであった『ヱビスビール』は昭和4612月、28年ぶりに復活しましたが、わが国で戦後初めて発売された麦芽100%のドイツタイプのビールでした。『ヱビスビール』はプレミアムビールとして発売されました。
 下写真はサッポロビール本社です。

c0187004_08194137.jpg

《恵比寿神社》

恵比寿ガーデンプレイス内に恵比寿神社が鎮座しています。

ビール記念館からは一旦地上に出てから、ビルの東南方向に向かうと恵比寿神社が鎮座しています。

この恵比寿神社は、明治27年に日本麦酒醸造会社(サッポロビール株式会社の前身)が兵庫県の西宮神社から勧請して工場内にお祀りした神社です。

平成6年に恵比寿ガーデンプレイスが竣工した際に、新しく御社殿を建立してお祀りしました。

c0187004_08193337.jpg

赤字がエビスビール記念館です。青印が恵比寿神社です。








[PR]
by wheatbaku | 2018-07-03 08:04 | ~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩
コッホ・北里神社(広尾・恵比寿史跡巡り⑯)

コッホ・北里神社(広尾・恵比寿史跡巡り⑯)

広尾・恵比寿史跡巡りですが、今日は、コッホ・北里神社についてご案内します。

 コッホ・北里神社は、外国人が神様としてお祀りされている大変珍しい神社です。

 コッホ・北里神社がある場所は、北里大学白金キャンパス・北里研究所病院の構内です。

前回ご案内した光林寺からですと、光林寺の門前にある光林寺交差点と古川を越えた南西方向に北里大学白金キャンパス・北里研究所病院があります。

 この北里大学白金キャンパス・北里研究所病院は、元々は、北里柴三郎が福澤諭吉の協力を得て明治26年に開設した日本最初の結核専門病院「土筆ヶ岡養生園」があった場所です。

 福澤諭吉は、現在の慶応義塾幼稚舎がある土地も含めたこの辺り一帯に、広大な土地を所有していましたが、北里柴三郎のためその一部を提供しました。

 「土筆ヶ岡養生園」という名前は福澤諭吉自らが命名した名前です。

 「土筆ヶ岡」というのは江戸時代から呼ばれていた地名です。多分、土筆が一杯生えていた土地だったのではないでしょうか。

 この北里大学のキャンパス内に、外国人が神様として祀られている大変珍しいコッホ・北里神社があります。

 正門から入る道路の右手に鎮座しています。(下写真)

c0187004_10553797.jpg

 コッホ・北里神社に祀られているロベルト・コッホは、ノーベル賞を受賞したドイツの細菌学者で、北里柴三郎がドイツに留学した際に薫陶を受けた恩師です

 このコッホ・北里神社の由来が構内に建てられている説明板に書いてあります。

c0187004_10553117.jpg

明治43年5月27日にロベルト・コッホが亡くなったことを知った北里柴三郎は、白金台の国立伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)の構内にコッホの遺髪を御神体とした総檜作りで銅板葺きの祠を建てました。これが「コッホ祠」です。

大正3年、北里柴三郎は、国立伝染病研究所所長を辞職して北里研究所を新たに創設しますが、その翌年、コッホ祠を北里研究所の構内に遷座し、北里江研究所の守護神として毎年5月27日に例大祭を行なっていました。

そして、昭和6年に、北里柴三郎が亡くなると、門下生らによって、北里柴三郎を祀った北里祠が近くに設けられました。

しかし、昭和20年5月25日の戦災により北里祠は焼失してしまいました。一方、コッホ祠は焼失を免れました。そこで、北里祠はコッホ祠に合祀されました。

それ以降、毎年、6月13日の北里柴三郎の命日には例大祭が行われ、5月27日のコッホの命日には献花が行なわれているそうです。

その後、一旦、北里本館の屋上に遷座した後、平成5年に、現在地に遷座することとなり、それを機会に、コッホ・北里神社と呼ぶことになったようです。

コッホ・北里神社をお参りした後、天現寺橋に戻る途中に狸橋という橋を見つけました。(下写真)

c0187004_10552576.jpg

この橋は、昭和86月に架設された橋で、江戸時代にはありませんでした。

橋の袂に「狸橋の由来」という碑(下写真)が立ち、「むかし、橋の南西にそば屋があって子どもを背負い手拭をかぶったおかみさんにそばを売ると、そのお金が、翌朝は木の葉になったといいます。麻布七ふしぎの一つで、狸そばと呼んだのが、地名から橋の名になりました。」と書かれています。

c0187004_10551900.jpg

狸が人を化かす話が本当ということはないと思いますが、実際に狸蕎麦という蕎麦屋があったようです。

「慶応義塾史跡めぐり」というホームページによれば、

福澤諭吉は、よくこの辺りに散歩に来て、「狸蕎麦」にそばを食べに来ていたことがあり、田園風景が残るこの辺りが気に入り、ここに土地を購入して、別荘を建て、後に広尾別邸と呼ばれるようになったと書いてあります。


赤字がコッホ・北里神社です。青印が狸橋です。




[PR]
by wheatbaku | 2018-06-30 10:49 | ~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩
光林寺(広尾・恵比寿史跡巡り⑮)

光林寺(広尾・恵比寿史跡巡り⑮)

毎日文化センターの散歩では、天現寺橋から恵比寿駅方面に戻るルートで案内していきましたが、天現寺橋から遠くない所に、幕末に活躍したオランダ人ヒュースケンのお墓があることで有名な光林寺があります。

 そこで、今日は光林寺をご案内します。

 光林寺は、東京メトロ広尾駅一番出口から徒歩10分の距離にあります。

光林寺は、臨済宗妙心寺派のお寺です。

光林寺は、江戸時代の初期の延宝6年(1678)盤珪永琢によって麻布市兵衛町に創建され、元禄7年(1694)に現在地に移りました。 下写真は本堂です。

c0187004_19513926.jpg

 ヒュースケンのお墓は、光林寺の庫裏の裏側に広がる墓地の東北方向の奥にあります。

 初めての方は探すのが大変だと思いますので、庫裏で尋ねてから参拝したほうがよいと思います。

 ヒュースケンは、安政3年(1856)アメリカの公使ハリスの通訳として下田にやってきました。

ヒュースケンは、アムステルダムで生まれましたが、渡航先のアメリカで、オランダ語通訳を探していたハリスに雇われて日本に赴任したのでした。

ヒュースケンは、条約締結交渉に活躍し、日米修好通商条約締結に大きな功績を残しました。

条約締結後も日本に滞在し、万延元年(1860)には、条約締結交渉に来日したプロシア使節のために通訳としてプロシアの交渉に協力していました。

この交渉の最中の万延元年12月5日、交渉が行なわれていた赤羽接遇所から麻布善福寺へ馬で帰る途中、古川にかかる「中の橋」のたもとで攘夷派の薩摩藩士伊牟田尚平たちに襲撃され、翌日死去しました。享年28歳でした。

ヒュースケンのお墓の墓碑銘は、英字で書かれています。

c0187004_19513260.jpg

光林寺には、古河財閥創業者古河市兵衛のお墓もあります。

古河家の墓地は、本堂の西側脇にあります。他の檀家の墓地より広いので見つけやすいと思います。墓域を構えた古河市兵衛のお墓は、妻たちのお墓とともに建てられています。

下写真の右から2番目が古河市兵衛のお墓です。

c0187004_19512448.jpg

古河市兵衛は、足尾鉱毒事件を引き起こしたことから、その晩年の評価は厳しいものがかもしれませんが、近代日本を築き上げた実業家の一人であるのは間違いありません。

古河市兵衛は、京都岡崎生まれました。生家の木村家は醸酒業を営み、代々庄屋を務めていましたが、父の代に零落し、市兵衛は、18歳で盛岡の伯父のもとに行き、鴻池組の盛岡支店に勤めたのち、26歳のとき京都小野組の番頭古河太郎左衛門の養子となり古河市兵衛と名のりました。

古河市兵衛は、幕末の生糸取引で手腕を認められ小野組糸店の支配人となりました。

しかし、明治7年に小野組は倒産してしまい、古河市兵衛は独立し、渋沢栄一の援助を得て鉱山経営を始めました。

明治9年に買収した足尾銅山を多くの困難にあいながらも明治20年代にはついに日本一の銅山とすることに成功しました。以後も阿仁銅山,院内銀山などを次々に買収し、鉱山王と呼ばれました。

明治36年4月5日死去しました。72歳でした。

c0187004_19511826.jpg

赤印が光林寺です。




[PR]
by wheatbaku | 2018-06-28 19:47 | ~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩
天現寺橋(広尾・恵比寿史跡巡り⑭)

天現寺橋(広尾・恵比寿史跡巡り⑭)

 前回、ご案内した天現寺の目の前にある橋が天現寺橋です。

天現寺橋は、渋谷川にかかる橋です。もともと、今は暗渠となった笄川にかかる橋の名前でした。

現在は、天現寺橋は、明治通りと外苑西通りが交差する交通の要所となっています。(下写真)

c0187004_10480579.jpg

渋谷川は、新宿御苑の中の池を水源とする川で、渋谷区と港区を流れ、東京湾に流れ込む川です。

渋谷川の支流には宇田川があり、その宇田川の支川の河骨川(こうほねがわ)は唱歌「春の小川」のモデルになったことで有名です。

現在は、渋谷川の上流部分は暗渠となっていて、渋谷区内の宮益橋の下流のうち天現寺橋までの2.6kmが渋谷川と呼ばれ、港区内の天現寺橋から河口までの4.4kmが古川と呼ばれています。

渋谷川は天現寺橋の北西のたもとで笄川(こうがいがわ)と合流します。

その合流点より上流が渋谷川と呼ばれ、下流が古川と呼ばれています。

下写真は、天現寺橋の下流から上流の渋谷川をみた写真です。

右手に暗渠となった笄川が流れこんでいます。

c0187004_10475917.jpg


笄川は、青山の梅窓院付近や根津美術館に水源をもつ川で、現在は、すべてが暗渠となっています。

しかし、笄川が流れていた場所には、それにちなむ地名が残されています。

東京メトロ広尾駅の出口にある交差点は広尾橋交差点と呼ばれていますが、ここには、笄川にかかる広尾橋があったことにちなむ地名です。(下写真)

c0187004_10474397.jpg

天現寺橋の南西角に慶応義塾幼稚舎があります。ここは明治12年に福沢諭吉が土地を購入し、広尾別邸としていましたが、昭和12年に、幼稚舎が移転してきました。なお、慶應義塾幼稚舎は幼稚園ではなく小学校です。

c0187004_10473226.jpg




[PR]
by wheatbaku | 2018-06-27 10:41 | ~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩
天現寺(広尾・恵比寿史跡巡り⑬)

天現寺(広尾・恵比寿史跡巡り⑬)

 広尾・恵比寿史跡巡り、今日は天現寺です。

 東京メトロ広尾駅1番出口から徒歩5分です。明治通りと外苑西通りが交差する天現寺橋交差点の北西角にあります。下写真は天現寺橋交差点の北西角から撮った天現寺の入り口です。

c0187004_15461275.jpg


 天現寺は臨済宗大徳寺派のお寺です。

小日向御簞笥町にあった臨済宗大徳寺末の普明寺を引継ぎ享保4年(1719)現在地に移転して多聞山天現寺と改めました。

開山は広尾祥雲寺の良堂大和尚で、正徳3年(1713)祥雲寺住職となり、その後京都紫野大徳寺第293世の住職となった人物です。

天現寺の山号は多聞山ですが、この山号が示すように、本尊として毘沙門天の像が本堂(下写真)にお祀りされています。

c0187004_15460266.jpg
 

樟の丸木作りで高さ103.5cmあるそうですが、秘仏の為、一般には公開されていませんが、お正月には開扉されるとのことです。

開扉といっても、遠くから参拝するので、お顔を拝観するのは難しいようです。

毘沙門天は多聞天とも称され、四天王の一つで、七福神の中にも入れられています。

天現寺の毘沙門天は、縁起書(天現寺蔵)によると聖徳太子の御作とされ、徳川家康の生母お大の方も深く信仰していたものだそうです。その後、祥雲寺に預けられ安置されていましたが、天現寺を建立して安置したという由来があるそうです。

江戸時代、天現寺は将軍吉宗をはじめ代々将軍家の御成があり、広尾の毘沙門天として人々の信仰を集め、『江戸名所図会』や切絵図にもその名前が載っていますので、江戸の人にとっては馴染みのある仏様だったと思われます。

境内に、芭蕉句碑と四神碑があります。

《芭蕉句碑》

庭の築山の麓に芭蕉句碑があります。

c0187004_15483626.jpg

「伊賀の国花垣の花はそのかみ奈良の八重桜の料に附されけるといひ伝えければ」と前書し『一里(ひとさと)はみな花守(はなもり)の子孫かや』ばせを と刻まれています。

この句碑の裏に文政六癸未初冬『其薫四方に満つるや八重桜』とあることから、文政6年に天現寺で句会が催され句碑が立ったのではなかろうかと考えられているそうです。

《四神碑》

本堂の手前北側に『四神碑』という珍しい石碑があります。四神とは、硯、墨、紙、筆を指し、それを祀ったものです。

ちなみに天現寺の鎮守は天満大白在天神(つまり天神様)でした。

c0187004_15455102.jpg

赤印が天現寺です。






[PR]
by wheatbaku | 2018-06-25 15:34 | ~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩
有栖川宮記念公園(広尾・恵比寿史跡巡り⑫)

有栖川宮記念公園(広尾・恵比寿史跡巡り⑫)

今日は有栖川記念公園のご案内です。

有栖川宮記念公園は、東京メトロ広尾駅1番出口から徒歩2分のところにあります。

c0187004_13481461.jpg

有栖川宮記念公園がある場所は、江戸時代には陸奥盛岡藩下屋敷でした。そのため、南隣の坂は南部坂と呼ばれ、昭和までは盛岡町という町名が残されていましました。

この土地は、明治29年に有栖川宮威仁親王(ありすがわのみや たけひとしんのう)が霞ヶ関の御殿から移動することになり、御用地となりました。

そして、大正2年に威仁親王(たけひとしんのう)が亡くなり有栖川家が断絶してしまうと、御用地は有栖川宮家の祭祀を引き継いだ高松宮に継承され、高松宮御用地となりました。

高松宮殿下は、故有栖川宮威仁親王の20年の命日にあたる昭和9年1月5日に、御用地約1万1千坪(36,325㎡)を公園地として東京市に下賜され、公園は有栖川宮記念公園と命名されて昭和9年11月に開園されました。

《有栖川宮熾仁親王(たるひとしんのう)の銅像》

有栖川宮記念公園には東京都立中央図書館がありますが、その図書館の南西の広場の一画に有栖川宮熾仁親王(たるひとしんのう)の銅像があります。

有栖川宮熾仁親王(たるひとしんのう)は和宮(静寛院)の元婚約者で、戊辰戦争の際には、東征大総督として新政府軍の総司令官を勤めた人です。

明治になってからも陸軍で活躍し、西郷隆盛に次いで2人目の陸軍大将となりました。

この銅像は、明治28年に熾仁親王が亡くなられた後、大山巌・山縣有朋・西郷従道などが親王の銅像を建立することを提唱して明治36年に建立されたものです。製作は、靖国神社の大村益次郎の銅像を造った大熊氏広です。

当初、千代田区三宅坂の旧陸軍参謀本部前に建立されましたが、道路拡張のため昭和37年に現在地に移設されました.

c0187004_13480748.jpg

《南部坂》

麻布の南部坂は麻布盛岡町、現在の住所で南麻布四丁目と五丁目の境界にあり、有栖川宮記念公園の南外囲に沿って東に上る坂です。

坂の上にはドイツ連邦共和国大使館があります。

南部坂という名称は、江戸時代、現在の有栖川宮記念公園の場所に奥州・南部藩の屋敷があったことに由来しています。下写真は、坂の上から見た南部坂です。

c0187004_13475941.jpg


[PR]
by wheatbaku | 2018-06-24 13:38 | ~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩
広尾稲荷神社(広尾・恵比寿史跡巡り⑪)

広尾稲荷神社(広尾・恵比寿史跡巡り⑪)

東京メトロ広尾駅の1番出口から徒歩2分の至距離に、広尾稲荷神社があります。

c0187004_18205338.jpg

広尾稲荷神社は、慶長年間に徳川秀忠が鷹狩りの際に稲荷社を勧請したと伝えられています。

富士見稲荷も合祀しているように書いたものもありますが、広尾稲荷神社の由緒書きには、富士見稲荷は広尾稲荷とは別物であると書いてあります。

広尾稲荷神社は、弘化2年11月に起きた火事により焼失し、弘化4年に再建されました。

しかし、この時に再建された土蔵造りの本殿は、大正12年に起きた関東大震災で大変壊れたため、大正14年に木造で再建されました。

一方で拝殿は関東大震災で壊れることがなく、現在も弘化4年築造のものが残されています。(下写真)

c0187004_18204794.jpg

広尾稲荷神社の拝殿の天井に墨絵の龍が描かれています。(下写真)

この墨絵の龍は、近代洋画の父とも呼ばれる高橋由一が描いたものです。

c0187004_18204243.jpg

高橋由一は、江戸の下野国佐野藩邸内に生まれ、之助(いのすけ)と名乗っていましたが、明治維新後に由一と改めました。

はじめ狩野派を学びますが、洋画法を志して、文久2年蕃書調所画学局に入り、川上冬崖の指導を受けました。

その後、横浜居留地のワーグマンや貿易商ショイヤー夫人にも指導を受けました。代表作に「花魁(おいらん)」「鮭」などがあります。

この墨絵の龍は、弘化4年に拝殿が建築された際に描かれたものと考えられていますので、高橋由一が狩野派の技法を学び、その画法によって水墨画を描いていた時期のものです。

その証拠に絵の中には、「藍川藤原孝経拝画」の著名と「藍川」の印章が見られます。(下写真参照)

c0187004_18203627.jpg

高橋由一のお墓は、祥雲寺境内内にある香林院の山門の東側にあります。

小さな四角い形の墓石で、表面に「喝」と刻まれています。

c0187004_18202802.jpg



赤印が広尾稲荷神社です。





[PR]
by wheatbaku | 2018-06-22 18:18 | ~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩
狭山藩北条家のお墓〔祥雲寺に眠る有名人⑦〕(広尾・恵比寿史跡巡り⑩)

狭山藩北条家のお墓〔祥雲寺に眠る有名人⑦〕
(広尾・恵比寿史跡巡り⑩)

祥雲寺には、これまで紹介してきた有名人のお墓のほか、狭山藩北条家、飯田藩堀家、郡上藩森家、小野藩一柳家、岡部藩安部家など大名家の墓地があります。

 その中で、今日は河内国狭山藩北条家のお墓をご案内して、祥雲寺についての記事を終わりにします。

 河内国狭山藩北条家の墓所は、以前は広大だったそうですが、現在は庫裏の手前の木立の中に、2代藩主北条氏信のお墓が一基だけあります。

c0187004_19433090.jpg

河内国狭山藩北条家は、戦国大名の小田原北条氏の血を引き継ぐ大名家です。

豊臣秀吉が、小田原の北條氏を攻め、時の当主北条氏直が降伏した際、父の北条氏政は切腹を命じられました。
 しかし、北条氏直は、命は助けられ、高野山に上るよう命じられました。

この時、狭山藩北条家の藩祖となる北条氏盛も一緒に高野山に上るように命じられました。

狭山藩藩祖の北条氏規は、北条氏康の五男です。従って、北条氏直にとっては叔父ということになります。

豊臣秀吉の北條攻めの際には伊豆国韮山城主でしたが、徳川家康の勧告を容れて開城しました。

北条氏直に従って高野山に入った後、豊臣秀吉から河内国内に所領を与えられました。

江戸時代になって嫡男の氏盛が11,000石の大名となりました。

そして、氏盛の長男の北条氏信が、元和2年(1616)、狭山の地に陣屋を営なみ狭山藩を立藩しました

この北条氏信の墓が、祥雲寺の庫裏の前に残っているのです。

北条氏信は、河内国狭山藩の第2代藩主で、初代藩主北条氏盛の長男、藩祖の北条氏規の孫です。わずか8歳で家督を継ぎ、25歳の若さで死去しました。 

法号は龍興院です。


[PR]
by wheatbaku | 2018-06-21 19:24 | ~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩
  

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
『西郷どん』、恋愛ごっこ..
from Coffee, Cigare..
各合戦の動員人数について..
from Coffee, Cigare..
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史