人気ブログランキング |
<   2013年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧
浅野長直(江戸検お題「本当の忠臣蔵」3)
 今日は、赤穂藩浅野家初代藩主であり、浅野内匠頭長矩の祖父である浅野長直について書いていきます。
浅野長直は浅野長重の長男として慶長15年に生まれました。
 母は三河吉田藩主松平家清の娘で家康の養女となって長重に嫁いでいるので、長直は家康の孫ということになります。
 幼名は又一郎といいました。
 寛永9年(1632)10月、父の跡を継いで笠間藩主となりました。
 寛永11年(1634)には幕府より駿府城城代に任じられ、同13年(1636)には江戸城西の丸の普請を手伝いました。
浅野長直(江戸検お題「本当の忠臣蔵」3)_c0187004_20303785.jpg 正保2年に、当時の赤穂藩主の池田輝興が発狂して正室の黒田長政の娘を殺害する事件が起こり、池田家は改易となりました。
 そして、浅野長直が転封を命じられ赤穂藩主となりました。
 以降は孫の長矩の代に改易されるまで浅野家が赤穂藩主となりました。

 浅野長直が赤穂に残したものが二つあります。
 まず、一つ目が赤穂城の築城です。
 慶安2年(1649)から赤穂城築城工事を開始し、寛文元年(1661)に完成しました。完成までまる12年かけています。
浅野長直(江戸検お題「本当の忠臣蔵」3)_c0187004_2031378.jpg 当時は、既に、一国一城制が敷かれていましたので、新たに城を築くということは非常に難しいことでした。
 それにも拘わらず、築城が認められたということは非常に珍しいことです。
 磯田道史氏(静岡文化芸術大学文化政策学部准教授)は著書「殿様の通信簿」の中で、岡山の池田光政を封じこめるために家光が築城を命じたのではないかと書いています。
 築城は、家老で軍学師範の近藤正純が設計しました。
 この築城には、山鹿素行が関わったとも言われていて、二之丸門虎口の縄張は、山鹿素行の手が加えられたと伝えられてます。
 なお、浅野長直は、山鹿素行の門人でもありますが、山鹿素行は承応元年(1652)より万治3年(1660)まで浅野長直に仕えました。
 また山鹿素行は、寛文5年(1665)に『聖教要録』を書いたことにより、翌年幕府によって赤穂に流され、延宝3年(1675)に許されるまで赤穂で暮らしていました。


 二つ目が、製塩事業の推進です。
 長直は半農半漁の寒村に製塩業を奨励しました。その結果、赤穂の塩は全国に有名になり、その製塩技法は仙台・能登・対馬・鹿児島へも伝えられたといいます。

  寛文11年(1671)に長男長友に家督を譲り、翌年7月24日に死去しました。享年63歳でした。
タグ:
by wheatbaku | 2013-03-08 08:18 | 忠臣蔵
大法寺(麻布十番散歩1)
 先日の毎日文化センターの「忠臣蔵ゆかりの地を行く」では、三田地区での散歩が終わった後は、麻布十番周辺の史跡を巡りました。
 一之橋 ⇒ 大法寺 ⇒ 麻布一本松 ⇒ 賢崇寺 ⇒ 善福寺
という道順でめぐりました。

 そこで、それらについてもご案内したいと思います。

 今日は、大法寺についてご案内します。

 大法寺(だいほうじ)です。日蓮宗のお寺です。
 大法寺は 慶長2年11月(1597)、慈眼院日利上人によって創建されました。
大法寺(麻布十番散歩1)_c0187004_8451082.jpg
 また、赤門寺(あかもんでら)とも呼ばれていたそうです。
 右写真でお分かりになると思いますがお寺の塀が赤く塗られていますが、それは、昔、赤門寺と呼ばれたことに由来するものだそうです。

 大法寺は、港七福神のうち「大黒天」がお祀りされていて、一本松の「大黒様」として親しまれています。
 大法寺の大黒天は「三神具足(さんじんぐそく)大黒尊天」と呼ばれています。
 お姿が大黒天の小槌を持ち、弁財天の髪をして、背には毘沙門天の鎧をつけているところから、大黒天の福寿と弁財天の円満と毘沙門天の除災得幸を表しているといわれています。
大法寺(麻布十番散歩1)_c0187004_8453625.jpg 「三面大黒天というのがありますが、これはお顔で大黒天・弁財天・毘沙門天の三神を表していますが、大黒天・弁財天・毘沙門天の三神を身体で表しているのは全国でここだけでしょう」というのがご住職のお話でした。
 この大黒様は、もともと麻布六本木の旧家伊勢屋長左衛門の秘仏でした。
 ある時、この大黒様が、長左衛門の夢枕にたち、「長く伊勢屋にいて福寿を授けてきたが、これからは大勢の人に福寿を授けたい」と告げました。目が覚めると、大黒様はいらっしゃいませんでした。
 長左衛門が、大黒様を探すと、大黒様は、法華経三万部読誦が行われていた大法寺にいらっしゃたという言い伝えがあります。
 この大黒様は、正月元旦から七日までと大黒様の縁日である甲子(きのえね)の日にだけ御開帳されるそうで、それ以外は開帳されていませんので、残念ながら拝観できませんでした。

 また、大法寺の近くあたりに、中央義士会の案内によると、元禄時代には、吉良上野介の下屋敷があった場所とのことです。
 近くに麻布一本松があることから麻布一本松屋敷と呼ばれていました。
 面積は1756坪あり、元禄16年2月の吉良家改易まで使用されていました。

 赤印が大法寺です。

by wheatbaku | 2013-03-07 07:52 | 大江戸散歩
中之橋と一之橋(三田散歩6)
 今日は、中之橋と一之橋について書いてみます。
 中之橋と一之橋は古川に架かる橋です。古川は上流では渋谷川と呼ばれ、港区に入ると古川と呼ばれます。

【中之橋】
 昨日の元神明宮から北に 200メートルほど歩くと中之橋に出ます。
 中之橋は古川にかかる橋で、赤羽橋と一之橋の中間にあります。
中之橋と一之橋(三田散歩6)_c0187004_819743.jpg ここで、アメリカ初代公使ハリスの通訳をしていたヒュースケンが襲われました。
 ヒュースケンは、当時、幕府とプロシアの交渉に通訳として協力していました。
 万延元年(1861)12月4日にプロシア使節の宿舎であった赤羽接遇所から、自分の宿舎の善福寺へ帰える途中、「中之橋」付近で攘夷派の薩摩藩士、伊牟田尚平(いむたしょうへい)らに襲われ、翌日死去しました。
 28歳という若さでした。

 中之橋とヒュースケン襲撃事件については以前書いたブログをご覧ください。
 → 「光林寺とヒュースケン(幕末の公使館③)」

【一之橋】
 中之橋の上流に架かっている橋が一之橋です。地下鉄の「麻布十番」駅のすぐ近くです。
 この一ノ橋で、浪士組の清河八郎が暗殺されました。 
中之橋と一之橋(三田散歩6)_c0187004_8193220.jpg 清河八郎は将軍守護を名目に浪士組を結成し京都まで行きますが、攘夷実行が本当のねらいだと暴露したため、幕府ににらまれ、浪士組は江戸に返されます。
 江戸に戻った後、浪士組を動かし攘夷を実行しようとしますが、幕府を裏切ったため、幕府からにらまれ、命も狙われるようになりました。
 そして、文久3年4月13日、一ノ橋の西にあった上山(かみのやま)藩邸の金子与三郎を訪ねた帰り道で、幕府の刺客佐々木只三郎など6名によって一ノ橋で討たれました。
 清河八郎の経歴は、過去に書いていますので、下記のブログをご覧ください。
  「浪士組と清河八郎」
  「浪士組と清河八郎②」
 そこに書いていない点を二つほど書きます。
 清河八郎が一之橋を通り過ぎたのは、上山(かみのやま)藩の金子与三郎を訪ねた帰りです。
 清河八郎が命を狙われていることを同志たちは知っていたため、金子与三郎を訪ねるのを必死に引き留めました。
 しかし、その忠告にもかかわらず清河八郎は、金子与三郎を訪ねています。
 また、当日、朝風呂に入っていることや知人の高橋泥舟の家で辞世めいた和歌を書き残していることなどから襲撃されることを覚悟した上で出かけたのではないかという説を主張する人もあるようです。
 
 佐々木只三郎などにより斬られた清河八郎の遺体は、一之橋の東たもとにあった大和郡山藩柳沢家の下屋敷前に置かれ、郡山藩の藩士が見張っていました。
 そこに虎尾の会の同志であった石坂周蔵が到着し、石坂は清河が親の仇だと偽って遺体に近づき、清河八郎の首を奪い取りました。
 その首は山岡鉄舟の家に保管され、その後、伝通院の塔頭の処静院に葬られました。
 現在、清河八郎の墓は、伝通院の墓地にあります。墓碑銘は、山岡鉄舟の筆によるものとのことです。
 清河八郎は、暗殺されるのを覚悟していたという見方もあるようです。

 なお、清河八郎が中心となって結成した「虎尾の会」は尊王攘夷党であり、「虎尾」とは「書経」の「心の憂慮は虎尾を踏み、春氷を渡るごとし」より起った言葉で、「危険を犯す」という意味のようです。
 主なメンバーは幕臣の山岡鉄舟(鉄太郎)や松岡万、薩摩藩士の伊牟田尚平・神田橋直助・益満休之助、彦根藩士の石坂周造など
でした。

赤印が中之橋です。青印が一之橋です。

by wheatbaku | 2013-03-06 07:26 | 大江戸散歩
元神明宮(三田散歩5)
 三田散歩に戻ります。
 今日は元神明宮をご案内します。

 元神明宮は、綱町三井倶楽部の前の通りを北側に下る坂を下りていきます。
 そうしますと右手に元神明宮があります。 
元神明宮(三田散歩5)_c0187004_8444694.jpg 元神明宮は、江戸時代有馬家の御屋敷があった西側にあります。
 元神明宮は、社伝によると、平安時代の寛弘2年(1005)に一条天皇の勅命により創建されたと伝えられています。 
 平成17年(2005)に、「御鎮座壱千年」の記念事業が行われている大変古い神社です。
 また、近くで渡辺綱が生まれたという言い伝えがあり渡辺綱の産土神でされていたことから、多くの武人に崇敬されたといいいます。
 江戸時代に徳川将軍家の命により神体や神宝が飯倉神明(現芝大神宮)に移されることになった際に、氏子の熱意により境内に神体を隠し留め、これを昼夜警護したとも伝えられ、「元神明宮」と呼ばれるようになったようです。

元神明宮(三田散歩5)_c0187004_845696.jpg 道路わきの鳥居から石段を登ると社殿があります。
 石段を登るに従って、少しづつ社殿が見えてきますが、一千年の歴史を持つ神社の御社殿が、右写真のようにあまりにも近代的なのに驚かされます。
 現在の社殿は旧社殿の老朽化したために全面的な改築を行い、平成6年に竣功したのだそうです。
 外観は近代的ですが、社殿内部は、通常の社殿になっています。

 この元神明宮には、水天宮が相殿としてお祀りされています。
 これは、隣の有馬家上屋敷の邸内社としてお祀りされていた水天宮が、明治の初めに青山の有馬家中屋敷に移転するに際して、その分霊を相殿としてお祀りすることになったそうです。



 赤印が元神明宮です。
 青印は綱町三井倶楽部です。

タグ:
by wheatbaku | 2013-03-05 08:22 | 大江戸散歩
高崎佐太郎と秋月悌次郎(八重の桜 第9回「八月の動乱」
  昨日まで2回「八月十八日の政変」について書きましたが、政変実行の中心人物であった高崎佐太郎と秋月悌次郎について書いてみたいと思います。

【高崎佐太郎(正風)】
 高崎佐太郎(右下写真 、国立国会図書館ウェブサイトより転載)、島津斉彬襲封の早期実現を図り、俗にいう「お由羅騒動」で切腹を命じられた高崎五郎右衛門の子供です。
高崎佐太郎と秋月悌次郎(八重の桜 第9回「八月の動乱」_c0187004_12222194.jpg この事件に連座し、嘉永3年(1850)奄美大島に流罪となり、嘉永6年許され帰藩しました。
 そして、文久2年(1862)島津久光に随従して上洛していました。
 八月十八日の政変を成功させ、その後、薩摩藩京都留守居役となりました。
 慶応3年(1867)、西郷や大久保の武力討幕方針に反対しました。そのため、藩政府の主流からは遠ざかりました。
 明治維新後、宮中顧問官,枢密顧問官などを歴任しました。また桂園派の歌人としても有名でした。

 幕末の政局を左右した薩摩藩の主要人物は、島津久光、西郷隆盛、大久保利通ですが、八月十八日の政変には、この人たちがでてきません。
 この当時、西郷隆盛は沖永良部島に流刑となっていました。また、島津久光、大久保利通は、薩摩にいて、直前の7月2日~ 7月4日には薩英戦争が起きていました。
 このように主要人物は、京都にいませんでした。そこで高崎佐太郎が出てくる訳ですが、クーデーターは高崎佐太郎が考え出したのだろうか。 それとも島津久光が裏で糸を引いていたのかという議論があるようです。
 これについては、諸説あるようですが、島津久光が承知していたという説が有力のようです。

 
【秋月悌次郎】
 一方、会津藩の秋月悌次郎(右下写真)の略歴は次のようです。
 秋月悌次郎は、 文政7年(1824) に会津藩士丸山胤道の子として若松城下に生まれました。日新館、江戸の昌平黌で学んだ秀才です。
高崎佐太郎と秋月悌次郎(八重の桜 第9回「八月の動乱」_c0187004_924750.jpg 文久2年(1862)藩主松平容保が京都守護職に任命されると、公用方に任命されました。
 公用方というのは、幕府、朝廷、他藩などとの対外折衝を担当する重要な役割でした。
 「能弁多智,力量モ亦アリ」と評された能力をフルに発揮して活躍しました。
 八月十八日の政変で重要な役割を果たしたものの、その後、藩内の反対派により、慶応元年(1865)には蝦夷地代官に左遷されてしまいます。
 その後、戊辰戦争では軍事奉行添役となり、会津藩軍事面で重要な役を果たします。
 そのため、明治元年には会津戦争の責任を問われ終身禁固刑となりますが、明治5年に特赦によって赦され、明治5年、新政府に左院省議として出仕します。
 その後、第五高等学校の教師となり、漢学・倫理学の教授を務めました。五高では小泉八雲と同僚でした。

 昨日の「八重の桜」でもあったように、秋月悌次郎と高崎佐太郎は、それ以前に全く面識がありませんでした。
  当初は、秋月悌次郎と高崎佐太郎は、面識がありませんでしたが、その後、秋月は、薩摩藩とのパイプ役として重要な役割を果たしました。
 しかし、慶応元年に、秋月が京都を去ると、薩摩藩との接触に齟齬をきたすことになりました。
 秋月が京都にいたなら、幕末の展開も少し違うものとなっただろうという意見もあるようです。

 なお、なぜ、高崎佐太郎が面識のない秋月悌次郎を突然訪ねてきたのかというのが疑問ですが、それは、今後調べてみたいと思います。
by wheatbaku | 2013-03-04 08:58 | 大河ドラマ
八月十八日の政変② (八重の桜 第9回「八月の動乱」)
 さて、今日も「八月十八日の政変」について続けたいと思います。

 中川宮は、8月16日に参内し、孝明天皇に、尊攘過激派を排除するよう奏上します。
 しかし、孝明天皇は、考えは同じであったものの時期尚早と考え、その場では決断しませんでした。そのため、中川宮はやむをえず退出しました。
 この間、秋月たちは、唐門の前で中川宮の退出をまっていましたが、あまりにも退出が遅いため、計画が失敗したと考えました。
 中川宮が退出されたので、中川宮のところに伺候するとまだ計画が失敗したわけではないないとわかりました。
 その晩、中川宮の所に、孝明天皇の宸翰が届きました。
 鳥取藩と会津藩の兵力で国家の害を除くべしというものでした。
 ついに孝明天皇が決意しました。

八月十八日の政変② (八重の桜 第9回「八月の動乱」)_c0187004_9324541.jpg 一夜明けた翌日17日の夜間、中川宮、近衛前関白、近衛忠房、二条右大臣、徳大寺内大臣らが参内し、松平容保と京都所司代の稲葉正邦は人数を引き連れて参内しました。
 禁門はすべて閉ざされ、会津藩兵と薩摩藩兵、所司代の兵がそれを守ることになり、非番の堂上の参内が止められ、会津、淀、薩摩、因幡、備前、越前、米沢以外の諸藩の藩士が九門に入ることも止められました。
 夜が明けて、因幡、備前、米沢の各藩主らも参内しました。

 そして、中川宮が勅令を読み上げました。
 それは、 大和行幸を取りやめ、議奏並びに国事掛は長州の考えに同調し不忠であるので、三条実美はじめ議奏、国事掛の人々二十余人に禁足、他人との面会を止めるというものでした。

 次の勅令を読むと「議奏並びに国事掛の輩」とか「逆鱗少なからず」」と「不忠の至り」など激烈な言葉が並んでいて孝明天皇がこの間の長州および過激尊攘公卿について怒りを感じていたことが言葉からもわかるような気がします。

 「この頃、議奏並びに国事掛の輩、長州主張の暴論に従い、叡慮にあらせられざる事を御沙汰の由に申し候事少なからず、なかんずく御親征、行幸などの事に至りては、即今いまだ機会来らずとおぼしめされ候を矯(た)めて、叡慮の趣に施工候段、逆鱗少なからず。攘夷の叡慮は動き給わざるも、行幸はしばらく御延引あそばされ候。
  いったい右様の過激、疎暴の所業あるは、まったく議奏並びに国事掛の輩が、長州の容易ならざる企てに同意し、聖上へ迫り奉り候は不忠の至りにつき、三条中納言始め、おって取調べ相成るべく、先ず禁足し、他人との面会は止められ候事。」

八月十八日の政変② (八重の桜 第9回「八月の動乱」)_c0187004_9495055.jpg 18日の午後、長州藩は堺町御門(右写真)の警備を解かれ、所司代が変わりました。
 長州藩側は、長州清末藩主毛利元純、岩国藩主吉川経幹、家老益田右衛門介らは兵を率いて堺町御門に押しかけましたが、勅諚を示され、堺御門近くの鷹司邸に移りました。
 そこに、失脚した三条実美たち公家も鷹司邸に集まりました。
 そこで、、勅使柳原公愛が、鷹司邸に赴き、解散退去を命じました。
 午後3~4時ごろ、三条実美や長州勢は方広寺に退いた後、夕刻に妙法院に入りました。
 妙法院へ向かったのは、そこが三条家と親しい土佐藩の山内家の寓所であったためです。
 そして、翌19日夜半に、長州藩士、三条実美をはじめ三条西季知・四条隆謌・東久世通禧・壬生基修・錦小路頼徳・澤宣嘉ら七卿が長州へと下るため、妙法院を発ちました。
 これがいわゆる七卿落ちです。
 降りしきる雨のなか蓑笠を着けわらじばきのみじめな姿だったと伝えられています。
by wheatbaku | 2013-03-03 09:47 | 大河ドラマ
八月十八日の政変① (八重の桜 第9回「八月の動乱」)

 今回の「八重の桜」は「八月の動乱」で、幕末の京都政局を大きく変えた「八月十八日の政変」が取り上げられます。

 「八月十八日の政変」は、文久3年(1863)8月18日に会津藩と薩摩藩が提携して、それまで朝廷を牛耳っていた「急進尊王攘夷派」を排除して、公武合体派が権力を奪取したクーデターです。
「八月十八日の政変」は非常に重要な事件でありながら、どのようにして決行されたのかあまり詳細に書いたものがなかったのですが、「京都守護職始末」には詳しく書かれていました。それに基づき経緯を書いてみます。

八月十八日の政変① (八重の桜 第9回「八月の動乱」)_c0187004_9355458.jpg 文久3年の夏の京都の政局は、長州藩と提携した三条実美らの過激尊攘派の公卿が朝廷を牛耳っていて、孝明天皇も、自分の意思で物事を進められませんでした。
 こうした情勢の中で、「大和行幸」の実施の勅命が8月13日に発布されます。
「大和行幸」というのは、攘夷の成功を祈願するために、神武天皇陵や春日大社に参拝し、そこで親征の軍議を行うという計画でした。
 これは長州藩と尊攘派公卿により推進されたものでした。

 この8月13日、薩摩藩の高崎佐太郎(のちの正風)が、会津藩の秋月悌次郎を訪ねてきます。
 秋月悌次郎のほか、会津藩側は広沢安任、柴秀治などが同席しました。
 高崎佐太郎は、長州藩と提携した過激尊攘派の公卿を排除しようと考えているが、会津藩もそれに同意するなら力を合わせて欲しいと提携を求めました。
 そして、たとえ会津藩が断っても薩摩一藩で実行すると薩摩藩の決心を披露しました。

 「京都守護職始末」には次のように書かれています。

君側の奸
 この月(八月十三日)、薩摩藩士高崎佐太郎(今の正風)が、わが藩の秋月胤永の住居を訪れ「近来叡旨として発表せられたものの多くは偽勅で、奸臣どもの所為から出たことは、兄らも知るところのごとくである。聖上もこのことを御気づかれ、しばしば中川宮に謀り賜うても、兵力をもった武臣で君側を清める任に当るものがないことを嘆いていられると聞く。わが輩、これをきいて、袖手傍観しているにしのびない。思うに、この任に当れるのは会津と薩摩の二藩のほかにはない。願わくば、ともに当路の奸臣を除いて、叡慮を安じたいものである」と、その意気昂然たるものがあった。


八月十八日の政変① (八重の桜 第9回「八月の動乱」)_c0187004_9402430.jpg  秋月らも、同じ考えをもっていましたが、勝手に協力するともいえないので、話を聞くと、黒谷にいる松平容保に報告しました。

 容保も賛意を示し、すぐに秋月と高崎に中川宮を訪ねるように指示します。

 秋月と高崎は、中川宮の屋敷に向かい、中川宮と相談しました。中川宮は大変喜び、8月16日に参内することを約束しました。
 また、孝明天皇の信任の厚い近衛忠熙前関白・忠房父子と二条斉敬右大臣の協力が必要なので、近衛父子は薩摩藩が説得し、二条右大臣は会津藩が説得しました。

 さらに、容保はすぐに帰国途中の藩士に召喚命令を出します。こうすることにより約1800名の軍勢を確保しました。
 会津藩は、京都守護職拝命後、容保直属の本隊、家老が陣将となった「陣」という部隊のうち一陣が京都に常駐しました。
 一陣は四隊が集まったもので、一番陣から三番陣まであり、家老が陣将となり、各隊の隊長は番頭と呼ばれました。
 京都駐在の部隊は、本体の半数と一陣がそれぞれ8月に交代しました。
 新しい一陣は8月8日に京都に入り、国に帰る一陣は11日に京都を出発することになっていました。
 文久3年8月には、家老神保内蔵助が率いる一番陣が8日に京都に入り、家老田中土佐が率いる三番陣が11日に京都を出発していました。
 京都を発ったばかりの三番陣が、8月14日に京都に召喚されました。
 こうして、会津藩の軍勢は2陣がそろうということになりました。
 これについて誰もが警備強化のためと考え政変の準備とは考えもしませんでした。

 そして8月16日に中川宮は参内して孝明天皇に奏上することになります。

 その後の動きは、明日書きます。
by wheatbaku | 2013-03-02 09:32 | 大河ドラマ
  

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事